亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

熱中症を注意する余りの水の飲み過ぎにご注意。むくみ、だるさなど水毒にも注意。常温でこまめに補給。

   

東京は2016年7月3日、暑い一日でした。

夕方に買い物に出かけたのですが、
外気温を示す車の温度計は33度になっていました。

こうした日は、熱中症にならないように
水分の補給をと言われます。

確かに正しいのですけれど、一方で、
水分の取り過ぎによる体調不良もあるそう。

悪いのは、冷蔵庫で冷やした
冷たい水や飲料を一気に飲むこと。

これを繰り返すと、漢方でいう水毒になり、
むくみ、体の冷え、頭が重い、しびれ
といった症状が出ることがあるようです。

飲みやすいからといって冷たい水分を多量にとると、
体を中から冷やしてしまう。

また冷たいと、甘さに対する感覚がまひしてしまい、
糖分の多い飲料を飲みがちになります。

そうすると、分解に貴重なビタミンを使ってしまい、
これも体調を狂わせる原因の一つになるようです。

小さい時に言われたのは、
こまめに水をとること。
その時には、梅干しなどの塩分を
含む食べ物も一緒に少し、取る方が良いと。

少し前までは、冷蔵庫に入れたミネラルウォーター、
また氷を入れた水を、がぶ飲みしていたのですが、
最近は、常温、もしくは、冷やした水を常温の水で割り、
少しだけ冷たい水にして飲んでいます。

また朝起きた時、10時の珈琲タイムには一緒に水を、
お昼ご飯の後はお茶。三時、夕食後、風呂の前と後、
就寝前と、なるべく決めて、口を湿らせるように。

そのおかげか、調子はよいようです。

夏なのに冷えるとか、足がむくみという方は、
水の飲み過ぎを疑ってみてください。

運動不足でも水が体に滞留するようですので、
少し歩いて汗をかいたり、
お風呂に入り、やはり汗をかいたりし、
新陳代謝をよくし、水分を適性に保つようつとめる
といいみたいです。

自分もなるべくそのようにしています。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

年を取れば取るほど薬、サプリメントに注意。分解、排泄する肝臓・腎臓の機能が低下するため。

昨年の秋に受けた健康診断。 以前に比べて、腎臓、肝臓の値が悪くなっていました。 …

北干住、銀糸町でもOK。ジョルダンの乗り換えサービス。間違いはビジネスのもと。

東京メトロ千代田線の北千住駅の 駅名表示が間違って、「北干住」と なっていた。 …

他の生徒の「万引き」で推薦受けられず自殺した広島・中学三年生の問題。間違い、間違われた時にどうするか?

広島県府中町で中学3年の男子生徒が自殺した問題。 いろいろな事実・経緯が明らかに …

中原誠将棋名誉王座が脳出血、大腸がんで引退した後、励みにした画家・中川一政の生き方。真鶴の港を20年間描き続ける。

日本経済新聞の「私の履歴書」。 著名人が自分の人生を振り返る 人気の連載です。 …

パウダー健康法の知人。最近のブームは、各種出汁粉末を食べること。イチオシは帆立パウダー。

以前にもご紹介した 野菜・魚介類などの 各種の天然素材を細かなパウダーにして、 …

2016年2月3日、節分、慶應義塾中等部入学試験。福沢諭吉先生の命日「雪池忌」。お墓にお参り。

2016年2月3日、節分ですね。 近所の薬研堀不動では、 昼過ぎから豆まきが行わ …

靴下、ルームシューズを今シーズン初めて着用。冷えを知る。早め早めの対策が必要。

このところ、暑くなったり、 急に寒くなったりと天候が不順です。 なので着る物に困 …

ものは言いよう。失敗を責め立てない魔法の言葉は「惜しいなー」。

知合いから聞いた話です。 「物は言いよう、ハサミは使いよう」。 言い方ひとつで、 …

善循環。見たり聞いたりしたことありますか?

「善循環」という言葉をご存じでしょうか? 2015年7月22日、日経流通新聞の連 …

「幸運な大発見は『準備された心』にやってくる」(パスツール)。神様にお願いをしてはいけない。報告せよ。

先日、仕事上の先輩に会いました。 聞かれたのは、 「新しいことをやっているか?」 …