亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

少し前、友達が5年経過のお祝いをした。何のことかと思ったら、「5年生存率」だった。自分の命を守るのは自分。

   

先日、友人と食事をしました。

その席で友人が、5年経過のお祝いをした
と話してくれました。

一瞬何のことかわからなかったのですが、
そういえば友人はがんで手術を受けたことを
思い出しました。

そうその手術からさきごろ5年が過ぎた。
それを祝ったということでした。

なぜ5年なのか?

医学の世界では、「5年生存率」との言葉・考え方がある。

これは
「病気と診断された患者さんたちが、
5年後に何%生存しているか」という値。

5年という年月は一つの
目安・区切りとなる数字なんですね。

多くのがんにおいて、
5年間生存したらそのがんは治癒した
と考えられているんだそうです。

友達は、今ではすっかり元気とはいかないまでも、
定期的に病院に通い、経過を診てもらうとともに、
リンパのマッサージなどにも通っているとのこと。
(健康な人でもそけい部、脇の下のリンパをもむとよいそうです)

友達が話していたのですが、どんながんでも、
ステージⅠの早期がんの5年後の生存率は、
ほとんどのがんで9割。(肺がんはおよそ78%)

つまり早期発見し、治療を進めれば、
がんは治る病気ということ。

その友達の場合は、もう少しステージが進んでいたので、
がんと告げられた時は、かなりショックを受けたそう。

ただ同じ病気でお母さんを失っているので、
ある程度の覚悟や先行きを見通せたともいいます。

またそのときに思ったのは、
なんでもそうだけれど、
医者との相性があるということ。

ある患者さんにとってよいお医者さんでも、
自分や家族にとっては合わないこともある。

通院の都合などもあるけれど、
相性が悪いと感じたら、病院、医者を
変えることも考えた方がよいとアドバイスされました。

また同じ病気の仲間との交流は、
様々な情報を得られるという他にも、
精神的な安定につながるので、
そうした場所があれば参加した方がよいとも。

自分の命を守るためには、
やはり自分が積極的に動かないとダメ。

それを一番痛切に感じたとも話していました。

とても参考になる友人の体験談でした。

〇2016年7月。
国立がん研究センターががんの5年生存率の
全国推計値が62.1%であると公表しました。
《全がん協加盟施設の生存率データの更新にあたって》
http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

何か目標を実現したいなら、精神力を求めるのではなく、環境・仕組みを整えなさい。行動経済学。

年の初めにたてた今年の目標。 着実に実現に向かっていますか。 もう実現されて新た …

秘密のお米結社から、ブランド米の贈り物。今日は龍の瞳、昨日はなすひかり。

最近、日本各地で様々なブランド米が 誕生し、販売されていますね。 北海道のななつ …

実家の巨大な仏壇・仏具を整理した知合い。純金のおりんの価値を知る。

実家の家を整理する「親家片(おやかた)」が 話題になっていますね。 知合いに何人 …

昔の映画パンフレットが大量に。内容はともかく、見たことすら記憶にない映画がいくつも。自分の記憶に危機感。

部屋の掃除・片づけをしていたら、 大量の映画パンフレット、 プログラムが出てきま …

「ネコライオン」展が開かれている日本橋三越本店に猫おじさん、現れる。ライオン像に猫のせる。

何年か前、銀座、新宿の繁華街の 道端の看板の上やお花見の頃、上野公園の桜の枝に …

肌ぴかぴかおじいさんの使っていた小さな布の正体とは?

夏になって少し回数が減りましたけれど、 銭湯に通っています。 長風呂で身体の血行 …

知らない男性名義の怪しい封書が届いたので、開けてみたら……。同窓会、同窓生を装った勧誘に注意。

お昼を自宅でとろうと、仕事場から戻ってきたら、 お茶の間のテーブルの上に、自分あ …

「ヤマトナデシコ(大和撫子)」の意味を若い人に聞いてみたら……。

なでしこジャパン。 女子サッカーW杯が行われたカナダから 帰ってきました。 連覇 …

元横綱千代の富士の九重親方、膵臓がんで亡くなる。軽量、怪我を猛烈な稽古とトレーニングで克服した横綱の中の横綱。

元横綱・千代の富士関、九重親方が、 膵臓がんで、2016年7月31日亡くなられま …

若い頃、1日テレビ3時間以上見ていた人は、40~50代になって記憶力が低下。アメリカの医学誌に論文。

一日にテレビを何時間、ご覧になっていますか? 高齢で一人暮らしの場合、かなり多い …