亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

公園浴の勧め。芝生、観葉植物など身近な自然でリフレッシュ。

   

毎日のように近所の公園を巡っています。

ここ最近は桜の花の開花を楽しみにしていました。
それ以外にも、白木蓮、柳の新芽など春が徐々に
訪れるのを感じながら、歩いています。

2016年3月29日、毎日新聞の別刷り
「春から始まる健康生活」に、
「公園浴」という見慣れない言葉が出ていました。

《身近なことで体調管理》
《「公園浴」でストレス低下》。

岩崎寛(ゆたか)千葉大准教授が
提案されているものです。

心身ともにリフレッシュする森林浴は、
よく知られていますが、わざわざ遠くまで
足を運ぶのは面倒。

それに変わって身近な緑地などを活用するのが
「公園浴」です。

森林の効用の一つが、草木が発する「フィトンチッド」
という物質によるリラックス効果、抗菌作用。
こうした成分は、都市の公園の木からも出ているし、
さらにビルの隙間の芝生でも森林浴と同じような効果が
あるとのこと。

公園でゆったり過ごすことが出来なくても、
通勤や買い物などの途中で緑を利用することも可能。

緑地、樹木の効能は、
嗅覚(フィトンチッド)のみならず、
目で緑を楽しむ(視覚)、
葉のそよぎを聞く(聴覚)など
五感で受け止めるもの。

なので通勤途上で公園の緑を見るなど
生活の中で少しでも緑を取り入れる工夫を
するとよいそうです。

職場の観葉植物も、できるだけ
仕事中に緑が目にはいるような配置をする
ことも提案されています。

これからは、花や緑が美しい季節。
公園を利用するとともに、
生活の中にうまく緑をとりこんでいきたい
と思いました。

岩崎寛氏
千葉大学大学院園芸学研究科 緑地環境学コース 環境健康学領域
千葉大学 園芸学部 緑地環境学科 環境健康学領域
准教授  博士(農学)    岩崎 寛
http://www.h.chiba-u.jp/fukushi/iwasaki.html

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

製麺機に負けた蕎麦打ち名人、次はコーヒー豆焙煎機に負ける?

以前、定年前後に始めた蕎麦打ちで、 「名人」と呼ばれるようになった知人が、 ヌー …

「水の流れとか、雲とか、人工的に作れないものを1日10分でも見る」。テリー伊藤さん。「自然には直線がない」。

毎日新聞夕刊の連載、「私だけの東京 2020に語り継ぐ」。 演出家のテリー伊藤さ …

ウタマロせっけんをご存じ? 野球少年の家庭の必需品。口コミで広がる人気。

自分が小学生の頃ですから、 今からもうずいぶん前になります。 当時、野球は小学生 …

こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか? 個人的にすごく思い出のある一冊で …

「おいしい果物をお持ちしました」「いらない靴を引き取ります」。家に訪れる危ない人や電話。

仕事場から家に、昼ご飯を食べに 帰ってきたら、母が電話を受けていました。 どうや …

2015年ノーベル医学生理学賞受賞、大村智さんのお母さんの日記に記していた言葉。

2015年ノーベル医学生理学賞を 受賞された大村智さん。 受賞された時に、その語 …

問題「仏教を広めるにはどうすればいいか?」。「歩荷(ぼっか)」について書いたのは、欽ちゃん。

萩本欽一さんが、今年の春、 駒澤大学仏教学部に入学したのは、 みなさん、ご存じだ …

現金は重い。腰痛めると常陽銀行が、ロボットスーツを導入。

すでに様々な農業やビジネスの場に取り入られている ロボットスーツ。 今度は、常陽 …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

花、穀物、樹木の肥料の話。いつどこでどのくらい。やり過ぎは枯らすもと。人の成長と共通の教訓。

亡くなった大阪の祖母は、 花を育てるのが好きでした。 実家は農家ではなかったので …