亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ストレッチ、柔軟体操はいつする? 冬の体操、ウォーキングは室内で体を温めてから。

   

健康のため、毎日、運動を
していらっしゃる方、多いと思います。

知合いの高齢者の方も、毎日、ウォーキング、
テレビ体操などを朝夕、やっていらっしゃいます。

区の高齢者向けの運動の講習会で、
それまで考えていた運動の常識と
違うことを教えてもらったそう。

大きなことは、ウォーミングアップとストレッチ。

自分もその高齢の方と同じに思っていました。

走ったり、泳いだり、ジョギングしたりする前に、
まずはウォーミングアップ。
その際に、体を柔軟にということで、
まずストレッチ(柔軟体操)から行っていました。

しかしそれは間違いなのだそう。

ストレッチは広く言えば、ウォーミングアップの1つ。
体の関節を曲げたり伸ばしたりすることで、
柔軟性を高め、怪我をしたり、傷みを覚えないために
するのだそう。

しかしこのストレッチは、それこそ体をすこし
温めてからやるものなんだそう。
例えば風呂上がりで、体が温かい時は、
関節が伸びやすく、体が柔らかくなっていますよね。

それでわかるように関節は温めた方が
動きやすくなる。
体が冷えた状態でまげのばしというのは、
逆に体に負担をかけているんだそう。

という訳で、まずは体を動かしてすこし温める。
(ウォーミングアップ)
そしてその後に、ストレッチをする。
(できれば運動の後も)

ウォーミングアップは、寒い冬の朝などの場合、
屋外でやるのではなく、屋内でやった方がよいそう。

具体的には例えば、その場で足踏み。
階段などがあれば、踏み台昇降運動など。

そうして体が温まってから、
手首、腕、足首、腰などの関節を伸ばし、
筋肉もほぐすストレッチを行うのだと。

外に出るのはそれから、温めた体をひやさないように、
しっかり保温できる格好をして、徐々に強度を高めた
運動をする。
(ウォーキングなら徐々にスピードをあげていく)

おしまいは逆にゆっくりとペースダウンして、
心拍数を下げていく。
運動の後に、軽くストレッチをする。
運動終わりのストレッチは、疲労をためないためだとか。

以前、そういえば、ストレッチをいつするか、
どうするかについては、教わった気がするのですが、
いつの間にか元に戻っていました。

教わったことを実行したいと思います。

○まず体を温めてから、ストレッチ。
○冬は、室内で体を温めてから、外に。
○運動おわりにもストレッチ。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

食べ物をテーマにした旅をする知合い。わさび田巡り。

大学生の頃、ゼミの仲間が多摩地方の出身。 学生にもかかわらず、珍しく自分の車を …

あなたの心がほっこりすることってなんですか? 「HAPPINESS IS… 幸せを感じる500のこと」。ふわふわのタオル。

夜7時のNHKニュース。 母と一緒に見ていることが多いです。 以前は初めから終わ …

乾物を使ったサラダ、美味しさと簡単さに驚く。ヨーグルト戻し。乾物ヨーグルト。

少し前、無糖のプレーンヨーグルトで 乾物を戻して食べる「乾物ヨーグルト」が 女性 …

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。 冬から春にかけては、暖かくなったと思 …

東京都シルバーパスを使って都内バス巡りをする高齢者。都営バスのみならず民間バスも乗車可能。

東京都内の70歳以上の方限定の情報になります。 東京都では、「東京都シルバーパス …

高齢者。お出かけはリュックで。転倒防止。骨粗しょう症予防。

2015年5月17日、日曜日。 人と会う用事があり、新宿に行きました。 そのあと …

空茶とおもたせ。一杯茶。馬鹿の三杯汁など祖母たちの言いつけを思い出す。

「空茶」という言葉。 ご存じですか? 2017年5月15日、毎日新聞の 《週刊漢 …

善循環。見たり聞いたりしたことありますか?

「善循環」という言葉をご存じでしょうか? 2015年7月22日、日経流通新聞の連 …

140年余り続く練り物店佃權(つくごん)、廃業。母の嘆き。いきつけの魚屋さんから聞いてくる。

毎週金曜日に家の近所に来る魚屋さん。 築地や浦安市場から仕入れた 新鮮で高級な品 …

「おかわりはいかが?」「大丈夫です」。果たして、おわかりは、いるのかいらないのか?

「大丈夫、大丈夫」。 あなたは、この言葉、 日常会話の中で使っていますか? 自分 …