亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

永六輔さん。亡くなる。各地を旅して、そこの体験、空気を、放送で伝える。民俗学者・宮本常一の言葉を実践。

   

放送作家、作詞家、エッセイスト、
ラジオパーソナリティなど
数多くの肩書きを持ち、放送の世界で活躍された
永六輔さんが亡くなられました。

テレビ、ラジオに、出演されているのを、
見たり聞いたりするだけでなく、
ご実家のお寺(最尊寺)で行われていた
会を聞きに行ったり、東京の映画館や、
地方などで、何度もお目にかかったことがあります。

たくさん書かれた本も読んでいます。

なので、テレビ、ラジオからなのか、
ご本からなのか、それとも直接ご本人からなのか、
その経路は定かではないのですが、ともかく
世の中の面白い話、不思議な話、ためになる話を、
永さんから、いくつも知る事ができました。

永さんは、師である民俗学者の宮本常一さんに
言われたことを、実践していると
常々おっしゃっていました。

「ラジオは電波だ。電波はどこにでも飛んでいく。
だからきみもどこへでも飛んで行って、
スタジオでなく、電波が届いた先がどうなっているのかを
見聞きしなさい。話を聞きなさい。そして、それを持って
帰ってスタジオで話しなさい。」

ベストセラーになった本の中には、
そうした旅で得た多くの人々の言葉を
集めたものがいくつもありました。

その影響だと思いますが、
自分も地方に出かけては、
特に高齢者の話を聞くように心がけていました。

ガイドブックや本には出ていない、
その地方の歴史や考え方、知恵などを
いくつも教わりました。
(佐渡島の人里離れたある集落、そして、
新潟と山形の県境にある山中の村を訪れた時、
そこにも永さんが何度も来たことがあるとわかりビックリ)

もうずいぶん前になりますが、
銀座の映画館で
お見かけしたことがあります。

残念ながら映画のタイトルを
忘れてしまったのですが、
とてもいい映画でした。

見終わった後、映画館を出たところで、
やはりその映画をご覧になった永さんと
一緒になりました。

こちらが、「いい映画でした」
と声をかけると、にっこり笑って、
「いい映画を見ると、顔でわかるね」
と言葉を返してくれました。

作務衣(?)にずだ袋を下げて、
銀座4丁目方向に、さっそうと
去って行った姿を、
昨日のことのように覚えています。

ご冥福をお祈りします。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

非常食にゼリー飲料。森永製菓は自社製品の「食べて補充」(ローリングストック)を提案。

ゼリー飲料。 召しあがったことがありますか? 昼ご飯を食べる時間もおしい という …

神武天皇は実在の人物か? 三原じゅん子氏への池上彰氏のインタビューを巡って。「八紘一宇」。紀元節、建国記念の日。

参議院選挙の開票の様子を伝える テレビ東京の選挙特番「池上彰の参院選ライブ」を …

140年余り続く練り物店佃權(つくごん)、廃業。母の嘆き。いきつけの魚屋さんから聞いてくる。

毎週金曜日に家の近所に来る魚屋さん。 築地や浦安市場から仕入れた 新鮮で高級な品 …

金山寺味噌は夏の食べ物。苦手だった子どもの時。大人になって食べたら……。

金山寺味噌。 あなたはご存じですか。 2017年9月9日、読売新聞夕刊の 連載《 …

捨印の意味。ご存じですか? 銀行の申し込み、契約書などに押したことありますよね。

夜に帰宅し、居間に行ったら、 家族から突然の質問を受けました。 「捨印の意味って …

「温活」継続中。1年前に較べ体温が上がり調子よし。白湯、スクワット、ルームシューズ。末端温め。

丁度1年前、体温を久しぶりに測ったところ、 若い時に較べ、かなり低くなっており、 …

鉄分と認知症の関係。あさりの水煮缶を愛用する知人。

先日、知合いとの雑談の中で、 認知症と鉄分の関係の話が出ました。 自分は知らなか …

ドキッとした言葉。「あなた、今、ときめいている人、ことはある?」。高齢の知人のときめきの工夫。

最近、80代の知合いにいわれ、 ドキッとした言葉があります。 「あなた、今、とき …

おばあちゃんになった同級生。孫疲れに悩む。ランドセル、お盆玉。

何年か前、小学校の同級生が おばあちゃんになりました。 それを聞いた時、 そんな …