亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「地の塩、世の光」。学校の教え(スクール・モットー)をもとに、毎週1度老人ホームでピアノ演奏のボランティアをする知合い。

   

ひょんなことから、
ご自宅で塾をしている知合いが、
わが家に来ることになりました。

どこかで食事をということで、
人形町のホテルでランチ。

そこでいろいろな話を聞きました。

今回、初耳だったのが、
彼女が、週に一度、老人ホームでピアノ演奏と
歌を披露するボランティアをしていること。

そのきっかけは若い時に見たNHK特集。

その番組で、老人ホームを訪れ、
ポータブルのラジカセで、老人の
好きな曲をかけて、その人の話を聴く
というボランティアを紹介していたそう。

小さい頃からピアノを習い、
また中学校からギターを始め、
その二つが演奏でき、歌も歌える。

人前で話すことも慣れているので、
自分なら、そうしたボランティアを
さらに多くの人の前で出来る。

いつか時間ができたら実行しよう
と思い続けていたそう。

そして、勤め仕事を離れたのを機に、
老人ホームでの弾き語りボランティアを始めたとのこと。

その活動をはじめて、もう10年以上たつそう。

高齢の方が中心なので、リクエストされるのは、
昭和のはじめ、下っても昭和50年代くらいまでの曲。

昭和のはじめの頃の曲は、知らないので、
楽譜を調べ、覚えたと言います。

そうした努力を地道に積み重ねた結果、
今では1500曲あまりもレバートリーがあり、
ほとんどのリクエストに応えられるのだそう。

なぜそこまでやるのか、出来るのか?

通った高校・大学の
スクール・モットー「地の塩、世の光」
からではないかとご自身は分析されていました。

知合いはクリスチャンではないのですが、
常に自分が世のため人のためにできることはないか
と考えるクセがついたのだとか。

自分も演奏することが楽しいし、
人が喜んでくれるのが、何よりの楽しみ。
なので、人のためにしているという意識は全くないそう。

その淡々とした姿勢に、
ますます尊敬の念を抱きました。

「地の塩、世の光」は聖書のマタイ伝から。

「地の塩」
目立たぬ行いで人のため社会のため、
意味を与え腐敗を防ぎ、汚れを清めていく。
「世の光」
目立つ行いで希望の光として励ましと力、
エネルギーを周囲に発していく。
http://www.aoyama.ac.jp/outline/ideal/

教えというのは、こうして深く人の心に
しみこんでいくものなのですね。
そう考えると、学校、教師というのは、
影響の大きな存在だなー。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢の独り身男性が毎日愛用し、栄養不良を解消した魔法の道具は、ホットプレート。

母の知人の高齢の女性。 一人暮らしです。 去年、体調が悪く病院に行ったところ、 …

高齢の知人がベッドから転落して、骨折。転落防止。

あなたが寝ているのはベッドですか、 それとも布団ですか? 高齢者の方も、布団の上 …

「食材の在庫が多い店の料理はまずい」。考えさせられた言葉。

先日、料理人の方々と食事。 いろいろと興味深い話を伺ったのですが、 その中で、一 …

100歳のスイマー、長岡三重子さん。ジャパンマスターズ2015に出場。世界記録更新は?

何度かご紹介している100歳のスイマー・長岡三重子さん。 先日行われた「ジャパン …

天然樟脳の防虫剤の思い出。福岡県みやま市の内野樟脳。

あなたは「樟脳(しょうのう)」をご存じでしょうか? ある程度の年配の方なら、あの …

鉄分と認知症の関係。あさりの水煮缶を愛用する知人。

先日、知合いとの雑談の中で、 認知症と鉄分の関係の話が出ました。 自分は知らなか …

料理名人の曾祖母の教え。一寸切り(切り口一寸、一口一寸)。わが家では一寸二分。食べる人への思いやり。

先日、ご近所から頂いた筍の話を書きました。 そのときにも、そして今日、 家人が作 …

福引き2等に当たった母。運を無駄遣いするな。ついていないと思う時は、運を貯めている時。

近所の福引きで、2015年12月29日、 母が2等をあてました。 母は昔から福引 …

養老孟司さんが、40歳過ぎまであいさつが苦手だったわけ。5歳直前、亡くなったお父さんに言えなかった「さよなら」。

解剖学者の養老孟司さんへのインタビューが 2015年9月14日から朝日新聞夕刊で …

「勝利と敗北を同じように見つめられる者のみ、入るがいい」。ウィンブルドンのセンターコートに入る扉に記されているキップリングの詩の一節。

吉田沙保里選手が、4連覇を逃しました。 驚きました。 少し前に書きましたが、 か …