亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

夫と妻の二人で「冷え取り」=温活をして、妊活に成功。

   

体調をよくするため、
温活、体温を上げる生活をしています。

先日、知合いから聞いた話を。

知合いのお友達の体験談だそう。

結婚ははやかったものの、
なかなか子どもが出来ず、悩んでいたとのこと。

そこで同じように長年の赴任に悩んでいた人に
相談したところ、不妊治療の前に、体質改善を
とアドバイスされたとのこと。

体質改善とは、端的に言えば、
体を温めること、冷え取り、温活。

それも夫婦揃って行うことを勧められたようです。

頭寒足熱。
足、脚の冷えを取る。

絹、綿などの天然繊維でできた靴下、
下着を重ねて身につける。

食に関して言えば、まず量。
出来るだけ量を減らすこと、
つまり食べ過ぎない、腹八分目七分目。

そしてよく噛むこと。
ご飯は最低100回噛んでから、
胃に送り込む。
おかずも同様。

お茶などの飲み物、汁物も一気飲みせず、
少しずつ、唾液と混ぜるように。
(お勧めは、よく沸かした白湯)
これは、食べ物を消化するのに、
胃腸に負担をかけると、そこに血液が集中し、
手足に血液が回らなくなるので冷えにつながると。

そうそう詳しくは、覚えていないのですが、
身につける下着、靴下は、体が悪い人ほど
破れやすく、破れる場所により、どこが悪いか
ということがわかるんだそう。

この辺りまでくると、ちょっと信じられない気もしますが、
こうした冷え取り、温活を続けたところ、二人とも、体温があがり、
体調が非常に良くなり、結果、お子さんを授かったのだとか。

自分も自覚していますが、女性だけでなく、
現在は、自覚している人は少ないものの、
男性にも隠れ冷え症の人は多いそう。
これも不妊につながるようですね。

靴下の重ね履き、スパッツなど、
「冷え取り」は実行していませんが、
試してみたいという気になりました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本一の鰻屋さんはどこにある? 大昔、自分も行っていたが……。あてにならない記憶。

昨日、鎌倉のお店で友達と食事をしました。 イタリアンを食べながら、 最近食べた美 …

「塩分が日本人を滅ぼす」。管理栄養士・本多京子さんの新刊。

何度もこのブログに書いていますが、 現在、家族と一緒に減塩生活を行っています。 …

あなたは、1日のうち「無音」な時間はありますか? 音ストレス、脳疲労を回復させる方法は?

現代人、特に都会に住んでいる人は、 多くのストレスにさらされています。 そのスト …

「お墓と仏壇は、もう無しでいいから……」。この夏、帰省した知人は母からそう告げられた。

少し前に、「仏壇じまい」についての エントリーを書きました。 最近は、そうした仏 …

今まで包丁すら握ったことがない知合いから、鶏ハムと自家焙煎珈琲豆をもらった。自炊が寿命を延ばす?

以前、高齢者の世話をする専門家の方から お話を伺ったことがあります。 たくさんの …

2017年8月19日、世田谷区に落雷でけが人。雷の被害を受けた祖母の格言「災害は隙あるところを襲う」。

2017年8月19日、関東地方は大気が不安定で、 各地でゲリラ豪雨、雷に見舞われ …

母の友人が入退院。小さな違和感から見つけたガン。日頃の観察の大事さ。

母が久しぶりに京都在住の 友人に電話したそう。 そしたらその友達が、 先月、入院 …

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。 冬から春にかけては、暖かくなったと思 …

何か目標を実現したいなら、精神力を求めるのではなく、環境・仕組みを整えなさい。行動経済学。

年の初めにたてた今年の目標。 着実に実現に向かっていますか。 もう実現されて新た …

王女の名前は「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に。ウィリアム王子とキャサリン妃の間の王女。

ウィリアム王子とキャサリン妃の間に、 2015年5月2日生まれた王女の名前を、 …