亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

アスピリンで大腸がん予防効果を確かめる臨床試験開始。万能薬アスピリン。

   

アスピリンという薬。

ご存じだと思います。

一般には解熱鎮痛薬として知られています。

このアスピリンを使って、大腸がんの予防効果を確かめる
臨床試験を、国立がん研究センターなどが始めました。

すでにこれまで数百人規模での研究は行われており、
今回の試験は数千人規模のもの。

規模を拡大し、効果をさらに詳しく調べ、
大腸がんの予防法の確立を目指すとのことです。

研究チームによれば、別の病気の治療に使う薬を使い、
がんを予防する試みは初めてだそう。

○臨床試験の対象は、大腸のポリープを切除した
40~69歳の7000人が対象。
ポリープの大きさが1センチ以上の場合、
大腸がんになる確率は25%という。

アスピリン。
戦後出回った解熱・鎮痛・抗炎症薬ですね。
日本だとそれほどでもありませんが、
以前、アメリカに行ったとき、現地の人の
アスピリン信仰は、異常と思えるほどでした。

熱があると言ってはアスピリン。
せきが出る、関節の痛みがある、歯が痛い、
頭が痛い、お腹が痛い。
とにかく日常生活の中で何か体に異変があると
アスピリンを飲むんですね。

アスピリンとビタミンCをアメリカ人は万能薬と
考えているのではないかと思いました。

アメリカ人がアスピリンやサプリメントに頼る背景には、
アメリカの医療制度の問題があるそうです。
日本では、健康保険があるので、気軽に病院に行って、
医師に診察をしてもらい、薬を処方し、服用します。

ところがアメリカでは、医療保険に入っていても、
医療費自体がべらぼうに高く、少しのことでは、
病院にかかろうとせず、自力でなんとかしよう
という傾向とか。

そこで処方箋のいらない薬やサプリメントが
活躍する余地が多いにあるみたいです。

今回の実験では、大腸がんの予防に効果があるか
というものですが、少し前から、老化防止に
アスピリンが効果があるのではということで、
使っている人も増えているみたいですね。

おおざっぱにいうと、
老化=「炎症」により発生→アスピリンはもともと抗炎症薬
ということのようです。

高血圧の薬であったミノキシジルが発毛に役立つ
として使われた例もあり、ある薬が他の病気でも
効果を発揮する例がいくつかあります。

アスピリンは効能の広さからいうと、
まさしくスーパードラッグなのかもしれません。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読書に目ざめた知人からさらなる情報。LED付きリーディンググラスでどこでも快適読書。

先日、LED付きルーペから、読書灯を交換し、 再び、読書にはまったという知人につ …

8月3日はハチミツの日。お店でハチミツの効能を教わる。ハチミツは万能薬。

今日8月3日は、 語呂合わせから、ハチミツの日のようです。 今日、ドラッグストア …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

手書きは脳を活性化。なるべく手書きを増やすために、知合いが取り入れたものは?

漢字を読めるが書けなくなる。 パソコン、スマートフォンが普及して、 そうした人が …

五月病っていう言葉もありますが、お元気ですか? 心の栄養失調。

長いゴールデンウィークの連休も終わりました。 久しぶりに学校・職場に行く朝、 ス …

「実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできるから頑張れ」。ラサール石井さんの恩師入江先生の言葉。

ラサール石井さんが、60歳で東大合格するため、 受験勉強をされているのだそう。 …

91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。 始めるきっかけは、映画「最高 …

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草」。勁草書房の由来。「疾風に勁草を知る」とは。

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草(けいそう)」。 広告が2015年7月6日の …

寒い季節。暖かいスープ、煮物を作るのに最適。プチプチ、発泡スチロールで省エネ、ほったらかし保温調理。

寒い季節、暖かい料理が恋しい季節となりました。 冷え性で体温が低く「温活」をして …

高齢者。食べられなくなった方に最適な「粉飴」ってご存じ?

先日、お母さんの介護を されている方の話を聞きました。 今は複数の専門家の方が家 …