亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「もう浅草の『まるごとにっぽん』に行った?」と蔵前のおばさん。「新しいことに興味がなくなったらおしまいよ」。

   

2015年12月14日、浅草六区に
日本全国の名産が集まった商業施設
「まるごとにっぽん」が開業しました。

あなたはもう行かれましたか?

http://marugotonippon.com/

オープン直前に、その近くに
焼き肉を食べに行って、ビルの前を通り、
「オープンしたら行かねば」
と考えていました。

2016年1月28日、蔵前の叔母さんが、
和菓子(わらびもち)を
お土産にもってきてくれました。

その「まるごとにっぽん」の中に入った
香川県のお店で買ってきてくれたそう。
(もう一つは千葉の行列が出来る
和菓子店の「いちご大福」)

受け取った時に、少し話をしたのですが、
年末からつい先日まで、八ヶ岳の山荘で
過ごしていたとのこと。

「まるごとにっぽん」がオープンしてすぐに
行こうと思ったのに、行けたのは1ヶ月以上
たってからになってしまった
と残念そうでした。

そして自分に、「もう行ったか」
と尋ねました。

「まだ行っていない」と答えると、
「新しいところが出来たら、まず行って、
新しいものが発売されたら、すぐに買わないと」
とお説教。

「まあ、知っていただけましね。
うちの息子なんか、近所なのに知りもしなかったから。
人間、新しいものに興味を無くしたらおわりだからね」。

叔母さんは、80代半ばを過ぎていますが、
今でも足腰が丈夫で、電車、バス、そして徒歩で
毎日、あちこち出歩き、見聞を広めているようです。

「何事も自分に関係ないと思うのではなく、
知ったり体験すると、面白い、自分の
ためになると思わなきゃ」。

いちいちごもっとも。

新しいもの、若い人には、
新しいエネルギーがあふれている。

行ったり、食べたり、買ったりして、
体験することで、そのエネルギーを
取り込んで自分のものにすることができる。

それが叔母さんの信念であり、
元気と若さの秘訣のようです。

少しは見習わないとなーと
甘みと酸味のバランスがほどよい
いちご大福をほおばりながら
思ったことでした。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢者。お出かけはリュックで。転倒防止。骨粗しょう症予防。

2015年5月17日、日曜日。 人と会う用事があり、新宿に行きました。 そのあと …

横綱・大鵬。忍と夢。刺身を食べるときに醤油皿に醤油を注ぐ量。

2015年11月6日、BS-TBSで 《昭和の巨星スペシャル 戦後最強の横綱 大 …

忘れないためにする大人のドリル。算数、国語、社会など。

知合いが最近、ドリルを毎日行っていると教えてくれました。 ドリル。懐かしい。 小 …

銀行預金を、スーパーのレジでも引き出せるように。金融庁が規制緩和へ。

昔、イギリスに駐在していた高校時代の友達が、 日本にはない、スーパーでのサービス …

枕元の「宝水」入れに最適なストロー付きのボトル。深夜、のどの渇きをうるおす。脳梗塞の予防にも。

「宝水」をご存じですか? 以前、このブログで書いたことがあるのですが、 旅館など …

高齢の知合いの脳を活性化させる買い物方法。小銭を出さずお札を出し始めたら要注意。電子マネーの功罪。

以前、このブログで、毎日、近くのコンビニに、 運動を兼ねた買い物に出かけるという …

他の生徒の「万引き」で推薦受けられず自殺した広島・中学三年生の問題。間違い、間違われた時にどうするか?

広島県府中町で中学3年の男子生徒が自殺した問題。 いろいろな事実・経緯が明らかに …

母が急にモズクをたくさん買ってきた。アルギン酸、フコイダンが腎臓によい? 幻の手摘みモズク。

モズク、 お好きですか? 毎日1個ずつ食べられるように モズク酢のパックを買って …

桐生祥秀選手、9秒98。男子100mで日本人初の9秒台。

早ければ今年中にとは思っていましたが、 こんなに早く実現するとは。 2017年9 …

2015年統一地方選の投票日の天声人語。菊池寛の「入れ札」。投票とくじ引き。

2015年4月26日、統一地方選の投票日ですね。 東京都中央区に住んでいます。 …