亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

まずは3分間の踏み台昇降運動から。続けるコツは、好きな歌を聞きながら、歌いながら。フレイル・認知症予防。

   

以前、友達のお母さんが、
お医者さんに勧められ、
家の中で踏み台昇降運動を毎日している
とブログで書きました。

けれど一人で黙々と単純な運動を
行うのはなかなか続かない。

出入りの大工さんに特別に踏み台を
作ってもらうほど、入れこんでいたのですが、
次第にやらなくなってしまったそう。

そんな話をしていたら、別の知合いが、
そこのお母さんは、近所の人からある知恵を
教えられて、試したところ、楽しくて毎日、
続けられるようになったというのです。

その知恵とは?

非常に単純なことでした。

自分がカラオケなどで歌える、
大好きな曲を聞きながら、歌いながら行うこと。

たったこれだけです。

曲名はききそびれたのですが、
3番まで行うと3分強あり、適度な時間で、
テンポも、昇降するのにちょうどいいので、
昇降運動がはかどるのだとか。
(何曲か続けて行うそう)

高齢者の運動で言われるのが、
下半身、特に足腰の筋肉を落とさないように
ということ。

ウォーキングだけではだめで、
負荷のかかる運動をすると、
筋肉が落ちないと言われます。

階段昇降運動は、そうした筋肉を刺激するとともに、
心肺機能をも働かせることができる。

時間・階数、踏み台の高さなどで強度・運動量を
調節できる。
室内で雨でも暑くても寒くてもでき、
危険もそれほどないなど、高齢者にはお勧めの運動なんだそう。

さらに知合いのお母さんのように、歌を歌うとか、
偶数の時に手を叩く、簡単な計算を一緒に行う
などをすると、脳も刺激し、認知症予防に効果ありとされる
コグニサイズにもなると。

※英語のcognition (認知) とexercise (運動) を組み合わせて
cognicise(コグニサイズ)

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

LED付きの化粧鏡でよみがえった若さ。目を直し、照明を新しくすると若返る。

1日に鏡で、自分のことを何回見ていますか? 回数が多い人ほど、体も心も若い。 な …

問題「仏教を広めるにはどうすればいいか?」。「歩荷(ぼっか)」について書いたのは、欽ちゃん。

萩本欽一さんが、今年の春、 駒澤大学仏教学部に入学したのは、 みなさん、ご存じだ …

ハワイのウグイスのオスは、競争が少ないのでさえずりが下手?

朝日新聞にハワイのウグイスのさえずりは、 日本のそれに比べて単純であるとの記事が …

秋の運動会。今時の子どもが買うのは「瞬足」。昔は運動足袋。

リオデジャネイロ五輪が終わりました。 まもなくパラリンピックが始まりますね。 知 …

2015年、ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智北里大特別栄誉教授。油にまみれた定時制高校の生徒の手を見て決心した「学び直し」。

2015年のノーベル医学生理学賞の受賞者の一人に、 大村智(おおむらさとし)・北 …

年を聞いて驚いたイタリア人の知人。今日で78歳。見た目は60代前半。その秘密は?

久しぶりにイタリア人の友人家族と食事。 夕方にそのイタリア人家族のお宅に伺い、 …

「ブロッコリーのもやしはどこで売っているの?」と母や近所のおばさんが大騒ぎ。

もやしやスプラウト類が大好きで、 日頃から、よく買ってきて、食べています。 けれ …

2017年8月19日、世田谷区に落雷でけが人。雷の被害を受けた祖母の格言「災害は隙あるところを襲う」。

2017年8月19日、関東地方は大気が不安定で、 各地でゲリラ豪雨、雷に見舞われ …

昔、旅館で枕元にあった「宝水」。覚えていますか? 夜中の水分不足を解消。足のつり、脳梗塞防止。

「宝水」。 この言葉、そしてそれが 意味する物をご存じですか? 2015年10月 …

104歳で現役の経営者。コーヒー焙煎販売。西荻窪「アロマフレッシュ」店主・安藤久蔵さん。

最近は100歳を超えていらっしゃる方は、 そんなに珍しくなりました。 けれど働い …