亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「頭の体操」の著者、心理学者の多湖輝さん、亡くなる。いつまでも頭を柔軟に。高齢者ほど都心で生活。

   

2016年3月6日に、
心理学者の多湖輝さんが亡くなられました。

90歳。

多湖さんと言えば、ベストセラーになった
「頭の体操」シリーズが有名です。

第1集は200万部を突破。
2001年までに23集まで発行され、
その総計は1200万部を超えて売れたとのこと。

すごいですね。

自分も中学の時だったか、
それまで聞いたことがない奇妙な問題を出され、
出来なくて悔しい思いをしました。

その元ネタが多湖さんの
「頭の体操」であることを
友達に教えられて、本を購入。

のめり込むように読み込み、
まだ知らない友達に問題を出して喜んだりしました。

「ホイホイ勉強術」も読みました。
意識を大きく変えてくれた本の一つです。

後になって、多湖さんご自身が、テレビや
新聞・雑誌のインタビューなどで、
「頭の体操」シリーズがどのようにして生まれたか
を話していらっしゃいました。

その中で印象に残っているのは、
多湖さんがご自身の費用で
たまり場(サロン)をもうけ、そこに様々な人を呼び、
自由にお茶・コーヒーを飲み、食事をしながら、
リラックスした雰囲気の中で、
「頭の体操」や、様々なクイズを
生み出していったということです。

ガチガチに縛られた会議室では、
クリエイティブなものは生まれないと。

高齢になってからも、
高齢者の生き方に関する著作などを
出されています。

ご自身は、奥様と二人で、東京都心の
高齢者向けのマンションにお住まいでした。
(わが家の近くです)

高齢になっても快適にまた想像力を持って
暮らすためには、そうした設備・サービスが
整った場所に住むのが合理的。

また病院、商店、文化施設など様々なものが集積している
都会で暮らした方が刺激が多く、脳を活性化するので、
高齢者ほど都会に住むべきと話していらっしゃいました。

驚かされたのは、 2007年に
ゲームソフトの「レイトン教授と不思議な町」の
監修をされていること。

この話をもってこられた時、自分が知らない分野だが、
好奇心を刺激し、面白そうだからやってみようと考え、
引き受けたと。

新しいものにも果敢にチャレンジするという姿勢が、
生き甲斐を生み出し、生活に張りをもたらすということを
自らが実践されていたんですね。

同じ年、足立区に設立された東京未来大学の学長にも就任。
大学の知名度をあげるために、活発に活動もされていました。

高齢になっても頭を柔らかく、使うために、
もう一度、多湖さんの「頭の体操」で
脳をほぐしたいと思います。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ものは言いよう。失敗を責め立てない魔法の言葉は「惜しいなー」。

知合いから聞いた話です。 「物は言いよう、ハサミは使いよう」。 言い方ひとつで、 …

40男だけでなく気をつけたい七つの病。人脈硬化。頑固変、NO梗塞。突発性癇癪。誇大承認要求。家族依存症。慢性性不全。

2016年3月22日29日合併号の 週刊SPA!。 その内容が新聞広告に出ていま …

知人のお母さんが毎日、「トットちゃん!」を見ながら行なっていること。

現在、テレビ朝日系で お昼の12時30分~12時50分に 放送中のドラマ「トット …

三笠宮さま。100歳で薨去。昭和天皇の弟君。逝去と薨去(こうきょ)。崩御、薨御。

三笠宮崇仁親王殿下が、2016年10月27日、 薨去(こうきょ)されました。 1 …

サンマ不漁、やせて小さな初さんま定食を食べて思い出した「サンマの教え」。

サンマが不漁で 気仙沼で開かれる予定だった 「『海の市』サンマまつり」が 中止に …

「一日一葉」。毎日、何を撮影するのか被写体を選ぶのが楽しみという高齢の女性。

以前、毎日、写真俳句を作っている という高齢の方の話を書きました。 写真俳句は、 …

王女の名前は「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に。ウィリアム王子とキャサリン妃の間の王女。

ウィリアム王子とキャサリン妃の間に、 2015年5月2日生まれた王女の名前を、 …

夏バテとは無縁? 飲む点滴甘酒を使ったアイスを手作りする知人。

ヨーグルト製造機を使って ヨーグルトのみならず、甘酒など 発酵食品を自宅で手作り …

千賀健永と紀貫之。毎日放送の番組「プレバト!!」の俳句コーナーで盗作? 俳句と短歌、本歌取り。芭蕉、藤原定家。

千賀健永と紀貫之。 恥ずかしながら、 後ろは読めて知っていたのですが、 前の人物 …

あの吉野家が野菜だらけの「ベジ丼」を発売。野菜11種類170グラム。

毎年、春から3ヶ月ほど通っている取引先。 若い人が多いので、お昼に吉野家などの …