亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

夫と妻の二人で「冷え取り」=温活をして、妊活に成功。

   

体調をよくするため、
温活、体温を上げる生活をしています。

先日、知合いから聞いた話を。

知合いのお友達の体験談だそう。

結婚ははやかったものの、
なかなか子どもが出来ず、悩んでいたとのこと。

そこで同じように長年の赴任に悩んでいた人に
相談したところ、不妊治療の前に、体質改善を
とアドバイスされたとのこと。

体質改善とは、端的に言えば、
体を温めること、冷え取り、温活。

それも夫婦揃って行うことを勧められたようです。

頭寒足熱。
足、脚の冷えを取る。

絹、綿などの天然繊維でできた靴下、
下着を重ねて身につける。

食に関して言えば、まず量。
出来るだけ量を減らすこと、
つまり食べ過ぎない、腹八分目七分目。

そしてよく噛むこと。
ご飯は最低100回噛んでから、
胃に送り込む。
おかずも同様。

お茶などの飲み物、汁物も一気飲みせず、
少しずつ、唾液と混ぜるように。
(お勧めは、よく沸かした白湯)
これは、食べ物を消化するのに、
胃腸に負担をかけると、そこに血液が集中し、
手足に血液が回らなくなるので冷えにつながると。

そうそう詳しくは、覚えていないのですが、
身につける下着、靴下は、体が悪い人ほど
破れやすく、破れる場所により、どこが悪いか
ということがわかるんだそう。

この辺りまでくると、ちょっと信じられない気もしますが、
こうした冷え取り、温活を続けたところ、二人とも、体温があがり、
体調が非常に良くなり、結果、お子さんを授かったのだとか。

自分も自覚していますが、女性だけでなく、
現在は、自覚している人は少ないものの、
男性にも隠れ冷え症の人は多いそう。
これも不妊につながるようですね。

靴下の重ね履き、スパッツなど、
「冷え取り」は実行していませんが、
試してみたいという気になりました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アパート住まいでもフェラーリを買いなさい。身分不相応なモノを持て。モノがアナタを育ててくれる。

今日、新しい取引先に伺いました。 仕事の話の流れで、 そこの25歳の担当者(女性 …

熱中症の診療指針を初めてまとめる。日本救急学会。予防・治療には0.1~0.2%の食塩水を飲むこと。

ゴールデンウィーク。 東京は日差しが夏のようでした。 すでに北海道などで真夏日の …

あなたは、1日のうち「無音」な時間はありますか? 音ストレス、脳疲労を回復させる方法は?

現代人、特に都会に住んでいる人は、 多くのストレスにさらされています。 そのスト …

ミニマリスト「好みの物に囲まれるな」。祖父「欲しいものより必要な物」。

新年。 初売りに出かけ、福袋をはじめ、 いろいろと買い込んだという方も多いことで …

連れ子とは本当の親子ではないのか? 連続テレビ小説「まれ」の中でのセリフ。親子関係とは?

先日も、NHK連続テレビ小説「まれ」の主題歌についての、 知合いの厳しい意見をご …

春は名札の季節? 知合いの高齢者が便利という連作先名札アイロンプリント。

小学校にあがるとき、制服やカバンはもちろん、 道具箱、体操着、教科書などなどに名 …

高齢者は1日6食(多食)。少しずつ何度でもで、栄養失調を防止。順番にも注意。タンパク質から。

高齢になると、一度に食べられる量が減るようです。 80歳を過ぎた母は、このところ …

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …

杉良太郎さん、「俺はぼうふら役者」。その意味は? 「ぼうふら野郎」。悪口の裏の優しさ。

少し前のことになりますが、 2015年5月26日付けの日本経済新聞の 「心の玉手 …

ストレッチ、柔軟体操はいつする? 冬の体操、ウォーキングは室内で体を温めてから。

健康のため、毎日、運動を していらっしゃる方、多いと思います。 知合いの高齢者の …