亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

告別式で故人の知られざる善行、社会貢献を知る。「棺を蓋 (おお)いて事 (こと)定 (さだ)まる」。

   

仕事で長年、お世話になり、
師匠ともいうべき方の告別式に
参列してきました。

そこで弔辞やお別れの言葉、
また遺族の方のお話を聞きました。

自分が知っている故人の姿は、
ほんのわずかな部分に過ぎないことが
わかりました。

故人は、仕事以外に多面的な活動をされていました。
地域の安全をまもるための警察活動などに携わっていたり、
環境を守るための活動の支援を続けたり、
若い後進の人が活動する場を設けたりなど、
すべて無償で忙しい仕事の時間を割いて、
おこなっておられたそうです。

仕事の場ではそうした活動については、
一切、話されず、明かされていませんでした。

告別式で始めて知ったことばかり。

お金を儲け、自分そして家族を養う。
それ以外に、地域や社会に貢献する
ことが人生にとって大切なことだ
と考えて、そのような活動をしていたとのこと。

それは自分のためにやっていることでもあり、
個人のある意味、思いでやっているので、
仕事で関わった人を巻きこむことはしない
という美学を貫かれたのですね。

自分のことを振り返ざるにはいられませんでした。

もし今、自分が亡くなった時、
残された家族、友人は、どんな言葉で
自分を送ってくれるだろうか。

どんなよき項目があがるでしょうか?

地域や社会になにか
お返ししていることはゼロ
と言っていいでしょう。

恥ずかしくなりました。

仕事の面での恩人は、
最期に、人としての真価、
やるべきことを教えてくれた気がします。

「棺を蓋 (おお)いて事 (こと)定 (さだ)まる」
という言葉があります。

そうなったときに、真価を示すことができるよう、
一日一日を大事に行きねばと思った次第です。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ノーチラスな人びと」ってどんな人?

「ノーチラスな人びと」。 日本評論社の書籍広告が、 2015年4月14日の毎日新 …

人の名前が出てこなくなった高齢の知合いが、それを克服した自作のカルタとは?

この所、人・モノ・場所などの名前を すぐに思い出せないことが多くなりました。 そ …

大人の修学旅行をした写真を年賀状にして送ってきた知合い。

あなたの小中高の時の 修学旅行先は、 どちらでしたか? こんな問いかけをしたのは …

するめ健康法? 知人が毎日、持ち歩くものとは? 脳を活性化し、ドライマウスを防止。

まもなくお正月。 ちょっと気が早いでしょうか。 お正月の準備のために、 様々なも …

結婚式、披露宴、パーティーなどで、無くなったブーケトス。かわりに始まったのがブロッコリートス。起源は? その意味。

ここ最近、お葬式には出席するものの、 おめでたい結婚式・結婚披露宴に招待されませ …

勉学の秋。高校講座、放送大学の講義をテレビ・ラジオで見たり、聞いたりする人が多い。受験サプリを大人が?

少し前の「放送塔」という読売新聞朝刊の 投稿欄に、65歳の男性の投稿が掲載されて …

市民農園・区民農園。いざ実際に始めて見たら……。2年間の体験を知人が総括。

これからの季節、野菜でも育てたい。 そう思われる方、多いのでは? ベランダ、家の …

肩凝りの原因は、筋膜のしわだった。「ためしてガッテン」。筋膜リリース。

首や肩の凝りで悩んでいる人は、 非常に多いですね。 これに腰の痛みをいれると、 …

焼麩に白砂糖。小さい時のおやつは、焼きたてのお麩に白砂糖。

2017年10月6日、 ある食堂で昼食。 御膳についていた味噌汁の具は わかめと …

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、 下から新聞を持ってきた母と入り口のところ …