亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

歌手の庄野真代さん。病室で記した「やり残しリスト」。

   

朝日新聞の中高年世代を対象にしたページの
中にある「(Reライフ)人生充実」という連載。

2015年4月20日の紙面に、
歌手の庄野真代さんが登場しています。

見出しは《寄り道 夢への一歩》。

朝日新聞、
《(Reライフ)寄り道、夢への一歩 庄野真代さんに聞く》
2015年4月20日05時00分

現在、庄野真代さんは、NPO法人「国境なき楽団」の

代表として、日本の家庭に眠る楽器を海外の子どもたちに
送ったり、東日本大震災の被災者が暮らす仮設住宅を訪れ、
コンサートを開いたりといった活動をされています。

「飛んでイスタンブール」が大ヒットした後の、
人生の寄り道を語っていらっしゃいます。

価値観を変えるような出来事。
その一つ目は、ヒットの後の世界一周での出来事。
最初に訪れたタイのバンコクで、バスの運転手に、
日本に輸出するエビの養殖のため、マングローブを切り、
環境を変えてしまい、農業、漁業に悪影響を与えている
と告げられ、どう思うか質問されたというエピソードを
あげています。

衝撃を受け、何も答えられなかったそう。

2年かけて28カ国を訪れた旅行は庄野さんに
大きな体験をもたらしたようです。

そして、もう一つ、庄野真代さんを変えた
出来事をあげています。
それは、スケートリンクでの顔面骨折事故と
子宮筋腫の手術。

その入院中にあることをしたそうです。

《人生、何があるかわからない。病室で「やりのこしリスト」をつけた。
子どものころから一度でも夢見たことを書き起こしてみた。
キャンパスノートに5ページ分ぐらい。
パイロットになりたい。バレリーナになりたい。きちんと勉強したい……。》

その後、庄野さんは、45歳で「やり残しリスト」の中の一つ、
「きちんと勉強したい」を実現するため、法政大学に社会人入学。
旅行中に気になった途上国支援や、ボランティア、NPOのことを学んだとのこと。
さらに早稲田大学大学院に進学されています。

そしてそれまでの人生の成果として、
音楽ボランティアのNPO法人「国境なき楽団」
http://www.gakudan.or.jp/
を設立されたんですね。

自分も病気はしませんでしたが、
思い当たることがあり、
「人生やり残しリスト」というブログを開設しました。

でも庄野さんのように突きつめて、
考えていなかったので、リストは、
いまだ完成せず、その実行もなかなか出来ずにいます。

庄野さんを見習って、その中の一つでも
実現するようにしたいなと思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自動車免許を返納した叔母。脚代わりのシニアカーの最新軽量モデルを知る。

東京の中心に住んでいる叔母。 買物できる場所は徒歩圏内。 また電車、バスの便が良 …

体重別運賃導入? ウズベキスタン航空が、乗客の体重測定を開始。

航空会社。 夏休みに利用し、海外から帰国する時、 お土産を買いすぎて、荷物が重量 …

生前形見分けをし始めた知合い。甥っ子、姪っ子たち若者に引き取られる。知人が感激したメールは……。

形見分けというのは、 本人が亡くなった後、遺品を遺族、 親戚などが分け合うという …

修理して使い続ける。プロフェッショナルで時計修理の名人松浦さんが紹介される。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、 2015年6月7日、 《時計に命 …

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

「心の白い人」とはどんな人?  ミャンマーから来た新聞奨学生が落とした7万円、無事、戻る。

少し前になりますけれど、 2016年4月7日、毎日新聞の都内版に、 およそ7万円 …

食が細った高齢の知合い。悩んだ末に、お茶碗を変えたら……。

35度を超えるような暑さが続いています。 食欲が落ちて、何も口に入らない なんて …

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

祖母の家近くのお寺で開かれた小学生の時の「肝試し」の思い出。闇と静寂。

読売新聞の夕刊に、 富山県射水市の高野山真言宗金胎(こんたい)寺が https: …

最後に部屋の模様替えをしたのはいつですか? 当たり前のものを見直してみる。脳を活性化、認知症予防。

部屋の模様替えをしました。 ソファの位置を変えただけなのですが、 気分が変わり、 …