亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

握力が強い人は、長生き。脳卒中、認知症のリスクが少ない。

   

少し前から母が、
親指の力が入りにくい
と訴えていました。

かかりつけのお医者さんに診てもらったら、
いろいろな原因が考えられるけれど、
一番大きいのは、加齢による握力の低下
だと話してくれたそう。

握力はふだん余り気にしていないので、
衰えがわかりにくいそうですが、
60歳を過ぎると、他の筋肉同様、
一気に衰えが進むそう。

缶ビールやペットボトルのフタが開けられない
といった日常生活の不都合で気付くことが多いようです。

他の筋肉と同様、鍛えれば、衰えの進み具合を
緩めたり、また維持、さらには復活することも
出来るそうです。

といって高齢者の場合は、ハンドクリップ、バーベルなど
といった本格的な道具をそろえる必要はないようです。

勧められたのは、指の開閉運動。
これは、グーとパーを交互に行うこと。
ゆっくり力を入れたり、素早くしたり、
回数もそれほど気にする必要はなく、
出来る範囲でよいとのこと。

抵抗が多く、温かいので効果が出やすいのは、
お風呂の湯船につかったとき。

子どもではありませんが、湯船につかって
グーパー運動を数を数えながらやるといいみたいです。

ほかには、テニスボール、ゴムまりなどを握る、
新聞紙などをくしゃくしゃにまるめるなども、
握力を鍛える運動として効果的とか。

高齢者に限らず、中高年の人も、握力を
維持し続けることは意味のあることのようです。

去年2015年カナダの大学の発表など、
多くの研究が、握力と長生き、病気の関係を
明らかにしています。

握力の強い人は、弱い人に比べ、
脳卒中、認知症、また心臓病などの
循環器系の病気の発症リスクが少ないとのこと。

握力の高い人の方が長生きと。

家には、若い頃、使っていた
ハンドクリップが2種類ありました。

探して引っ張り出してきて、
毎日少しでも使おうかなと思いました。

保健指導リソースガイド
《握力が低下すると心筋梗塞や脳卒中のリスクが上昇
握力が体力の指標に 2015.05.20》
http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2015/004281.php?pr=atr15

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

無塩朝食で本格的に高血圧対策を始めた知合い。

このブログでも何度もご紹介していますが、 日本人の食塩摂取量、1日あたり 成人男 …

川淵三郎さん。毎朝3分のつま先立ちが健康の秘密。

2017年11月7日発行の 日刊スポーツの「ニッカンシニア」第8号。 80歳の川 …

2015年の紅白。大トリは2年連続で松田聖子さん。「トリ」。「トリを取る」とは?

12月31日に放送される 「第66回NHK紅白歌合戦」の 出場歌手の出演順が発表 …

高齢の知人、2017年から財布を持たないことにした。その理由は?

春財布。 ご存じですか? 新春、立春に財布を買う (もしくは買ってもらう)と 金 …

チョコで認知症予防? 脳の栄養分たんぱく質BDNFが増加。

夏の暑い盛り。 チョコレートも溶けるような時期ですね。 それでもチョコを召しあが …

「温活」継続中。1年前に較べ体温が上がり調子よし。白湯、スクワット、ルームシューズ。末端温め。

丁度1年前、体温を久しぶりに測ったところ、 若い時に較べ、かなり低くなっており、 …

「人生に疲れたら、人生論の本より、徒然草」。古典の力。紙の本、電子書籍。

最近、会った高齢の方から、 「徒然草」の話をされました。 昔、学校で習った覚えは …

「木彫りの大黒様が持つビー玉を水晶に変えなさい」。お告げに従って水晶を買って交換したら……。

とても親しい友人の話。 その家には、お祖父さんお祖母さんが ずいぶん昔に買った高 …

熊本の地震。知合いが被災。3月11日に防災用品を更新しておいてよかったと。

熊本地方、余震が続いているようです。 被災された皆様にお見舞い申し上げます。 今 …

「出会い水」とは? ご飯炊きも教育も最初が肝心。

新米の美味しい季節となりました。 美味しいお米を炊くのに、 非常に大切なのが、「 …