亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

声がかすれる。声が小さくなった。声の老化を防ぐレッスン。

      2016/01/09

体の中で声は一番、年をとりにくい
と言われているそう。

電話に出て、娘や息子に間違われた
なんて経験がある方も多いかもしれません。

けれど老化は声にもやってきます。

若々しい声と言われていた母も、
何年か前から、声がでにくくなり、
すぐに声がかすれるようになった
となげくようになりました。

2016年1月8日、読売新聞朝刊に
《声のレッスン「張り」再び》との記事が出ていました。

声似悩みを抱えるシニア世代のための内容です。

紹介されているのは、まずボイストレーニング教室。

大阪市内の「センス&ボイス大阪スタジオ」。
こちらの生徒の2割を60歳場が占めているとか。

週1回、30分の個人レッスンで月4回、税込み1万9600円。

腹式呼吸、音階練習、歌詞を読んだり、歌ったりする。
こうしたレッスンで、声のかすれが少なくなり、
高い声もでるようになったとか。

加齢による声の変化は、
肺、横隔膜の呼吸機能の機能低下、
声帯をはじめとするのどの機能低下が原因とのこと、

声の老化を防ぐための訓練プログラムも紹介されています。

《声を長く出すことで、呼吸機能が鍛えられる。
音階を上下させることで整体の筋肉が伸び縮みし、
ストレッチ運動のような役目を果たす。
朝晩2セットずつ行うとよい》
《肺活量を上げるために右記―キングなどの全身運動を行うのも効果的。
一人暮らしなどで会話の機会が少ない人には「風呂で歌を歌ったり、
新聞を声を出して読んだりすることを日課にしてみては」と勧める。》

記事の最後に、《声の変化は
咽頭がんや新しっぱんによる声帯まひなど、
病気が影響している場合もある》と注意を促しています。

もう少し具体的な声の老化を防ぐ訓練
《①のどに負担がかかりにくい「イー」もしくは
「ニー」を長く発声する
②「ノォォォー」と言いながら、音階を上げていく
③「ノォォォー」と言いながら音階を下げていく
④「イー」か「ニー」を高めの音で長く出す
※各10から20秒が目安。2セットを朝と晩に1回ずつ行う》

以前にも書いたことがありますけれど、
1日に何度か、腹式呼吸でゆっくりと深呼吸をすると、
精神的にすごく落ち着いてリラックスできます。
また腹筋が鍛えられるので、声の小ささをカバーできます。

小中高と合唱部、コーラス部に所属していたのですが、
それで良かったことの一つは、腹式呼吸が身についたこと。

上の訓練の①はロングトーンと呼ばれるもの。
これも長く行うためには、横隔膜、腹筋の力が必要となります。
毎日、行うことで、自然とそれらの筋肉を使い、鍛えることになります。

なお発声をするとき、よく先生から注意されたのが、
お腹、お尻、脚など下半身には力をいれても、
上半身、またのど、首などは力を
入れてはいけないということ。

大きな声をだすためには、お腹、下半身の支えが必要ですが、
首やのどに余計な力が入っていると、それらや声帯を痛めるだけで、
大きな声はでません。
下半身は力を入れて、上半身の力を抜くことを心がけると
よいと思います。

そのためには脚を肩幅よりすこし開いて、
軽く何度かジャンプして、上半身をほぐすと、
余分な力がぬけやすいです。

またのど、首回りをマフラーや
ネックウォーマーなどで温め、
冷やさないようにともよく言われました。

あたためると、声のかすれやがらがら声を防げるようです。

またよくやりがちなミスは、お酒を飲んだ後に、
カラオケに行って、歌いまくること。

お酒によって血行はよくなっていますが、
大きな声で何曲も歌うと、充血し、かえって
のどを痛めます。

どうぞご注意くださいませ。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

小さい頃、実家の前の家は、 道に面した建物の横が、奥の庭につながる 通路になって …

新幹線車内での焼身自殺で2人死亡。10人程度の怪我。テロ、爆発物。サミット、東京五輪。安全をどう守る。

先週の木曜日。 久しぶりに出張があり、東海道新幹線の、 東京・京都間を往復利用し …

銀行預金を、スーパーのレジでも引き出せるように。金融庁が規制緩和へ。

昔、イギリスに駐在していた高校時代の友達が、 日本にはない、スーパーでのサービス …

「マツコの知らない世界」で進化した冷凍食品が取り上げられ話題に。高齢者も注目。

2016年5月31日に「マツコの知らない世界」で、 「冷凍食品の世界」が放送され …

食欲の無いときでも食べられる。すぐに出来て栄養豊富食べやすい「ミルクわらび餅」。

梅雨の時期、じめじめむしむし。 寒暖の差、気圧の差も激しいので、 夏ばてならぬ梅 …

知合いが実践する旅行した気分になる安上がりな方法。

ゴールデンウィーク。 国内、海外に出かけられている方、 多いことでしょう。 しか …

死んだら、先に亡くなった人にまた会えるのか? ひろさちやさん新刊「人は死んでもまた会える」。

小さい時から疑問に思っていたことの一つ。 それは、人は死んだら、自分より先になく …

目やには肝臓の疲れ。眉毛の上をこすれとアドバイスされる。

最近、朝起きたとき、 目やにが目立つようになりました。 目やにがこんなに出るのは …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

まもなく秋の新そばの季節。100%のそば粉で「そばがき」のススメ。

まもなく秋の新そばのシーズンですね。 新そばは香りが高く、いつもより、 味が濃い …