亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

靴下、インソール、靴で延びる健康寿命。靴外来。シューマスター。

   

健康で長生きするためには、
動くこと、歩くことだと言われます。

けれど足の筋肉の衰え、足裏のアーチの低下、
さらに関節のトラブルなどで、運動したり、
歩くことが出来にくくなっていきます。

扁平足、足の爪の変形など
足にトラブルを抱えている人は
意外に多いのに、老化だからと
そのままほっておいて、痛みや不具合をそのままに
我慢している人も多いようです。

以前、転倒防止のための靴下や
ウォーキング専用靴下のご紹介をしました。

それらを利用することで、
踏ん張りがきき転倒しにくくなった、
疲れが減り、運動量が増えるという経験をしました。

知合いの高齢の方は、年をとってから、
もともとO脚気味だったのが程度がひどくなり、
以前より同じ距離を歩いても疲れやすくなり、
また膝・爪などに痛みが出ることが多くなったそう。

靴下、靴などもスーパー、量販店でサイズだけ
合わせて買っていたとのこと。

あるとき、ショッピングセンターで
靴販売のイベントをやっており、
たまたまそこに通りかかったので、
立ち寄ったとのこと。

そこにいたのは、シューフィッターと呼ばれる
資格をもった人。
足に関する基礎知識と靴合わせの技能を習得し、
足の疾病予防の観点から正しく合った靴を販売する
シューフィッティングの専門家です。

《足と靴と健康協議会》
http://fha.gr.jp/

見てもらったところ、その人が履いている
靴のサイズは小さすぎ、また足幅、甲の高さにも
あっていなかったそう。
靴下も薄くて中ですべりやすいものをはいていたと。
土踏まずも下がっているので、アーチを支えるインソールを
使った方がいいとも。

その方にあったサイズ、デザイン、メーカーの
ものを紹介してくれたとのこと。

また靴外来という足、靴に関する医療機関もあると
教えてくれたといいます。

お勧めの靴をはいたところ、かなり歩きやすく、
いつもと同じ距離を歩いても、疲れが少なくなったと。

けれど足の爪などが心配だったので、近所の靴外来に。
(足と靴の外来)
http://www.vansan.co.jp/fusspflege/foot_shoe_clinic.html

(その方がみてもらったところは、
現在、靴外来をやめてしまったそうです)

そこでオーダーメイドのインソールも
作ってもらったとのこと。(保険適用)

足のトラブルで悩んでいる人はもちろんですが、
そこまでいかない方でも、シューフィッターや
シューマスターと呼ばれる足と靴の専門家のいる店に行き、
自分にあった靴、インソールなどを選ぶことは、
年を取っても元気にあるく機能を維持する上で大事なことだと
感じました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

伊集院静氏の新刊「琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔」。陰徳。

作家・伊集院静さんが、日本経済新聞に連載していた 「琥珀の夢」が発刊されました。 …

かつて学校一将棋が強かった同級生。今は小学生にひねられる。

今、14歳の藤井聡太4段が 大きな話題になっていますね。 特製ファイルは即時完売 …

春風亭昇太さん。「人の誘いには乗ってみるものだ」。

今や笑点の司会として知られる 落語家の春風亭昇太さん。 多趣味で知られます。 な …

2016年6月3日、これが思い出せなかった日記。津川雅彦さんの兄の名前は?

先日、NHKのドラマ「トットてれび」を見ていたら、 女優の沢村貞子さんが出ていま …

心臓病、脳卒中。万病の元・血管年齢を若返らせるには。

「○○年齢」。 健康・美容の話題で様々な「○○年齢」があります。 見た目年齢、肌 …

物忘れ改善薬をドラッグストアに買いに行った友人。奥さんに叱られる。

このところ様々な製薬会社から、 「物忘れ改善薬」が発売されていますね。 自分もこ …

元手なしで大もうけ? 知合いのマンションで起きたこと。民泊ビジネス。

民家に外国人観光客などを泊める民泊。 今、日本でも大きな話題になっていますね。 …

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

「あずる」という言葉をご存知でしょうか? 突然この言葉について書き始めたのは、 …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句とともに先輩が教えてくれた目のつく言葉3つ。目の毒、目の薬、目垢。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。 五月ころの季節になるとこの句を思い出します …