亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ドラマ「愛という名のもとに」を見て涙した国会議員の現在は? 東京新聞のコラム「筆洗」。

   

ドラマ「愛という名のもとに」。

40代以上の方は覚えているのではないでしょうか?

今から24年前の1992年1月9日から3月26日まで、
フジテレビで放送されていたテレビドラマです。
平均視聴率24.7%、最終回は32.6%。

出演していたのは鈴木保奈美、唐沢寿明、
江口洋介洞口依子、石橋保、中島宏海、
中野英雄など。

脚本は野島伸司。

主題曲は浜田省吾の「悲しみは雪のように」。

この曲をきくとドラマとあの頃を思い出します。

ダイヤルQ2、フィリピーナに騙されるなど、
当時の世相、ニュースを取り入れていました。

大学のボート部で苦楽をともにした
7人の男女の人生模様が描かれています。

その中で、唐沢寿明が演じていたのが高月健吾。
大学を卒業した後、商社に就職するのですが、
国会議員である父親(竜雷太)のあとを継ぐために
退社し秘書となります。

潔癖でまっすぐな性格の彼。

ゴルフ場の建設に絡んで不透明なカネを
父が業者からうけとっていたことを知り、
悩んだ末に、父を告発したのでした。
(最終回。父は息子に将来、政界に進出する際に、
実の父を不正で訴えたことを武器にせよと言い、政界を引退する)

ながながとこのドラマについて書いたのは、
2016年6月7日、東京新聞のコラム「筆洗」に
このドラマについて書かれていたから。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2016060702000122.html

コラムの筆者は、新米記者時代、
話を聞くため、ある国会議員の議員宿舎を訪れます。

議員は記者を迎え入れますが、
テレビドラマを見るので話はまってくれと
告げたので、しかたなく二人でドラマを見るはめに。

それが、「愛という名のもとに」だったのです。

その国会議員は、テレビを見て、
目を潤ませていたと言います。

記者はその後、記事にもならぬ
国会の見通しを聞いて帰ったとのこと。

コラムでは、国会議員の
その後の情報を付け加えています。

その議員は、当選を重ね出世。
しかし現金授受問題で刑事告発され、
嫌疑不十分で不起訴処分になり、
昨日、政治活動を再開したと。

さらに私が付け加えるなら、
その議員の父親は国会議員。

大学卒業後、民間企業に就職しますが、
父の秘書となり、父の引退を機に、出馬。
父の地盤を譲り受け当選して今に至っています。

まさにドラマの唐沢寿明さん演じた役に
似ていますね。

筆洗のコラムニストは、
次のようにしめています。

《あの夜のことを思い出すことはあるだろうか》

このドラマを作る際に参考にしたという映画。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

近所の餅名人にとっての日本一の草餅は?

聖路加国際病院の帰りに、 出入り口近くの売店の外で、 草餅を販売していました。 …

2022年冬季五輪は北京。同一都市で夏冬は史上初。

クアラルンプールで開かれた国際オリンピック委員会の 総会で、2022年冬季五輪の …

2099年3月31日が有効期限の取引先のカードを申請して思ったこと。

4月、新年度ということで、 身分証明とか、取引先の会社への入構証など、 あらゆる …

みうらじゅんさんがもう何年も続けている修行とは? 安パイで落ち着いていいのか?

働き始めて間もない頃、 同じ職場の先輩から言われた言葉を 今でも覚えています。 …

長年続いた近所の中華店が2016年10月いっぱいで閉店。なじみの店がなくなる寂しさ。

先日、母が夕食の時に、 気づいたとして、近所の中華店に ついて話し始めました。 …

「お墓と仏壇は、もう無しでいいから……」。この夏、帰省した知人は母からそう告げられた。

少し前に、「仏壇じまい」についての エントリーを書きました。 最近は、そうした仏 …

甥っ子と姪っ子にバレンタインのチョコをプレゼント。甥っ子と姪っ子孝行に励む独身の友達。その心は?

バレンタインデー。 日曜日なので義理チョコが なくてよかったという人も いらっし …

「ヤマトナデシコ(大和撫子)」の意味を若い人に聞いてみたら……。

なでしこジャパン。 女子サッカーW杯が行われたカナダから 帰ってきました。 連覇 …

三遊亭円楽師匠。不倫報道を受けて記者会見で、謎かけ2連発。その出来は? 座布団一枚、それとも?

20歳年下の女性との不倫を「フライデー」によって、 報じられた66歳の六代目三遊 …

死んだら、先に亡くなった人にまた会えるのか? ひろさちやさん新刊「人は死んでもまた会える」。

小さい時から疑問に思っていたことの一つ。 それは、人は死んだら、自分より先になく …