亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

告別式で故人の知られざる善行、社会貢献を知る。「棺を蓋 (おお)いて事 (こと)定 (さだ)まる」。

   

仕事で長年、お世話になり、
師匠ともいうべき方の告別式に
参列してきました。

そこで弔辞やお別れの言葉、
また遺族の方のお話を聞きました。

自分が知っている故人の姿は、
ほんのわずかな部分に過ぎないことが
わかりました。

故人は、仕事以外に多面的な活動をされていました。
地域の安全をまもるための警察活動などに携わっていたり、
環境を守るための活動の支援を続けたり、
若い後進の人が活動する場を設けたりなど、
すべて無償で忙しい仕事の時間を割いて、
おこなっておられたそうです。

仕事の場ではそうした活動については、
一切、話されず、明かされていませんでした。

告別式で始めて知ったことばかり。

お金を儲け、自分そして家族を養う。
それ以外に、地域や社会に貢献する
ことが人生にとって大切なことだ
と考えて、そのような活動をしていたとのこと。

それは自分のためにやっていることでもあり、
個人のある意味、思いでやっているので、
仕事で関わった人を巻きこむことはしない
という美学を貫かれたのですね。

自分のことを振り返ざるにはいられませんでした。

もし今、自分が亡くなった時、
残された家族、友人は、どんな言葉で
自分を送ってくれるだろうか。

どんなよき項目があがるでしょうか?

地域や社会になにか
お返ししていることはゼロ
と言っていいでしょう。

恥ずかしくなりました。

仕事の面での恩人は、
最期に、人としての真価、
やるべきことを教えてくれた気がします。

「棺を蓋 (おお)いて事 (こと)定 (さだ)まる」
という言葉があります。

そうなったときに、真価を示すことができるよう、
一日一日を大事に行きねばと思った次第です。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

養老孟司さんが、40歳過ぎまであいさつが苦手だったわけ。5歳直前、亡くなったお父さんに言えなかった「さよなら」。

解剖学者の養老孟司さんへのインタビューが 2015年9月14日から朝日新聞夕刊で …

「ためしてガッテン」で高野豆腐の特集。ふっくらやわらかの決め手は、熱湯もどし。

高野豆腐の料理、お好きですか? 以前、別のブログで高野豆腐の煮方を紹介したところ …

桑の実の思い出。汁を飛ばすと……。舌は黒紫。

2017年7月15日、読売新聞の 投稿欄《ぷらざ》に、 《桑の実に甘い思い出》と …

軽量折りたたみ傘を爆買い。なぜそんなに外国人観光客に人気? 自由が丘に傘専門店「クールマジックシューズ」。

家と会社の近所は、今、海外からの観光客が、 驚くほどたくさん訪れています。 数年 …

靴下、ルームシューズを今シーズン初めて着用。冷えを知る。早め早めの対策が必要。

このところ、暑くなったり、 急に寒くなったりと天候が不順です。 なので着る物に困 …

アメリカ東部の長距離自然歩道アパラチアン・トレイルを歩く二人。映画「ロング・トレイル!」、2016年7月30日から公開。

いつかはと描いている夢の一つが、 長距離の自然歩道トレイルを歩き通すこと。 その …

36年前の不倫に怒り。介護していた夫を暴行死させた妻に執行猶予。

2015年6月26日の朝日新聞に掲載されていた記事。 いろいろと考えさせられる事 …

勤労感謝の日=新嘗祭。新米を食べるのはこの日を過ぎてから……。

11月23日、勤労感謝の日の祝日です。 法律によれば、その趣旨は、 「勤労をたつ …

食が細った高齢の知合い。悩んだ末に、お茶碗を変えたら……。

35度を超えるような暑さが続いています。 食欲が落ちて、何も口に入らない なんて …

「粛々と」は「上から目線」? 菅官房長官が 翁長沖縄県知事から批判。今後使わないと官房長官。

2015年4月5日、菅義偉官房長官が、 翁長雄志沖縄県知事と会談しました。 その …