亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「人生は洗濯だ」。「え、選択じゃなくて洗濯?」。その意味するところは? 命、心を洗濯する。

   

わが家では、未だに80歳を過ぎた母が、
家族の洗濯を行っています。

いっても全自動洗濯機で洗い上げた洗濯物を、
屋上に干して、午後3時頃、取り入れ、たたむ
だけですが。

昔のように洗濯板、たらいで手洗いしていた
頃に比べれば天国というものの、80歳を過ぎた年には、
物干し場までの往復、取り入れ、服をたたむのは、
結構つらいことになっています。

このため、朝、洗い終え、水を含んで重くなった
洗濯物を上にあげるのは、自分がやるようになりました。

そんな洗濯の話を、母と同年代の男性にしました。

その人が語ったのは、
「人生は洗濯だ」との言葉。

以前、「人生は選択の連続だ」
との表現を聞き、確かにそうだなと
思ったのですけれど、選択ではなく洗濯とは。

その意味を尋ねました。

その方、曰く、
人は生きている限り、新陳代謝で、
着ているものが汚れる。
その汚れをきれいにして、それを着て、
また汚れたら、それを洗濯。

その繰り返しが人生。

汚れなくなる、洗濯しなくなるということは、
そこで生きていないこと、人生を終えることと。

服、着るモノだけでなく、人は生きている限り、
心や命が汚れてくる。

貪欲、怒り、嫉妬……。

そうした汚れを、日々、きれいにして、
リセットしながら、生きていくことが肝要。

日々、生きていく中で汚れはたまる。
そしてそれは、「自分」できれいにできる。
洗濯できる。とれない汚れはない。
汚れたら何度でも洗濯できればよいと。

ただ人は目に見える服の汚れには気づくが、
自分の心や命の汚れには気づきにくい。

「あなたは、心、命の洗濯をしていますか?」
と逆に問い返されました。

《香を執(と)れば自ら馥(ふく)し、
衣を洗えば、脚(あし)浄(きよ)し》

この意味は、
「香を持っているだけで、自分の体からよい香りがしてくる。
川に入って衣を洗えば、自ずから脚も清浄になる」
ということだとか。

いつも世のためになることを考え行動していると、
自然に、その良き影響は広がり、ついには、
自分の身に良いことが巡ってくる、という教えだそうです。

「人生は洗濯である」という言葉に納得したことでした。

あなたはいかがですか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

60代の知合いが、テレビを生で見るのをやめてみたら……。生活の中の時間泥棒を発見して、見直す。

何年か前に定年を迎えた知合いの女性。 定年になったら、あれもやりたい、これもやり …

思い込みを捨てる。 成功体験を捨てる。NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」。人口知能が繰り出した奇想天外な初手を見て。

先日、NHKスペシャルでAIの特集がありました。 《人工知能 天使か悪魔か 20 …

2099年3月31日が有効期限の取引先のカードを申請して思ったこと。

4月、新年度ということで、 身分証明とか、取引先の会社への入構証など、 あらゆる …

テレビの見方。コマーシャルの間にその前の内容を短くまとめてメモする。頭脳活性化。

ゴールデンウィークの間、 外出せず、家でゆっくりとテレビを見ている という方も多 …

106歳の先生がおよそ80年前の教え子に手紙。宛先不明。郵便局員が懸命の努力で配達。

台湾から夏の甲子園に出場し、準優勝した 嘉義農林学校の活躍をテーマにした映画「K …

あなたは、緊急時の連絡先を記した身分証明書を持っていますか?

2015年5月31日、東京23区は、5月の 観測史上最高の32.2度を記録したそ …

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …

ドラマ「愛という名のもとに」を見て涙した国会議員の現在は? 東京新聞のコラム「筆洗」。

ドラマ「愛という名のもとに」。 40代以上の方は覚えているのではないでしょうか? …

女優・藤山直美さんがお父さんの藤山寛美さんから教えてもらった言葉。「したことは忘れなさい。してもらったことだけ覚えていなさい」。

毎日新聞の「赤坂電視台」という連載で、 来年1月10日から始まるTBS系ドラマ …

夜中のセミの声。けれど日中、セミ捕りの少年は見かけない。

毎日、1時間ウォーキングをしています。 夏の間は日中、暑いので、日が暮れてから …