亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

永六輔さん。亡くなる。各地を旅して、そこの体験、空気を、放送で伝える。民俗学者・宮本常一の言葉を実践。

   

放送作家、作詞家、エッセイスト、
ラジオパーソナリティなど
数多くの肩書きを持ち、放送の世界で活躍された
永六輔さんが亡くなられました。

テレビ、ラジオに、出演されているのを、
見たり聞いたりするだけでなく、
ご実家のお寺(最尊寺)で行われていた
会を聞きに行ったり、東京の映画館や、
地方などで、何度もお目にかかったことがあります。

たくさん書かれた本も読んでいます。

なので、テレビ、ラジオからなのか、
ご本からなのか、それとも直接ご本人からなのか、
その経路は定かではないのですが、ともかく
世の中の面白い話、不思議な話、ためになる話を、
永さんから、いくつも知る事ができました。

永さんは、師である民俗学者の宮本常一さんに
言われたことを、実践していると
常々おっしゃっていました。

「ラジオは電波だ。電波はどこにでも飛んでいく。
だからきみもどこへでも飛んで行って、
スタジオでなく、電波が届いた先がどうなっているのかを
見聞きしなさい。話を聞きなさい。そして、それを持って
帰ってスタジオで話しなさい。」

ベストセラーになった本の中には、
そうした旅で得た多くの人々の言葉を
集めたものがいくつもありました。

その影響だと思いますが、
自分も地方に出かけては、
特に高齢者の話を聞くように心がけていました。

ガイドブックや本には出ていない、
その地方の歴史や考え方、知恵などを
いくつも教わりました。
(佐渡島の人里離れたある集落、そして、
新潟と山形の県境にある山中の村を訪れた時、
そこにも永さんが何度も来たことがあるとわかりビックリ)

もうずいぶん前になりますが、
銀座の映画館で
お見かけしたことがあります。

残念ながら映画のタイトルを
忘れてしまったのですが、
とてもいい映画でした。

見終わった後、映画館を出たところで、
やはりその映画をご覧になった永さんと
一緒になりました。

こちらが、「いい映画でした」
と声をかけると、にっこり笑って、
「いい映画を見ると、顔でわかるね」
と言葉を返してくれました。

作務衣(?)にずだ袋を下げて、
銀座4丁目方向に、さっそうと
去って行った姿を、
昨日のことのように覚えています。

ご冥福をお祈りします。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「水五則」は黒田官兵衛(黒田如水)が作者なのか?

黒田官兵衛。 大河ドラマ「軍師官兵衛」にもなったので、 一気に知名度があがりまし …

2015年ノーベル物理学賞、ニュートリノ研究の梶田隆章さんら2人に。

2014年そして昨日に続いて、日本人の研究者が またノーベル賞受賞です。 スウェ …

ある焼き肉店の店主。味のためにどんどん捨てる肉。儲けより信念。誠実さとは。

先日、NHKの番組「プロフェッショナル」で、 山谷のコーヒー豆焙煎、喫茶店のカフ …

一人暮らしの知合いたが、旅の仲間(旅友)を募るサイトを利用。

一人旅も良いですけれど、 集団で行く旅行も思い出を後で、 語り合え楽しいですね。 …

冬、暖かい部屋でアイスクリーム。おいしいけれど。がんの人は要注意。嗜好の変化。

冬、お風呂上がりに、 暖かい部屋でアイスクリーム。 おいしいですよね。 自分も若 …

閖上。「ゆりあげ」。「閖」はどんな意味と母から質問。知ったかぶりは知識を狭める。

昨日だったか、朝、ご飯を食べていると、 母が新聞を持ってきて、尋ねました。 「こ …

2015年の「七味五悦三会(しちみごえつさんえ)」。最後に近所のラーメン店のラーメンが七味に入るか。

2015年もあと1日となりました。 仕事を終え、家の掃除に追われている という方 …

不食の本の広告を見て思い出した。「ばあちゃん」から聞いた、不食不老の不思議な女性のお話。

先日来、新聞に、 の広告が掲載されています。 広告、書籍の紹介によれば、著者は、 …

読売新聞の連載「名言巡礼」。小説、映画などの名言の舞台となった土地を訪ね、言葉が生まれた物語・背景を伝える。

「旅には本を」。 この言葉を教えてくれたのは、 大学の同級生だったと思います。 …

「いらなくなった本棚、譲ります」と、大量の蔵書を整理・処分した知合い。「本の並びは自分の頭の中の歴史」。

読書週間が始まりました。 最近では、電子書籍が徐々に 普及していているようです。 …