亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

福引き2等に当たった母。運を無駄遣いするな。ついていないと思う時は、運を貯めている時。

   

近所の福引きで、2015年12月29日、
母が2等をあてました。

母は昔から福引きに強く、人形町商店街の福引きでも
何度も上の等をあてています。

なので家では福引き券をもらうと、
すべて母が引くようにしています。

2等の賞品は小さな羽子板。
もらって帰ってもしょうがないので、
母は後ろに並んでいた外国人の旅行者に
プレゼントしたそうです。

福引き、宝くじでいつも思い出すのは、
「運を無駄遣いするな」という教訓。

運の総量というのは決まっていて、
何でも無いときに運=ラッキーを
使ってしまうと、本当に欲しい、
必要とするときに使えなくなってしまう。

なので、小さなラッキーは欲しがらない、
恵まれないようにする。

そんな教えです。

これは祖母をはじめ、先輩など多くの人に
同じことを言われました。

萩本欽一さんも同じ考えのようで、
本やインタビューの中で述べられています。

競馬、マージャンなどで勝つと、仕事がダメになる。
仕事(=テレビ番組)で当てようと思うなら、
ギャンブルは負けろと。

《人生やり残しリスト》
「ダメなときほど運はたまる」。萩本欽一さんの「運のいい人」になるための50のヒント。

運は無駄遣いせず、
欲しいと思う時のために貯めておく。
ついていないと思う時は実は、
運を貯めている時。

なかなかそうした心境にいたるのは
難しいですけれど、日常の小さなラッキーを
必要としない人間になりたいなー。

あなたはいかがですか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

毎日のコンビニ通いが健康の元という知合いの高齢者のお母さん。コンビニ通いの勧め?

毎年春先に通っている取引先を、 先日、1年ぶりに訪れました。 同年代の知合いが、 …

「つくバック」って何?  高校時代の同級生は「ずっとつくば」。定年後も住み続ける予定。

2016年11月14日の朝日新聞に、 「つくバック」という言葉が出ていました。 …

声がかすれる。声が小さくなった。声の老化を防ぐレッスン。

体の中で声は一番、年をとりにくい と言われているそう。 電話に出て、娘や息子に間 …

「ほぼほぼ」「いまいま」は「おかしな日本語」? 「おもむろに」「潮時」「姑息(こそく)」の本来の意味は?

テレビを見ていたら、 コマーシャルで「ほぼほぼ」 という言葉が使われていました。 …

小さい時、お金持ちのおじさんから教わった、お金を使わず健康で長生きして、お金持ちになる秘訣。

少し前、久しぶりに一緒に食事をした知人から、 「あれ、少し食べるの早くなったねー …

老朽化した自宅に住む親を介護付きマンションに体験入居させたら。温度差のない家は寿命を延ばす。

同年代の知り合いと、先日、 雑談していたら、親の話に。 実家は、その知り合いが中 …

ちょっとした手助けに、シルバー人材センターの利用。わずかな金銭的負担で生活が楽になったと知合いの高齢者。

電球の付け替え、掛け時計の電池交換、 敗れた網戸の張り替え、いらなくなった 鉢植 …

料理上手の岐阜の従兄弟が愛用しているキッチングッズ。

先日、岐阜の母方の親戚が 東京に集まっての食事会が ありました。 その席で、いつ …

高齢者の新型栄養失調を防ぐためによい食品。シーチキン。糖質制限をしている方にも有効。

高齢者は、ご飯、パン、麺類などの 炭水化物よりも、肉、魚、卵、牛乳などの タンパ …

スマホカメラでビデオ動画を取り、近況を知らせる70代の知合い。

現役時代は、ずっといわゆる ガラケーを使っていた知合い。 スマートフォンは使った …