亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「荷物は小さく軽く」。身軽にして、動きやすく。元祖ミニマリストの祖母の教え「人生の荷物も小さく軽くが良し」。

   

東京のお盆は過ぎてしまいました。

母が亡くなった祖母のことについて、
語るとはなしに、語っていました。

きつい性格の人だったけれど、
母とは相性が良く、
世話をした御礼に
いろいろなモノをもらったそう。

元祖「断捨離」女子というか、
ミニマリストというか、
年を重ねるにつれて、お金も含め、
身の回りのモノをどんどん手放していって、
亡くなる時には、本当に生活に必要な
最小限のモノだけで暮らしていたとのこと。

その祖母が良く語っていたのは、
「モノは小さく軽いが良い」ということ。

服でも、バッグでも、また包丁、鍋などの道具でも、
同じ機能を果たすなら、小さくコンパクトで、
しかも軽いものが優れていると。

小さくて軽いと、使う時にも使いやすくなり、
また収納場所のとらず、また持ち運びもしやすいので、
どんどん持ち運び、活用することができる。

外出する時も、小さな袋に、
必要最小限のものを詰め、
出かけていたんだそう。

年をとると、これまで平気だったものの重さが身に応える。
そうすると、その重さでそれを使うのがおっくうになり、
また外出も控えるようになる。

一方で、軽い小さなものだと、軽いので使いたくなり、
また身軽なので、外出するのもいやにならないと。

そしてこの小さく、軽くというのは、
モノだけでなく、人生についてもそうだと。

人生の荷物も小さく、軽くしておくと、
肉体、精神も楽になり、動ける。

人生で失敗したり、しくじるのは、
自分の器量に対して大きく重いものを
持ちすぎているときだと。

いつも背中に大きく重い荷物をしょって、
取引先を歩いている自分は、
「なるほどなー」と感心することしきりです。

今、当たり前として持っているモノが、
果たして必要か。

もっと減らせないか、軽く小さくできないか。

見直して見る必要があるのでしょうね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「一日一葉」。毎日、何を撮影するのか被写体を選ぶのが楽しみという高齢の女性。

以前、毎日、写真俳句を作っている という高齢の方の話を書きました。 写真俳句は、 …

知人が最近買って感激したという2つの家具とは? 腰痛緩和、血行不良解消。

知合いが最近、2つの大きな家具の 買い物をしたそうです。 どちらも買って良かった …

渋谷、宇田川遊歩道を歩くと、キンモクセイの香りが。蘇る記憶、思い出。

取引先での会議のため、渋谷駅から、 宇田川遊歩道を通ったら、 甘いけれど爽やかな …

家に来ていたつがいのホオジロ。一羽がいなくなり、ひとりぼっち。年を取ると、花鳥風月が心にしみる。

家に少しだけ木が植わっています。 そこに様々な生き物がやってきます。 一番多いの …

老後破産。独身・一人暮らしの友達が老後について計算したら……。

同年代の独身の友人に、 先日久しぶりに会いました。 これまでいつも元気だったのに …

退職金を使ってリフォーム。掃除不要のバスタブ、換気扇に奥さん大満足。

定年退職して退職金をもらった知合い(男性)。 子供部屋をリフォームして、 趣味の …

金山寺味噌は夏の食べ物。苦手だった子どもの時。大人になって食べたら……。

金山寺味噌。 あなたはご存じですか。 2017年9月9日、読売新聞夕刊の 連載《 …

参議院議員の三原じゅん子さんが段差で転ぶ。緑内障、目のトラブルが隠れている場合も。転倒予防する。

元女優で、参院議員の三原じゅん子さん51歳が、 2016年1月4日、段差で転んだ …

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …

「速聴、高速音読」で頭のサビがとれたという知合い。

年とともに衰える記憶力、頭の働き。 ある程度、年齢を重ねた方なら だれでも感じた …