亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

結婚式、披露宴、パーティーなどで、無くなったブーケトス。かわりに始まったのがブロッコリートス。起源は? その意味。

   

ここ最近、お葬式には出席するものの、
おめでたい結婚式・結婚披露宴に招待されません。

もう友達・知合いはいわゆる
適齢期を過ぎたからでしょうか。

なので、近頃の結婚事情にうといのですけれど、
先日、様変わりした結婚披露宴の儀式について
話を聞きました。

それはブーケトスとブロッコリートスです。

あなたはご存じですか?

ブーケトスは、新婦が持つブーケを
後ろ向きに投げ、それを受け取った
独身女性は近く結婚出来るというもの。

このブーケトス、最近はほとんどやらないんだそう。

というのは、近頃は結婚する年齢が高くなり、
必然的に出席する未婚女性の年齢も高くなっている。

このため、ブーケトスに参加して
未婚であることを大勢の人の前で明らかに
するのがいやという女性が増えたためなんだとか。

そのかわりに行われるようになったのがブロッコリートス。

そうあの健康によいと言われる野菜の
ブロッコリー。
あれを投げるんですね。

こちらは、新郎から独身男性の参列者に投げられます。

受け取った男性は、ブロッコリーをかじったり、
式場に渡し、ゆでてもらって食べたりするそう。

ブロッコリーを受け取った人には、
マヨネーズを渡したりすることもあるようです。

なんでブロッコリーなのか?

ブロッコリーは、房が多いということで、
子孫繁栄の意味が込められているようです。
さらに栄養があり、健康によいから。

これも知らなかったのですが、ブロッコリートスは、
イタリアで始まったそうです。
イタリアの農家の人が、ブーケに形が似ている所から、
消費増を願って始めたとのこと。

日本には、2000年ころに伝わったみたいです。

ブロッコリーbroccoliは地中海原産の野菜。

なお近頃は、ブロッコリーだけでなく、同じく房が多い、
カリフラワーも使われているみたいですね。

〇ブロッコリー
原産地は地中海沿岸。
もとは野生のケール。
アブラナ科の植物で、キャベツ、白菜、カリフラワーなどが仲間。
ラテン語のbroccolo萌芽から。「茎」や「芽」を意味する。

イタリアで野生種か2500年ほど前から改良され、
15世紀頃から盛んに栽培されるようになり、
フランスなどヨーロッパ各地に広がった。
19世紀後半になりアメリカに広がり、大量に栽培されるようになった。
日本へは明治時代に入ってきたものの、一般にはほとんど普及しなかった。
食べられ始めたのは、第二次世界大戦後。昭和50年以降、一気に消費量が増えた。
和名はミドリハナヤサイ、メヤサイなど。

食べているのは花の蕾(つぼみ)と花蕾。茎。

ブロッコリーは、ビタミンA、C、カルシウム、鉄、
カリウム、ビタミンK、ビタミンB群など
ビタミン・ミネラル、さらに食物繊維がバランスよく
豊富に含まれているところから、
アンチエイジング、病気予防として毎日、食することが勧められている。

カリフラワーは、ブロッコリーが突然変異して出来た品種。
英語でcauliflower、イタリア語でcavolfiore、意味は「キャベツの花」。
ブロッコリーは「緑黄色野菜」、カリフラワーは「淡色野菜」。

アメリカでは子供が嫌がる野菜の代表。
ジョージ・H・W・ブッシュ氏が大統領の頃、
大のブロッコリー嫌いだったため、大統領専用機の機内食から、
ブロッコリーがなくなったり、ブロッコリー農家が抗議したり
といった動きがあった。

花言葉は「小さな幸せ」。

イタリア語では母六梱には、「ばか、まぬけ」の意味も。
17世紀末に英語broccoliとなる。
キャベツcavolo、キュウリcetrioloも
「ばか」という意味がある。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家小三治師匠がアルツハイマー病の疑いと高座で告白。

今朝2017年8月8日の東京新聞に、 《柳家小三治が療養へ》との記事が出ていまし …

味覚を取り戻せ。年配の知合いが行なった数々。

年を取ると、味覚が衰える とよく言われます。 香り、味がわからなくなり、 料理の …

7月10日は納豆の日。臭いのしない納豆。夜納豆。加熱しない。オリーブオイル納豆。栄養、効能を生かす食べ方は?

7月10日は納豆の日。 あなたは納豆、お好きですか? 先日、テレビを見ていたら、 …

体重別運賃導入? ウズベキスタン航空が、乗客の体重測定を開始。

航空会社。 夏休みに利用し、海外から帰国する時、 お土産を買いすぎて、荷物が重量 …

夏場の行楽、お出かけで重宝する自然解凍の冷凍食品。知合いは外出時には必ず持参。

先日、訪れた取引先。 そこの控え室で備え付けのコーヒーを 飲んでいたら、丁度、お …

区民カレッジの講座で新しい趣味を見つけた知合い。格安で生涯学習する方法。

まだ2月で少し早いのですが、春から何か始めよう と思っていらっしゃるシニアの方も …

健康増進のため知合いがもう1個、買い足したものとは。「温腸活」、朝食に具沢山のスープを。

朝夕、寒さを感じる季節となりました。 ただまだ数日は暑さの揺り戻しがくると 天気 …

「心の忘れ物」つづった手紙、煙となる。島根県飯南町「優便ポスト」。銀座の手紙寺。「ラストレター運動」。

島根県飯南町。 そこに「優便(ゆうびん)ポスト」が 2016年11月23日に設置 …

人心一新。あるレストランのリニューアル。自分で自分を一新する。

先日、聖路加国際病院の1楷にある レストランを訪れたら、メニューが変わっていまし …

ご先祖様どころか、祖父母についても知らないことばかり。三鷹がテレビに出てきたら、母が話し始めた……。

NHKの「ファミリーヒストリー」という番組。 ご覧になったことはありますか? 有 …