亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

かびた餅は危険、食べるべからず。カビだけ取り除いてもダメ。

   

明日、15日は小正月。

1月11日に鏡開きをして、
鏡餅を食べたけれど、
まだ小さなお餅が残っている。

それを食べようと取り出したら、表面にカビ。

包丁やナイフなどで表面のカビだけ削って、
焼いたり、煮たりして食べる。

そんな方、多いのでは?

実はわが家も以前はそうでした。

ところがお餅のカビ、
取っても、残りの部分にもカビが残っており、
それを食べることは、体のためにも良くないのだそう。

取り除いている部分は胞子。
なお餅本体に根のように菌糸が残っている。
通常、菌糸は無色透明のため、知らずに食べてしまうことに。

カビにはカビ毒を作るものがあり、
中でもアフラトキシンは、
自然界でもっとも発ガン性が高い。

もちに生えるカビは、知られているだけで20種類以上。
青カビが多く、あの青カビチーズと同じものもあるが、
上にあげたような発ガン性物質を生産するものも。

さらにカビの毒は、熱に強いものもあり、
焼いたりゆでても、なくならない。

〇かびさせないようにするためには、
表面の粉は取り除く。
〇焼酎などのアルコールをふきかけたり、
芥子、わさびを入れ密閉した袋の中に入れる。
〇冷凍庫に入れ冷凍する

昔に較べ、今の
パックに入った切り餅はかびませんね。

これは保存料などを入れているわけではなく、
餅を作る過程で細菌などが入らないように、
非常にクリーンな環境で作られているから。

また個々の包装、大袋の中は、窒素で満たされているので、
製造後もカビなどの細菌類が入らず、繁殖できないんですね。

そうそう、昔は、お餅、焼き魚などの焦げた部分は
がんになるからと、取り除いて食べるようにいわれましたよね。

この焦げ=がんは、
現在では因果関係がないとして
否定されているそう。

国立がんセンターが「がんを防ぐ12か条」
というのを以前、出しています。

そこでは、
《焦げた部分はさける
かびの生えたものに注意》
とあげられています。

2011年に国立がん研究センターが
「がんを防ぐための新12か条」を
新たに出していますが、
焦げとかびは除かれています。

《がんを防ぐための新12か条》
http://www.jcancer.jp/about_cancer_and_checkup/%E3%81%8C%E3%82%93%E3%82%92%E9%98%B2%E3%81%9012%E3%81%8B%E6%9D%A1

焦げはともかく、
かびの生えたものには、
引き続きの注意が必要のようですね。

 

 - 未分類

Comment

  1. nikitoki より:

    テレビ朝日系列の「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」という番組の2016年1月17日(日)放送で、かびたお餅をどうするかについて放送するようです。「#16日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 2時間SP」
    http://www.tv-asahi.co.jp/hanataka/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

市民農園・区民農園。いざ実際に始めて見たら……。2年間の体験を知人が総括。

これからの季節、野菜でも育てたい。 そう思われる方、多いのでは? ベランダ、家の …

「ヤマトナデシコ(大和撫子)」の意味を若い人に聞いてみたら……。

なでしこジャパン。 女子サッカーW杯が行われたカナダから 帰ってきました。 連覇 …

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

「京の蛙と大阪の蛙」。梅雨入り前に、近所の公園で少なくなった蛙を見かけて。

東京ではカエルを見ることが少なくなりました。 けれど、先日、雨の降った日、近くの …

テレビ番組「カンブリア宮殿」の桃屋の特集を見て思い出した、海苔の佃煮製品。「ごはんですよ」「磯じまん」「アラ!」「江戸むらさき」。

6月30日、テレビ東京で放送された、 「日経スペシャル カンブリア宮殿~村上龍の …

高齢者は75歳からと日本老年医学会が見直し提言。「実年齢の8掛けの気分で暮らせ」と言った先輩。

先日、久しぶりにあった仕事関係の知合い。 もう取引先を退職して11年が過ぎ、 来 …

外出先での災害に備えていますか? 用意周到な知人に学ぶ。

9月1日の防災の日は過ぎました。 足りないものを補充されましたか? 家だけでなく …

三浦雄一郎さんの「攻める健康法」。「余命3年」宣告からの復活。「ヘビーウォーキング」「男性ホルモン補充療法」

80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さん。 2018年、85歳で、世界第6 …

最後に部屋の模様替えをしたのはいつですか? 当たり前のものを見直してみる。脳を活性化、認知症予防。

部屋の模様替えをしました。 ソファの位置を変えただけなのですが、 気分が変わり、 …

勧められた「ところ天」を食べて見たら……。「友達の誘いには乗ってみるものだ」との祖母の教え。

あなたは、ところ天がお好きですか? 夏の暑い日、少し冷やした ところ太をすすり込 …