亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ドラマ「愛という名のもとに」を見て涙した国会議員の現在は? 東京新聞のコラム「筆洗」。

   

ドラマ「愛という名のもとに」。

40代以上の方は覚えているのではないでしょうか?

今から24年前の1992年1月9日から3月26日まで、
フジテレビで放送されていたテレビドラマです。
平均視聴率24.7%、最終回は32.6%。

出演していたのは鈴木保奈美、唐沢寿明、
江口洋介洞口依子、石橋保、中島宏海、
中野英雄など。

脚本は野島伸司。

主題曲は浜田省吾の「悲しみは雪のように」。

この曲をきくとドラマとあの頃を思い出します。

ダイヤルQ2、フィリピーナに騙されるなど、
当時の世相、ニュースを取り入れていました。

大学のボート部で苦楽をともにした
7人の男女の人生模様が描かれています。

その中で、唐沢寿明が演じていたのが高月健吾。
大学を卒業した後、商社に就職するのですが、
国会議員である父親(竜雷太)のあとを継ぐために
退社し秘書となります。

潔癖でまっすぐな性格の彼。

ゴルフ場の建設に絡んで不透明なカネを
父が業者からうけとっていたことを知り、
悩んだ末に、父を告発したのでした。
(最終回。父は息子に将来、政界に進出する際に、
実の父を不正で訴えたことを武器にせよと言い、政界を引退する)

ながながとこのドラマについて書いたのは、
2016年6月7日、東京新聞のコラム「筆洗」に
このドラマについて書かれていたから。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2016060702000122.html

コラムの筆者は、新米記者時代、
話を聞くため、ある国会議員の議員宿舎を訪れます。

議員は記者を迎え入れますが、
テレビドラマを見るので話はまってくれと
告げたので、しかたなく二人でドラマを見るはめに。

それが、「愛という名のもとに」だったのです。

その国会議員は、テレビを見て、
目を潤ませていたと言います。

記者はその後、記事にもならぬ
国会の見通しを聞いて帰ったとのこと。

コラムでは、国会議員の
その後の情報を付け加えています。

その議員は、当選を重ね出世。
しかし現金授受問題で刑事告発され、
嫌疑不十分で不起訴処分になり、
昨日、政治活動を再開したと。

さらに私が付け加えるなら、
その議員の父親は国会議員。

大学卒業後、民間企業に就職しますが、
父の秘書となり、父の引退を機に、出馬。
父の地盤を譲り受け当選して今に至っています。

まさにドラマの唐沢寿明さん演じた役に
似ていますね。

筆洗のコラムニストは、
次のようにしめています。

《あの夜のことを思い出すことはあるだろうか》

このドラマを作る際に参考にしたという映画。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ついに自家焙煎まで。凝り性の知合いがコーヒー豆、緑茶を自宅で焙煎。

人形町の甘酒横丁の入り口近くにある 森乃園。 http://morinoen.j …

カマンベールチーズを食べると認知症を予防する?

わが家の80歳を超える母は、 以前、医者に骨粗しょう症予防のため、 毎日、牛乳・ …

風邪、インフルエンザの睡眠中の対策。ぬれマスク効果絶大。加湿と保温。

全国的にインフルエンザの流行が見られるようです。 インフルエンザにかかっている人 …

日記つけていますか? 80代の女性が買う日記は、3年日記、5年日記、それとも10年日記。

来年の手帳、カレンダーまた日記を買い求める季節となりました。 近所の文房具店、書 …

「40代は急に止まれない」その理由は? 恐ろしい大腿四頭筋の衰え。あなたは? 「緊急体力チェック」。中居正広さんは失格。

今からずいぶん前ですが、 20年ぶりくらいにスキーをしました。 数本、難易度の低 …

忘年会シーズン、スマホ、かばん、財布、家の鍵など、忘れ物防止法。

忘年会、クリスマスパーティ、 そして新年会と飲む機会が増える季節です。 年に一度 …

小池都知事が新党「希望の党」立ち上げ、代表就任を表明。最後に残ったのは希望でした。「パンドラの箱」。

小池百合子東京都知事が2017年9月25日、 自らが党首となる新党「希望の党」の …

買って50年。ようやく咲いた花。87歳の女性宅の庭で。アオノリュウゼツランの思い出。

少し前の新聞に、個人的にすごく 興味を引いた記事が出ていました。 福岡県豊前市に …

記憶力を強化して脳を活性化。話(ニュース)を聞いて、自分なりに伝える訓練で認知症予防。

少し前から母は、お医者さんから聞いたといって、 脳を鍛えるために、次のようなこと …

12月1日「乙子の朔日」。月に一度、朔日(ついたち)を「自分のための日」に。1日、15日に赤ご飯(小豆ご飯、小豆がゆ)の風習。

12月1日。 月の第一日は朔日(さくじつ、ついたち)。 以前、別のところに書いた …