亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

年齢を重ねたら、やらねばならぬことより、決してしないことを決め、身を律する。

      2016/07/08

年を重ねると、外見もくたびれ、
精神も衰える。

これまでと同じにしようと思っても、
能力の低下で同じには出来ない。

身だしなみ一つとっても、
「もういい年なんだから、いいやいいや」
と、かまわなくなって、だらしなくなってしまう。

思い当たります。

年配の知合いは、年を取っての
だらしなさを防ぐため、
あることを決めているそうです。

それは、何かを「すべき」と決めるのではなく、
決して「しない」ことを自分で決め、
それを守ることで身を律するということです。

例えば、
食べ放題、飲み放題の店には行かない。

その人は、お酒も食べるのも大好き。
なのでそうした店に行ってしまうと、
きっと、元をとろうとか、お腹いっぱい食べようとか
思ってそれを実行してしまう。
それは自分の中では許せない。
なので、年を重ねた今は、
そうした店には近づかない。

他にも、無料プレゼント、試供品、
2個買うと1個おまけなどは、
決してもらわない。

若い時は、そうしたものや
お得なことが大好きだったそう。

けれど、振り返って見て、
結局そうしてもらったものは、大事に扱わない。
中には、ゴミになってしまったものもあると
気づいたとのこと。

それらは、その人にとっては、
生活や精神を乱すものとなっていたんですね。

自分なりの禁止事項を作って、
生活を律するというのは、
なかなか難しいことかもしれませんが、
逆にそうすることで、気持ちが落ち着くこと
があるという気もします。

知合いを見習い、自分なりの禁止事項を決め、
実行します。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2015年3月31日正午でデジアナ変換のテレビ放送終了。

2015年3月31日午後7時からのNHKのニュースを見ようと、 自宅の自室のテレ …

岐阜の伯母さんから勧められ、母が始めたこと。「大人の塗り絵」。無心になれる。

母より3つ上の岐阜の伯母さん。 たまに電話がかかってきて、 母とおしゃべりをして …

知人が実家を整理して見つけた小中高時代の作文、卒業文集。そこに書かれていた将来の夢は?  

スポーツ選手、芸能人、文化人など、 何かをなしとげ、知られるようになると、 きま …

養子に出された子どもは知能が高い。異なる価値観に触れる。

2015年9月7日の朝日新聞、 《Journal M》《反抗期を乗り切るために》 …

「ついになってしまった65歳。悪いことばかりじゃない」と知人。金曜日は銭湯の日。その訳は? シニア割引。

ついこの間、定年になった と思っていた知合い。 先日、あったらもう65歳だそう。 …

人生には何度でも起点あり。1年には何度でも出発点あり。10月1日は節目の日。

2015年9月30日ですね。 明日10月1日から2015年度の下半期 という会社 …

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

漫画家・西原理恵子さんが、 毎週月曜、毎日新聞朝刊に 連載している「毎日かあさん …

甥っ子と姪っ子にバレンタインのチョコをプレゼント。甥っ子と姪っ子孝行に励む独身の友達。その心は?

バレンタインデー。 日曜日なので義理チョコが なくてよかったという人も いらっし …

「お湯拭きしなさい」。友達はそういった。その効能は?

家、事務所はフローリング。 冬でも基本的に裸足で、 その中をうろうろしています。 …

消費期限間近の「高級カニ缶」を母と一緒に食べた。母と自分の感想。

ちょっと気が早いですけれど、 まもなく9月1日。 この9月1日と1月17日、 そ …