亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

筆記具を変えると意識と生活が変わる。高齢の知合いが絶讃。「三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム」。

   

文字を手書きすることが
少なくなっている昨今ですけれど、
ハガキ・手紙などは、まだまだ手書き
と言う方、多いのではないでしょうか?

高齢の知合いの方もそう。

けれど、年をとるにつれて、筆圧が弱くなり、
それまで使っていた
ボールペンだとすらすらくっきりと書けず、
書く機会が次第に減っていったのだそう。

ところがある時、たまたま参加した会合で、
若い人から、ある筆記具を貸してもらったところ、
筆圧が弱いその人でも、非常に使いやすく、また
はっきりと目によく見える字が書けたそう。

それに感激して、その製品名を控え、
近所の文房具店に行って購入。

以来、ますますそのファンになり、
以前にも増して、友達、親戚などに
便りを出すようになったとのこと。

その知合いが、毎日が変わった
とまで言う筆記具とは、
三菱鉛筆の油性ボールペン ジェットストリーム
JETSTREAM。

今から10年ほど前の2006年7月に発売された、
超・低摩擦インクを搭載した油性ボールペンです。

ボールペンは、大きく分けて
“油性ボールペン”
“水性ボールペン”、そして
“ゲルインクボールペン”に分類されています。

“油性ボールペン”は、この3つの中で、
最も歴史が古く、公文書でも認められている
最も一般的なものです。

しかし、それまでの油性ボールペンは、書き味が重め。
また力を入れて書かないと、黒く濃く書けませんでした。

軽く滑らかに、力をいれなくてもスムーズにはっきり書ける
油性ボールペンをということで、インク組成、溶剤、潤滑剤、
色剤など素材そのものから大幅に見直し、完成したのが、
ジェットストリーム。

なめらかな書き心地、早く乾燥し、
インクの流出量を増え、色材に顔料を
配合したので、描線の濃度も向上しているんだそうです。

現在では、高級なPrime、多機能なペンが一つになった
モデルなど種類も数多く出されています。

http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/#oilBased

書かれた字がくっきりしていると、
認識する力があがり、また文字を
書くことは、脳を活性化させると言われています。

書く気持ちが高まる筆記具。
高齢者の方のプレゼントにも
いいかもしれませんね、。

〇世界60カ国で年間1億本を販売
〇「クセになる、なめらかな書き味」がキャッチコピー。
〇この製品の後、他社からも「なめらかボールペン」
と呼ばれる分野の製品が発売された。

ぺんてるの「ビクーニャ」
http://www.pentel.co.jp/products/ballpointpens/oilbased/vicuna/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

仏壇仕舞い。ご両親が亡くなった知合い。ご実家の巨大な仏壇に悩んだ末に……。

「仏壇仕舞い」。 この言葉をお聞きになったことはありますか? 自分は先日、初めて …

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

大昔、幼稚園に通っていた頃、 冬の季節、登園して、みんなが集まると、 部屋に広が …

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

漫画家・西原理恵子さんが、 毎週月曜、毎日新聞朝刊に 連載している「毎日かあさん …

石原慎太郎さんの証人喚問のテレビ中継を食い入るように見つめていた母。同年代の姿を見て我が身を振り返る。

2017年3月20日、石原慎太郎さんが 豊洲市場問題で証人喚問をされ、 証言をし …

失敗談が心を打つ。元商社マン・江木隆之さんの「英対話」。体験を社会に生かす。

英語。 春から始めようと思っていらっしゃる方、多いのでは? これまで海外旅行に行 …

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

小さい頃、実家の前の家は、 道に面した建物の横が、奥の庭につながる 通路になって …

ベッドルーム。朝起きたら異臭。もしかしてカビ? 温度差、加湿器、鍋料理。冬でもカビ発生に注意。

年末に大掃除してきれいになったベッドルーム。 しかし朝になるとなんだか異臭が。 …

「粛々と」は「上から目線」? 菅官房長官が 翁長沖縄県知事から批判。今後使わないと官房長官。

2015年4月5日、菅義偉官房長官が、 翁長雄志沖縄県知事と会談しました。 その …

年寄りは年寄りが嫌い。年寄りが出ているテレビ番組を見ていると、変えろという母。

朝や昼など、食事をとりながら、 母とテレビを見ることが結構あります。 その時、大 …

阪神大震災で被災して落語家・桂文珍さんが目覚めたこと。

落語家の桂文珍さん。 朝日新聞夕刊に現在、インタビューが掲載されています。 20 …