亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

トランプ氏が共和党の大統領候補の大本命に。イタリア人「ベルルスコーニを選んだ俺たちはアメリカ人を笑えない」。

      2016/07/20

泡沫候補と思われていたトランプ氏。

連続して3州の党員集会で勝利し、
各種世論調査でも圧倒的な支持率。
3月1日のスーパー・チューズデーでも
勝利を収めるのではないかと話題になっています。

このアメリカ大統領選挙について
先日、イタリア人と話していたら、こんなぼやきが。

「暴言、差別発言のトランプがアメリカ大統領になったら、
アメリカの有権者はどうしたんだと思うけど、その選択を
イタリア人は笑えない。なにせあのベルルスコーニを
首相に選んだのだから」。

ベルルスコーニとは、シルヴィオ・ベルルスコーニ。
自ら起こした政党「フォルツァ・イタリア」の党首であり、
4度にわたって首相をつとめたイタリアの政治家です。
(第2次世界大戦後のイタリアで最長の首相在任期間)

言われてみれば、かなりの共通点があります。

トランプ氏も世界的な大金持ちで知られていますが、
ベルルスコーニも、自ら会社を経営し、テレビ局、
新聞社などのメディアを複数所有する「イタリアのメディア王」、
さらにサッカーチームACミランのオーナーでもある、大金持ち。

近年だけでも、汚職疑惑、性的スキャンダルで
未成年者売春罪、職権乱用罪で起訴され、
前者では無罪となったものの、後者では有罪となっています。

ベルルスコーニ氏は、トランプ氏と同じく、
いやそれ以上に、暴言・差別的発言を数多く、発しています。

イスラム教、イスラム教徒や共産主義者に関しては、
「ムスリムは、1400年前の価値観に留まっている。
西洋世界は、ムスリムや共産主義者にはない、
自由を愛する原則と価値観を持っており、
それを護らねばならない」。

中国に対しては、
「毛沢東時代に共産党は、赤ん坊を煮て肥料にした」

女性の政界進出に関しては、
「イタリアは優秀な男性であふれている、
閣僚にふさわしい有能な女性を見つけるのは容易ではない」。

オバマ大統領については、
「オバマは若く、ハンサムで、そして日焼けまでしています。」
と黒人であることを日焼けと差別発言。

これを批判したマスコミなどに対して、
批判をした人たちは、「大馬鹿者」で、
自分の発言は差別的ではなく「ほめ言葉」と反論。
さらに加えて、
「われわれは皆、ナオミ・キャンベルや
オバマのような日焼けに憧れている」
とまで言い放ちました。

その後も何度もオバマ大統領について語る時、
「日焼け」表現を持ち出しています。

トランプ氏は、3度結婚しています。
かたやベルルスコーニ氏は、2度。
しかし2度目の妻からは、未成年との性的スキャンダルの折に、
愛想を尽かされ、離婚請求され、毎月350万ユーロの生活費を
要求されていると報じられています。

こうしたスキャンダルまみれのベルルスコーニ氏でしたが、
イタリアの一部の人たちには、ものすごく支持を集めていました。

イタリアでは家族で経営する小さな会社、自営業者が多く、
そうした人たちにとって、自ら起業し、成功を収めた
ベルルスコーニ氏は、憧れの的、尊敬の対象だったのです。

また植毛、顔のしわ、しみ取りなどを行い、
メイクも行って外見を若く保ち、
ある種の女性たちとの体験のテープが流出したり、
別荘で、みだらなパーティーを行い、
複数の女性たちと性的な関係を行った
と報じられた時も、
イタリア人男性の多くは、その若さと、
年齢に負けぬ精力に、羨望のまなざしと
称賛を与えたのでした。

アメリカでは、去年の12月の調査では、
トランプ氏が大統領になったら、
「恥ずかしい」と答えた人が50%を超えたとか。

現在、その割合はどうなっているのでしょう。

イタリアでも、インテリを中心に、
ベルルスコーニが首相で「恥ずかしい」と
かつて答えていました。

過激で差別的な発言を繰り返しても、
巨万の富を持ち、メディアを支配したり、
利用したりすれば、政治家として
大きな影響力を持つことが出来る。

それはポピュリズム
という一言で表現できるのかもしれません。
そしてそれも民主主義の一側面なのかもしれません。

そうそうそのイタリア人に次のようなことを聞かれました。

「まだ選ばれていないが、アメリカのトランプ、
イタリアのベルルスコーニのように、国民が
選んで恥ずかしいという政治家は、日本にはいないのか?」

国会議員や知事クラスでは
心当たりがありますが、
首相にはいませんよね。

というわけで、
「そんな政治家は日本にはいないし、
これからも出ないだろう」
と力強く答えたかったのですが、
後ろの方は、自信がなく小声になってしまいました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏場の行楽、お出かけで重宝する自然解凍の冷凍食品。知合いは外出時には必ず持参。

先日、訪れた取引先。 そこの控え室で備え付けのコーヒーを 飲んでいたら、丁度、お …

日本で2番目に小さい市ってどこ? 小田急線のダイヤ改定で大喜びの市民。各停のみから準急停車へ。

「日本で2番目に小さい市」。 ご存じですか? よぽどのクイズマニアかその市及びそ …

まもなく秋の新そばの季節。100%のそば粉で「そばがき」のススメ。

まもなく秋の新そばのシーズンですね。 新そばは香りが高く、いつもより、 味が濃い …

暑中お見舞い。暑中伺い。違いをご存じですか? 黒木瞳さんも知らなかった常識。お中元のタブー。

黒木瞳さんが、朝日新聞に連載の 「黒木瞳のひみつのHちゃん」。 2015年6月2 …

2015年3月31日正午でデジアナ変換のテレビ放送終了。

2015年3月31日午後7時からのNHKのニュースを見ようと、 自宅の自室のテレ …

「勝って騒がれる力士より、負けて騒がれる力士になれよ」。横綱双葉山の70連勝を阻んだ安藝ノ海に師匠がかけた言葉。

リオデジャネイロ五輪では、 熱戦が続いています。 日本人選手。 実力を発揮した人 …

スポーツ庁がスニーカー通勤を推進。健康増進・医療費削減が目的。

サラリーマンの方、 通勤や外回りにはどんな靴を はいていらっしゃいますか。 スポ …

チョコで認知症予防? 脳の栄養分たんぱく質BDNFが増加。

夏の暑い盛り。 チョコレートも溶けるような時期ですね。 それでもチョコを召しあが …

年を取ると、味覚は子どもの頃に戻るのか? 甘くないみたらし団子を食べたいと岐阜出身の母が言い出す。

お昼過ぎ、家に帰ると、母が、 「お団子が食べたい。お醤油味の」 と言い出しました …

安倍総理、2017年、「丙酉」の仕事始めの言葉。大塩平八郎の座右の銘「山中の賊(ぞく)を破るのは易(やす)く 心中の賊を破るのは難し」

安倍総理が、2017年1月5日の自民党本部の 仕事始めで、次のような挨拶をしたそ …