亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ストレッチ、柔軟体操はいつする? 冬の体操、ウォーキングは室内で体を温めてから。

   

健康のため、毎日、運動を
していらっしゃる方、多いと思います。

知合いの高齢者の方も、毎日、ウォーキング、
テレビ体操などを朝夕、やっていらっしゃいます。

区の高齢者向けの運動の講習会で、
それまで考えていた運動の常識と
違うことを教えてもらったそう。

大きなことは、ウォーミングアップとストレッチ。

自分もその高齢の方と同じに思っていました。

走ったり、泳いだり、ジョギングしたりする前に、
まずはウォーミングアップ。
その際に、体を柔軟にということで、
まずストレッチ(柔軟体操)から行っていました。

しかしそれは間違いなのだそう。

ストレッチは広く言えば、ウォーミングアップの1つ。
体の関節を曲げたり伸ばしたりすることで、
柔軟性を高め、怪我をしたり、傷みを覚えないために
するのだそう。

しかしこのストレッチは、それこそ体をすこし
温めてからやるものなんだそう。
例えば風呂上がりで、体が温かい時は、
関節が伸びやすく、体が柔らかくなっていますよね。

それでわかるように関節は温めた方が
動きやすくなる。
体が冷えた状態でまげのばしというのは、
逆に体に負担をかけているんだそう。

という訳で、まずは体を動かしてすこし温める。
(ウォーミングアップ)
そしてその後に、ストレッチをする。
(できれば運動の後も)

ウォーミングアップは、寒い冬の朝などの場合、
屋外でやるのではなく、屋内でやった方がよいそう。

具体的には例えば、その場で足踏み。
階段などがあれば、踏み台昇降運動など。

そうして体が温まってから、
手首、腕、足首、腰などの関節を伸ばし、
筋肉もほぐすストレッチを行うのだと。

外に出るのはそれから、温めた体をひやさないように、
しっかり保温できる格好をして、徐々に強度を高めた
運動をする。
(ウォーキングなら徐々にスピードをあげていく)

おしまいは逆にゆっくりとペースダウンして、
心拍数を下げていく。
運動の後に、軽くストレッチをする。
運動終わりのストレッチは、疲労をためないためだとか。

以前、そういえば、ストレッチをいつするか、
どうするかについては、教わった気がするのですが、
いつの間にか元に戻っていました。

教わったことを実行したいと思います。

○まず体を温めてから、ストレッチ。
○冬は、室内で体を温めてから、外に。
○運動おわりにもストレッチ。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

60歳を超えた従兄弟が始めた趣味は、義太夫、浮世絵そして街道巡り。定年後の趣味の始め方のアドバイス。

先日、久しぶりに従兄弟に会いました。 結構、年が離れているのですが、 アパレル関 …

養父市、ごぞんじですか? 「ようふし」「ようちちし」? 2015年8月11日朝日新聞に全面広告。市町村生き残り戦略。

「養父市」という市をごぞんじでしょうか? 兵庫県にある市です。 日本全国には難読 …

伊豆・宇佐美のペンションから、ホタル観賞のお誘いが来たが。

静岡県伊東市の宇佐美にあるペンション。 もう10年ほど前になりますが、 定期的に …

年を取ってあきらめることもある。しかし今、楽しめることを見つければよい。高齢の二人に教わったこと。

この数日、年配の方に続けてお会いしました。 色々話したなかで、一つ共通していたこ …

広島カープの黒田博樹投手と男気。朝日新聞、耕論で「男気って」で特集。

ニューヨーク・ヤンキースの高額な報酬を捨て、 広島カープに復帰した黒田博樹投手。 …

新型栄養失調、食欲不振、フレイル(衰弱)防止のために、栄養士から勧められた意外な食品とは?

3食食べているのに栄養不足。 高齢者の7人に1人が新型栄養失調なんだそう。 高齢 …

枕元の「宝水」入れに最適なストロー付きのボトル。深夜、のどの渇きをうるおす。脳梗塞の予防にも。

「宝水」をご存じですか? 以前、このブログで書いたことがあるのですが、 旅館など …

11月8日は「いい歯の日」。歯科医から勧められた2つのもの。歯茎やせ、唾液減少の対策。

11月8日は「いい歯の日」だそう。 先日、母がかかりつけの歯医者に。 そこで2つ …

三遊亭円楽師匠。不倫報道を受けて記者会見で、謎かけ2連発。その出来は? 座布団一枚、それとも?

20歳年下の女性との不倫を「フライデー」によって、 報じられた66歳の六代目三遊 …

夫と妻の二人で「冷え取り」=温活をして、妊活に成功。

体調をよくするため、 温活、体温を上げる生活をしています。 先日、知合いから聞い …