亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

NHK「ファミリーヒストリー」で、鳥越俊太郎氏の家系図に誤り。親戚の叔父さんが家系図、ご先祖様を調査したが……。

   

NHKの番組「ファミリーヒストリー」。

タイトル通り、有名人の家族の歴史を、
本人に代わって調べる番組です。

「よく調べているなー」と、
始まった頃から、ほぼずっと見続けています。
http://www4.nhk.or.jp/famihis/

2016年5月19日発売の週刊新潮に、
「ファミリーヒストリー」で紹介された、
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんの家系図が偽りだった
との記事が出ています。

鳥越俊太郎さんの回は、2016年7月10日。

その中で、家系図が出てきます。
それは、鳥越俊太郎さんの親戚が提供したもの。
ご先祖様は戦国大名・大友宗麟の家臣・
鳥越興膳であると。

(大友宗麟は、北九州六国を制圧した戦国大名。
朝鮮、明、ポルトガルと交易した。キリスト教に帰依し
キリシタン大名とも。ローマに天正遣欧少年使節を
派遣したとされる)

けれど鳥越家18代当主の鳥越光さんによれば、
それは間違いで、自分の祖先がそうであり、
鳥越俊太郎さんの一家とは血縁関係がないとのこと。

鳥越俊太郎さんは、ご自身のご先祖様が
鳥越興膳であることは、放送まで全然知らなかったそう。

朝日新聞のインタビューで次のように答えています。

《(人生の贈りもの)わたしの半生 ニュースの職人・鳥越俊太郎:2 75歳》
http://www.asahi.com/articles/DA3S12211988.html

《昨年の夏にNHK総合テレビの「ログイン前の続きファミリーヒストリー」で
僕の父親のことが取り上げられました。そのときまで、まったく知らなかった
のですが、鳥越一族の家系図には鳥越興膳という人が記されていて、
地元の歴史書によると、戦国武将の大友宗麟の家臣だったそうです。》

自分は人生の中で、「鳥越」さん
という名字の方に2人、出合ったことがあります。

どちらもご出身は、九州北部で、
そちらに多い名字かなと思っていました。

家系図の誤りで思い出したのは、
以前にも別のブログで書いたのですが、
親戚の叔父さんのご先祖様調査です。

自分が中学の頃、宮崎県からおじさんが、
やってきたことがあります。

目的は家系図作りというか、ご先祖様の調査。
そう「ファミリーヒストリー」のようなことを
一人でやったのですね。

本籍地の役所の戸籍(当時はまだ個人情報にうるさくなく
閲覧が比較的簡単だったよう)や、代々の菩提寺、お墓、
過去帳探し、住職、親戚、近所の人に話を聞くなど、
毎日、精力的に動いていました。

確か夏休みだったので、
その一部だけですが、一緒に回りました。

その結果、自分にとっても、また父母たちにとっても、
全く知らないご先祖様の歴史が出てきて、ビックリしました。

叔父さんは、調べているうちに、
矛盾した証言や文書、記述が出てきて、
どちらが正しいのか判断できず、
最後は独断で結論を出したそう。

その調査と自分の判断をもとに、
家系図を、専門の人に書いてもらいました。
(清書のみ。なおそのコピーは送られて
きましたが、実物は見ていません)

けれどそうやって一度、作ってしまうと、
たとえ別に注意書きなどを残していたとえしても、
子孫は家系図自体を全く正しいもの
として扱ってしまうので、後の世代になると、
真相がわからなくなってしまうのかもしれません。

自分も叔父さんにならい、ご先祖様について
調べてみたいのですが、記録はともかく、
親戚の中で昔のことを知る年上の人が、
どんどんといなくなっているので、
少し遅かったかなーと少し後悔しています。

しっかりと調査するには、自分の家族、
親戚など一族だけでなく、住んでいた郷土、
藩などの歴史も調べなければならないよう。

歴史好きには、たまらない課題に
なるかもしれませんね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ヤマトナデシコ(大和撫子)」の意味を若い人に聞いてみたら……。

なでしこジャパン。 女子サッカーW杯が行われたカナダから 帰ってきました。 連覇 …

年を取ってから、小中高時代の教科書が懐かしくなり、買い求め、学び直し中の知合い。大人の教科書。

学生の時は読みのが苦痛。 卒業すると、もう不要とばかりに捨てた。 そんな方、多い …

鍵がない! 家中を捜索。知人は全身ひも男。

あなたは財布、カギ、携帯電話、 スマートフォンなど大切な物を なくしたことはあり …

最近出合った自分にとって新しい言葉。捨活、グランピング、ジェントリフィケーション

最近、新聞、ネットなどで目にした 新しい言葉を。 〇「捨活」 就職活動を「就活」 …

日本のバイオリン王・鈴木政吉、「わしは二本のぼうで人生を乗り越えてきた。辛抱と貧乏だ」。

先日、2016年2月14日に、 東海テレビが制作した番組 「日本のヴァイオリン王 …

2016年は60年に一度のお遍路、逆打ちの好機。閏年、丙申(ひのえさる)。

お遍路は春の季語。 この時期、四国八十八ヵ所は、 お遍路さんの姿を多く見かけます …

病気にならない歩き方。「1日8000歩、20分の速歩き」。歩数計(活動量計)をつけると体を動かす。

毎日、累計で1時間歩くこと、 体を動かすことを目標にしています。 2015年12 …

「粛々と」は「上から目線」? 菅官房長官が 翁長沖縄県知事から批判。今後使わないと官房長官。

2015年4月5日、菅義偉官房長官が、 翁長雄志沖縄県知事と会談しました。 その …

買って50年。ようやく咲いた花。87歳の女性宅の庭で。アオノリュウゼツランの思い出。

少し前の新聞に、個人的にすごく 興味を引いた記事が出ていました。 福岡県豊前市に …

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句とともに先輩が教えてくれた目のつく言葉3つ。目の毒、目の薬、目垢。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。 五月ころの季節になるとこの句を思い出します …