亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

あなたは自分の体の癖・特徴をご存じですか? 長年の生活習慣、使い方などでひずみが。

   

あなたは、自分の体の癖、特徴をご存じですか?

以前、プロフィール写真を撮影したカメラマンに、
左肩が上がっていると言われたことがあります。
自分では気付かなかったのですが、長年、そちら側に
重い荷物を入れたカバンを持っていて、左肩を上げる癖が
ついてしまったよう。

そこから肩、背中さらには、
目の凝りなどが出てきたように思います。

先日、知合いの人に久しぶりにあったら、
その人も、意外な人から体のゆがみ、体の癖を
指摘されたそうです。

それは、靴の修理の人。
知合いは毎日、ウォーキングをしており、
高価なウォーキングシューズをはいています。

底のソールや、中敷きを定期的に交換するため、
靴の修理、メインテナンスをしてくれるお店に
出しているのだとか。

そこで指摘されたのは、
靴のかかとのすり減り方。
そして中敷きのへたり方。

かかとは、どちらも外側がすり減っていたのですが、
左の方が不自然なほど、すり減っていたそう。
さらに中敷きも、左側、それも脚の親指側がひどく
へたって、深く沈み込んでいたそうです。

このため、その店の人がいうには、
脚の使い方が不均等で、
脚を含め体全体にひずみが出ているのではと。

自覚はなかったようなのですが、
体の左側、背中から腰にかけて、
痛みがでることがしばしばあるのは、
このせいかもと思ったそう。

そこで以前通っていたスポーツクラブとも
提携していた、整体とスポーツマッサージの
店に行って、施術してもらったようです。

すると脚の長さが左右違っており、
肩、背中、腰、脚とほぼ体全体が
曲がっていたようです。
また脚の筋肉の付き具合も、非常に不均等になっていたと。

その整体の先生は、ほとんどの人は左右均等ではなく、
どちらかにひずみがある。
なのでひずみがあるからすぐに悪いというものではないが、
それが一定の範囲を超えてひずむとやはり、筋肉だけでなく、
内臓などにも悪い影響を与え、体が不調になってしまう。

なので、時々は鏡や靴の底などを見て、
自分でチェックし、整体に行き、ひずみを
修正してもらうといいとアドバイスされたとのことです。

最近は、スマホ、タブレット端末を無理な姿勢で
使う人が多いので、猫背、ストレートネックといった
体のひずみの不具合がとても増えているんだそう。

自分ではチェックしきれないので、
一度、近いうちに、体のひずみや
姿勢の悪いところを専門家に診てもらいたい
と思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

思い出の品を小さくして手元に。制服、スーツ。ランドセル。

あなたは、学生の時の制服、ランドセルなどをお持ちですか?、 先日、知合いの女性が …

物置の奥に眠っていたオールドレンズを最新のデジカメで生き返らせる。物を生かすマウントアダプターという存在に拍手。

あなたのお家に、昔のフィルムカメラ、 交換レンズは眠っていませんか? じつはわが …

「十人の敵は一人一人やっつけなさい」「問題は縦に並べなさい」「マルチタスクではなくシングルタスクを実践」。

年末の忙しい時期、 今年中に片づけなければならないことが山積み。 同時に複数のこ …

熊本の地震。知合いが被災。3月11日に防災用品を更新しておいてよかったと。

熊本地方、余震が続いているようです。 被災された皆様にお見舞い申し上げます。 今 …

お母さんが亡くなった知合いがお寺から渡された紙を見て、考えたこととは?

親しい取引先の方が、 新年早々、お母様を亡くされました。 取引先は東京住まい。 …

フェイクニュースと嘘松。ファクトチェック、ポストトゥルース。

フェイクニュース。 最近、話題になっている言葉ですね。 先日、知合いと雑談をして …

阿藤快さん、大動脈破裂胸腔内出血でなくなる。「背中の痛み」を訴えていた。体の訴えを聞く。

俳優の阿藤快さんが、お亡くなりになりました。 9月、知合いの方が、阿藤快さんとお …

水やりはやり過ぎると枯らす。筋トレは休養もトレーニング。記憶は間隔をあけて。

小学生の頃、丁度、これくらいの季節に、 学校で、朝顔のタネを鉢にまいて、成長を …

日本で初めての闘牛カレー、発売。沖縄闘牛で活躍した牛の肉を使っています。スペインの闘牛肉料理。

先日、近所の高級スーパーを訪れたら、 あまりのレトルトカレーの種類の多さに 驚き …

おサイフケータイが新ポイントをもらえるサービスを開始。「ラッキータッチ」。

サザエさんではないですけれど、 ここ最近、お財布を外に出る時、 持って行くのを忘 …