亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

人と犬、見つめ合って安心ホルモン「オキシトシン」を分泌し、絆を形成。

   

犬を飼っている方は、この研究に
納得されるのではないでしょうか?

麻布大、自治大などの研究チームがまとめたものです。

実験は、飼い主と犬を2つにわけ、
5分間のうち1分半~2分間見つめ合ったペアと、
10秒から1分間見つめ合ったペアの二つに分けて、
それぞれ飼い主と犬とのホルモン「オキシトシン」を
調べたそうです。

「オキシトシン」。
このホルモン、聞いた事がありますか?

人の場合だと、親子、恋人同士などの間で、
安心感があったり、信頼関係が深まったりすると
分泌されるとされるホルモンです。

結果は、長い時間、見つめ合ったペアの方が、
飼い主、犬どちらともオキシトシンの量が増えていたようです。

長時間見つめ合うペアの飼い主は、
より長く犬に触れる傾向もありました。

ほかの動物の場合、相手を直視することは、
威嚇していると受け取られ、してはいけない
と言われるのですが、人と犬と間では、
そうではなかったようです。

2015年4月17日、麻布大学《ヒトとイヌの生物学的絆を実証》
http://www.azabu-u.ac.jp/topics/2015/04/post_555.html

〇ヒトとイヌの共生は 1 万 5 千年から 3 万年前に始まるとされている。
〇ヒトとイヌとの絆を科学的な研究対象とした。
〇両者の関係性は、オキシトシンと視線を 主としたアタッチメント行動との
ポジティブ・ループによって促進されるものであることを明らかにした。
〇このポジティブ・ループはオオカミとでは認められなかった。
進化の過程でイヌが特異的に獲得したものであることも明らかとなった。
〇イヌと生活環境を共有するヒトの社会の成り立ちの
理解の手がかりになることが期待される。

オキシトシン=愛情ホルモン
〇アイコンタクト、ふれあいで、親近感を高めるホルモン
オキシトシンを分泌。
これまで、マウス、人の母子関係で起こることは実験で明らかに。
異種間での確認は初めて。
〇ヒトの場合は、イヌのまなざし、
イヌの場合は、ヒトとの「ふれあい」が重要な要素。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブーメランで健康に? ブーメランで運動量を増やす。手作りブーメラン。

ブーメラン。 あなたはやったことがありますか? 昔、小学生の時にブーメランがはや …

加齢による物忘れ防止法。あの女優さんの名前だれだっけ? あれ、それが多くなったら。

このブログに何度も書いていますが、 加齢の影響か、モノの名前や人の名前が なかな …

電気調理鍋、高齢者にこそお勧め。三浦雄一郎さんの父・敬三さんも愛用。

80歳を超えてエベレスト登頂に成功した 冒険家の三浦雄一郎さん。 そのお父様・三 …

岐阜の伯母からお別れ会のお知らせ。

岐阜に住む母の姉すなわち伯母から 先日、母に電話がありました。 秋になって気候が …

喫煙シーンがある映画・ドラマは、「成人向け」に指定するようWHOが求める。

宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」、 オードリー・ヘップバーン主演「ローマの休日」。 …

知合いが、泣きながら食べたコッペパン。思い出料理人。

昨日、2017年3月1日、 浅草橋の福井町通りを歩いていたら、 《コッペパンカフ …

高齢者世帯と若者世帯、電気消費量が多いのはどっち? もったいないと古い家電を使い続けると…。

2年ほど前になりますが、 家のエアコン、冷蔵庫、照明などを変えました。 驚いたこ …

懐かしい。「昭和の消えた仕事図鑑」。赤帽、金魚売り、ポン菓子屋、ロボのパン。

自分が小さい頃、夏の暑い自分に、 近所を回ってきたのは、金魚売りでした。 たらい …

「云々」、読めますか? 安倍総理、「でんでん」と読み間違える。

民進党の蓮舫党首に対する、 安倍総理の国会答弁で、 「訂正でんでん」という発言が …

出張ついでの休暇「ブリージャー」。母に話したら、「私たち、そんなの昔からやってたわ」。

先日、朝日新聞で、「プリージャー」という言葉に 関する記事が出ていました。 《出 …