亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

秋田で4人がクマの犠牲に。秋田県人、クマの大好物「ネマガリダケ」=「タケノコ」。

   

「ネマガリダケ」という食べ物をご存じですか?

「根曲竹」と書き、文字通り、根元が曲がっている
チシマザサの筍。
北海道や本州中部以北の深い山に生えています。

5月半ばころから6月さらに
7月半ば頃までがシーズンなんだそう。

以前、山形に丁度この季節に行った際、
イタリアンレストランで、フリットに
したものが出てきました。
(月山の名をとりガッサンダケと呼ぶ)

アクはほとんどなく、味は上品で淡泊。
香りも歯触りもよく、その美味しさに驚きました。

山形の地元の人は、買うのはもちろんですが、
自ら山に分け入って、
取ってきて、加工して食べるのだそう。

別の時、秋田に冬の時期、行った際には、
缶詰を出して説明してくれました。

その缶詰はなんと自家製。
というか、この時期に大量に取ったネマガリダケを、
町内にある缶詰工場に持ち込んで、缶詰にしてもらうのだそう。

その缶詰を使い、一年中、
ネマガリダケを食すんだとか。

ただ秋田では、ネマガリダケと呼ばず
「タケノコ」と呼んでいます。

今でも缶詰にするほど大量にとれているのかなー。

長野では、このネマガリダケと
サバ缶が入った味噌汁をいただいたことも。

北信濃の郷土料理ですが、
なんと缶詰(サバタケ)まであります。

山の中、冬には大雪が降る北国で
春から初夏にかけての、
自然からの贈り物が、「ネマガリダケ」。

ただそれは人間だけでなく、
ツキノワグマにも大切な贈り物。
彼らの大好物なんですね。

チシマザサは高さ2メートルほどもあるので、
そこに入ってしまい、夢中でネマガリダケを
とっていると、方向感覚を失い、遭難することも。

またやはり夢中になって食べている
ツキノワグマに遭遇することも。

山形の知合いの人は、大きな熊よけの鈴を腰にぶら下げ、
一人ではなく、奥さんと一緒に、ネマガリダケを
とりにいくそうです。
(中には、もっと大きな音が出る
「熊よけサイレン」を使い
クマに人間の存在を知らせる人も)

ネマガリダケは、人気ですが、
とるのがなかなか難しい場所に
生えています。

高齢化のせいで、採取量が減り、市場に出回る量が
減っているので、以前に比べかなり値上がりしているよう。

こうしたところから、自分で取りに行こうと
考えた人が、クマの被害にあっているのかもしれませんね。

人とクマとがうまく折り合う方法はないものでしょうか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「打って反省、打たれて感謝」。昔教わった剣道の教えを記事に見つける。

昔、剣道を習っていました。 今から考えると、ためになることを いろいろ教わりまし …

伊豆・宇佐美のペンションから、ホタル観賞のお誘いが来たが。

静岡県伊東市の宇佐美にあるペンション。 もう10年ほど前になりますが、 定期的に …

喫煙後45分間はエレベーター利用しないで。奈良県生駒市。受動喫煙・三次喫煙。

友人、先輩の中には、まだ喫煙している人が 少なからずいます。 そうした人と会って …

家で無線LANを使っている方、夜、切っていますか? 寝室に炭で電磁波吸収?

以前、寝室から電化製品を取り去ったら、 体の調子が良くなったという知合いのことを …

日課を楽しくこなすための工夫。高齢の知合いが実行している方法。「三日三月三年」。

小さい頃、母・祖母によく言われていた言葉の一つが、 「三日三ヶ月三年(みっか・み …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

まもなく90歳。今でも1日中、外を歩き回る叔母さんの元気の秘密。

母が叔母さんがもってきてくれた と言って、1つずつ白い紙に包まれた 黒い玉のよう …

友達のお母さんと、姉の戸籍の秘密。

そんなに前のことではないと思うのですが、 ある有名人女性の戸籍が、実際に生まれた …

若き日の会議の録音テープを聞いて、時の流れと昔の自分のバカを思い知る。

先日、取引先を訪れた時、 そこの知合いから、 「整理したら、面白いものが出てきま …

フードロスと「関東の一つ残し」。

食の仕事をしている方と食事をしました。 その方が、 今一番関心をもって 取り組ん …