亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

   

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの
お父さんである、
藤山寛美さんのことを書きました。

大阪に住んでいて、藤山寛美さんの
ファンでもあった祖母のことを
思い出しました。

豪遊して莫大な借金をし、
自己破産し、松竹芸能との契約も
打ち切られるなどした寛美さん。

祖母は、寛美さんについて、
自分にとっては意外な言葉で
彼を語ってみせました。

一言で言えば、
「寛美さんは、甲斐性がある」と。

「甲斐性」。
最近では余り聞かなくなった表現ですね。

「あの人は甲斐性がある」逆に、
「あの人は、甲斐性なし」などと使われます。

意味は、どんな大変な目にあってもくじけず、
働きや才覚によって、自分だけでなく、
家族や従業員などを養う力=生活力があり、
誰にとっても頼りになること。

祖母は昔の人ですから、
もっぱらこの言葉を使うのは、
男性に対してでしたが、
いまどきは、女性にも言えるのでしょうね。

祖母が、甲斐性をはかる物差しの1つとして
あげていたのは、寛美さんではないですけれど、
どのくらい借金できるかどうか。

お金に関することに対して、
人は他人を厳しく評価します。
いわば真価を見極めようとします。

「あいつはいくら返せるか」
それを真剣に見定めて、
それに見合うだけの金しか
貸してくれないのですね。

祖母は、友達、知合いの数よりも、
いざという時、何も言わずにお金を
貸してくれる人がどれくらいいるかが、
その人の価値=甲斐性だと。

今の自分について考えてみました。

個人だけでなく、銀行などの
金融機関、自治体などを含めて、
どれくらい貸してくれるか。
思い浮かべてみましたが、
億単位はもとより数千万円単位でも無理でしょう。

うーん、せいぜい数百万かなー。

そういえば、祖母が元気な頃、大阪の家を訪れ、
テレビをみながらの雑談の中でだったか、
歌手の千昌夫さんの話になったことがあります。

千昌夫さんは、およそ3000億円の
借金を背負ったと報じられていました。

祖母は、「千さんはすごいもんだ」
と評価していました。

(加山雄三、さだまさしさんなどの借金も
甲斐性があると語っていた)

借金できるのも甲斐性のうち。

「沈香も焚かず屁も干らず」なんてことも語っていました。

沈香とは、高級なものは
伽羅(きゃら)と呼ばれる
高級な香木のこと。

孫の僕に、平々凡々な人生を送るより
借金を背負ってでも何かことをなさる男になれ
と言いたかったのでしょう。

いや、自分が男だったら、
そんな人生を送りたかったのかもしれません。

甲斐性なしのまま、
年を重ねてしまった年の暮。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏と言えば、冷やしカステラと牛乳の朝食。食欲がない時は試してみる価値あり。

夏の食べ物といって思いつくのは、 西瓜、トウモロコシ、トマト、 枝豆、そうめんと …

最近、知人が熱心に取り組んでいるのはホットサンドイッチ作り。なんでもはさんで栄養不足を補う。

あなたは、朝ご飯、召しあがっていますか? 知人は、以前は朝はコーヒー、紅茶、ミル …

公園浴の勧め。芝生、観葉植物など身近な自然でリフレッシュ。

毎日のように近所の公園を巡っています。 ここ最近は桜の花の開花を楽しみにしていま …

ビワの実の嫌な思い出の理由は? ビワと疫痢。ビワのお灸。ビワの葉の煮出し液を入れたたらいで行水。

先日、訪れたスーパーの果物売り場に、 早くもビワの実が並んでいました。 ビワ、お …

「ウイスキーは、人間社会に似ている」。日本人初のウイスキー殿堂入りの輿水精一さん。

「マッサン」ですっかりブームとなったウイスキー。 マッサンがブレンドをする姿で、 …

三遊亭円楽師匠。不倫報道を受けて記者会見で、謎かけ2連発。その出来は? 座布団一枚、それとも?

20歳年下の女性との不倫を「フライデー」によって、 報じられた66歳の六代目三遊 …

今日、あなたは天使に会えましたか? 「その日の天使」。

以前、別のブログで、「いいこと手帳」について書きました。 「いいこと手帳」とは、 …

「ホラッチョ」は熊本弁か? 由来はトロンボーン漫談のホラッチョ宮崎? イタリア語では「アッチョ」と語尾につけると軽蔑の意味。

経営コンサルタントの経歴詐称問題で、 熊本の中高時代の同級生が、高校時代、 同級 …

佐野研二郎氏デザインの東京五輪エンブレム。使用を中止する方針。大会組織委員会。

東京五輪大会組織委員会は、 2015年9月1日、佐野研二郎氏のデザインした エン …

熊本在住の106歳の元教師、台湾の教え子たちとインターネットで、およそ80年ぶりの再会が実現。

現在、熊本に在住の106歳の女性が、 台湾の教え子に送った一通の手紙。 そこから …