亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ほうれん草と小松菜。食べるなら小松菜。ほうれん草と一緒に食べてはいけないのは何? 骨粗鬆症予防の食べ合わせ。

   

小松菜、お好きですか?

嫌いというほどではないのですが、
ほうれん草と小松菜の2つがあれば、
先に手が出るのは、ほうれん草です。

母はどちらとも買ってきて料理しますが、
小松菜の比率が高く、それが不満でした。

しかし考え方を改めました。

小松菜はほうれん草に較べ、含まれるカルシウムが多く、
さらにカルシウムと結びついて結石の原因となる
シュウ酸が、わずかしか含まれていないのですね。
(100グラム当たりのカルシウム含有量は
ほうれん草55mg 、小松菜は290mg、
シュウ酸の含有量は、ほうれん草はおよそ770mg
小松菜はおよそ50mg)

母が以前、骨粗しょう症予防のために
検診また講座を受けた際に、小松菜の
優秀さについて教わったとか。

2016年1月15日、産経新聞で、
骨粗鬆症予防の食べ合わせについての記事が出ていました。

食べ合わせが良いものと逆に悪いもの。

意外というか、以前、自分が良いと思っていた
組み合わせが悪いとされていて驚きました。

以下の例は良い食べ合わせか、
悪い食べ合わせか、おわかりですか?

〇牛乳+ココアもしくはきな粉

〇ひじき+大豆

〇ほうれん草+ごま

《骨粗鬆症予防は「食べ合わせ」が肝心 ホウレンソウ×ゴマはNGだがナッツ×ヨーグルトならOK》
http://www.sankei.com/life/news/160115/lif1601150008-n1.html

上のリンクの記事中にありますが、すべて悪い組み合わせなんですね。

詳細は記事をお読みいただくとして、
ほうれん草について言えば、
《ホウレンソウに含まれるシュウ酸も
ゴマのカルシウム吸収を阻害する。》

一方で小松菜の例があがっています。

小松菜+干しシイタケです。

《小松菜と干しシイタケの食べ合わせは骨づくりに効果を発揮する。
干しシイタケに多いビタミンDには、カルシウムを骨に沈着させる効能があり、
牛乳に匹敵する小松菜のカルシウムを十分に骨づくりへとつなげられる。》

なるほど。
栄養が豊富に含まれている食材を
食べるにしても、その食べ方、組み合わせが
大事なんですね。

すこし研究しないといけないなー。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

足利尊氏の誕生日、ご存じですか? 偉人の生年月日。暗証番号の作り方。

いきなりですが、 足利尊氏の誕生日をご存じでしょうか? こんなことを突然書いたの …

近所の柳橋がテレビドラマの舞台に。いつもの風景を初めて訪れた場所のように見られる感性。

家のすぐ近所に、柳橋があります。 神田川の一番下流の河口にあり、 その先はは隅田 …

「へその緒」を収めた桐箱はどこに? 「へその緒」の話で盛り上がる。母と子の絆。

あなたは自分が生まれた時刻をご存じですか? 私は知らないのですけれど、 今日、友 …

「お金は寂しがり。友達が多いところに行く」。祖母のお金の教え。

今日のお昼、外食をして 支払いをするためにレジに。 前のお客さんがポケットから …

お母さんからプレゼントされたミルクパン。50年あまりで天命を迎える。

あなたの家には、 長年使い続けた製品はありますか。 わが家にもいくつかあるのです …

50の坂。60,70、80と坂はどんどん急になる。坂を越えると2から3年はすっといく。

人生を坂に例えることがよくあります。 有名なのは徳川家康が言ったとされる 「人生 …

8月5日は発酵の日。甘酒、お酢、味噌、醤油。日本の食文化は発酵のたまもの。

8月5日は、その語呂から「発酵の日」 なんだそうです。 マルコメ、《8月5日は発 …

ノートパソコンの故障で反省。モノへの感謝の気持ち、忘れていなかったか。故障はあなたの身代わり。

2016年7月16日、毎日、メインで使っている ノートパソコン、レッツノートが突 …

ソニー、「アイボ」復活。12年ぶりに開発し2018年戌年の1月11日に発売予定。

今日は2017年11月1日。 1は英語でワン。 犬の鳴き声と一緒ですね。 それを …

虫の知らせ。大学時代の同級生のお父さんが亡くなる。亡くなる直前まで弱音を吐かず毅然と。

大学時代の同級生のお父さんが 先日、亡くなりました。 そんなに頻繁に会っていた訳 …