亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

秋田で4人がクマの犠牲に。秋田県人、クマの大好物「ネマガリダケ」=「タケノコ」。

   

「ネマガリダケ」という食べ物をご存じですか?

「根曲竹」と書き、文字通り、根元が曲がっている
チシマザサの筍。
北海道や本州中部以北の深い山に生えています。

5月半ばころから6月さらに
7月半ば頃までがシーズンなんだそう。

以前、山形に丁度この季節に行った際、
イタリアンレストランで、フリットに
したものが出てきました。
(月山の名をとりガッサンダケと呼ぶ)

アクはほとんどなく、味は上品で淡泊。
香りも歯触りもよく、その美味しさに驚きました。

山形の地元の人は、買うのはもちろんですが、
自ら山に分け入って、
取ってきて、加工して食べるのだそう。

別の時、秋田に冬の時期、行った際には、
缶詰を出して説明してくれました。

その缶詰はなんと自家製。
というか、この時期に大量に取ったネマガリダケを、
町内にある缶詰工場に持ち込んで、缶詰にしてもらうのだそう。

その缶詰を使い、一年中、
ネマガリダケを食すんだとか。

ただ秋田では、ネマガリダケと呼ばず
「タケノコ」と呼んでいます。

今でも缶詰にするほど大量にとれているのかなー。

長野では、このネマガリダケと
サバ缶が入った味噌汁をいただいたことも。

北信濃の郷土料理ですが、
なんと缶詰(サバタケ)まであります。

山の中、冬には大雪が降る北国で
春から初夏にかけての、
自然からの贈り物が、「ネマガリダケ」。

ただそれは人間だけでなく、
ツキノワグマにも大切な贈り物。
彼らの大好物なんですね。

チシマザサは高さ2メートルほどもあるので、
そこに入ってしまい、夢中でネマガリダケを
とっていると、方向感覚を失い、遭難することも。

またやはり夢中になって食べている
ツキノワグマに遭遇することも。

山形の知合いの人は、大きな熊よけの鈴を腰にぶら下げ、
一人ではなく、奥さんと一緒に、ネマガリダケを
とりにいくそうです。
(中には、もっと大きな音が出る
「熊よけサイレン」を使い
クマに人間の存在を知らせる人も)

ネマガリダケは、人気ですが、
とるのがなかなか難しい場所に
生えています。

高齢化のせいで、採取量が減り、市場に出回る量が
減っているので、以前に比べかなり値上がりしているよう。

こうしたところから、自分で取りに行こうと
考えた人が、クマの被害にあっているのかもしれませんね。

人とクマとがうまく折り合う方法はないものでしょうか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

出張ついでの休暇「ブリージャー」。母に話したら、「私たち、そんなの昔からやってたわ」。

先日、朝日新聞で、「プリージャー」という言葉に 関する記事が出ていました。 《出 …

カヌー選手のドーピング問題。入れられた方にも責任あり。厳しいドーピング規制。

2017年9月に行なわれたカヌーの スプリント日本選手権の大会中に、 ある選手が …

温活に効果ありと知合いが勧めるのは、マカカレー。

何年か前から、温活をやっています。 師匠というか、情報源の知合いがいます。 その …

平尾昌晃さん、亡くなる。後楽園でお金を使い果たした平尾少年、江ノ島の自宅に帰れるか? サナトリウムでの体験。

歌手そして作曲家として大活躍した 平尾昌晃さんが、2017年7月21日の夜、 肺 …

寒中、明日2016年1月21日は大寒。寒稽古、寒餅。寒紅。

2016年1月20日、東京は外に出ると、 体の芯から冷えるような寒さでした。 今 …

「再審開始は針の穴をラクダが通るくらい難しい」。針の穴、ラクダ。この出典は?

お昼のワイドショーを見ていたら、 20年ぶりに釈放された2人の方の ニュースを取 …

「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの お父さんである、 藤山寛美さんのことを書 …

小さなチャレンジ(コチャレ)を続ける。上大岡トメさんの「コチャレ! 小さいチャレンジで次の扉を開ける」。

いつ、誰に教わったか忘れたのですが、 何か物事をするときには、小さく分けて、 分 …

取引先の人から打ち合わせの後、驚くべき告白。定年前の海外移住。

取引先で打ち合わせ。 1時間くらいで終わり雑談。 取引先の人は、9月に入ってから …

サントリー、「レモンジーナ」に続いて、「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」でも出荷停止。

何十年前だか、パリに初めて行ったとき、 カフェで「オランジーナ」を初めて飲みまし …