亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

初月給。母親の遺品を整理。鏡台の引き出しに残されていたのは……。

   

4月25日は、
「ファーストペイデー(初任給の日)」
と呼ばれるのだそう。

初めて給料をもらう新入社員が多い日だからとか。

少し遅れて今日28日、取引先に行ったら、
給料というか謝礼の振り込みが話題になっていました。

取引先では、今年度から、これまで一ヶ月ごとの
謝礼の支払い・振り込みが2ヶ月に1度になったとのこと。
(自分はまだ確認していない)

銀行で残高を確認したら、通常の2倍もの額が
振り込まれていて驚いて、取引先の経理に
確認したのだそう。

2ヶ月に一度の
支払いってどうなんでしょうね。

そこから取引先の人たちと、
昔の給料の手渡し、給料袋、
振り込みへの移行の話になりました。

昔は、封筒に現金で
手渡しだったんですね。
封筒の中には、明細書も入っていました。

多かったり、少なかったりということもあるので、
もらったその場で、額を確認していました。

給料袋もカバンや背広のポケットにいれて、
帰るときの気分は相当、良かったですね。

話はさらに初任給について。

初任給を何に使ったか?

今時の社員は、貯金が一番多いそう。

若いころは、自分の周りだけかもしれませんが、
その足で飲み屋に行き、付けを払ったり、新たに
飲んだりして使うという人が多かったですね。

親元に住んでいる人の中には、
飲み屋などに寄らず、封筒こと、
母親に渡していたなんて親孝行な人も。

そのお宅では、お母さんが、
それをすべて貯金しておいてくれて、
結婚するときに、引き渡してくれたと言います。

その方は、結婚後は、奥さんにやはり給料袋を渡し、
そこからこづかいをもらっていたとのこと。
けれどその後、振り込みになってしまい、
渡す楽しみがなくなってしまったと嘆いていました。

また以前の話ですが、自分が若かった頃、
取引先の大先輩に伺った話も思い出しました。

その方は、その会社を定年退職し、
嘱託として働いていた頃、
お母さんを亡くされました。

亡くなった後、兄弟姉妹が集まり、
お母さんの遺品の整理を始めたら、
化粧台の引き出しから、
その方の給料袋と明細が大量に出てきたそう。

お母さんは、捨てずにずっと取っておいたのですね。

その束を引き取ったのですが、
捨てる気にはなれなかったと言います。

初任給を含め、多くの給料袋を見ていると、
若かりしの日々を思い出したと。

当時、よく頑張った自分をほめてやりたい気持ち、
さらには、そんな自分を育ててくれた両親への
感謝の念が自然に沸いてきたといいます。

物理的には安い紙の袋。

けれどご両親、そしてその方にとっては、
給料袋は、そうした思いがこもった
大事な宝物になっていたのでしょうね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

感謝しながらものを捨てる。使わない捨てるものも綺麗にの精神。近藤麻理恵さん、「TIME」の「世界の100人」選抜に思う。

すでに2週間ほど前の話題となります。 2015年4月16日、アメリカの雑誌TIM …

集団就職と方言。「ひよっこ」を熱心に見ている、近所の老舗の女将さんは、集団就職組だった。

見ていない人には何のことやらですけれど、 連続テレビ小説「ひよっこ」についてです …

中原誠将棋名誉王座が脳出血、大腸がんで引退した後、励みにした画家・中川一政の生き方。真鶴の港を20年間描き続ける。

日本経済新聞の「私の履歴書」。 著名人が自分の人生を振り返る 人気の連載です。 …

「人が一番、幸せを感じるのはどんな時」。その答えは? 世話をするより世話をする。

どこで知ったか、教えてもらったか 忘れてしまったのですけれど、 次のような内容が …

関西出身の知人。夜に納豆。入れるのはヨーグルトで快調、快腸。

納豆はお好きですか? わが家は必ず冷蔵庫に入っていて、 朝、家族の誰かがいただき …

レッツノートCF-LX3が故障。秋葉原の修理工房に持って行き、1日で修理完了。だがメイン基板交換で45000円が飛ぶ。

2014年2月にヨドバシアキバで購入した レッツノートCF-LX3が 2016年 …

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、 下から新聞を持ってきた母と入り口のところ …

熱中症を注意する余りの水の飲み過ぎにご注意。むくみ、だるさなど水毒にも注意。常温でこまめに補給。

東京は2016年7月3日、暑い一日でした。 夕方に買い物に出かけたのですが、 外 …

「お墓と仏壇は、もう無しでいいから……」。この夏、帰省した知人は母からそう告げられた。

少し前に、「仏壇じまい」についての エントリーを書きました。 最近は、そうした仏 …

懐かしの「がんづき」。毎日新聞のおかん飯で紹介。岩手のお菓子だったんだ……。祖母の「雁月」。

甘い物はお好きですか? お好きな方、「がんづき」 というお菓子をご存じでしょうか …