亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

少し前、友達が5年経過のお祝いをした。何のことかと思ったら、「5年生存率」だった。自分の命を守るのは自分。

   

先日、友人と食事をしました。

その席で友人が、5年経過のお祝いをした
と話してくれました。

一瞬何のことかわからなかったのですが、
そういえば友人はがんで手術を受けたことを
思い出しました。

そうその手術からさきごろ5年が過ぎた。
それを祝ったということでした。

なぜ5年なのか?

医学の世界では、「5年生存率」との言葉・考え方がある。

これは
「病気と診断された患者さんたちが、
5年後に何%生存しているか」という値。

5年という年月は一つの
目安・区切りとなる数字なんですね。

多くのがんにおいて、
5年間生存したらそのがんは治癒した
と考えられているんだそうです。

友達は、今ではすっかり元気とはいかないまでも、
定期的に病院に通い、経過を診てもらうとともに、
リンパのマッサージなどにも通っているとのこと。
(健康な人でもそけい部、脇の下のリンパをもむとよいそうです)

友達が話していたのですが、どんながんでも、
ステージⅠの早期がんの5年後の生存率は、
ほとんどのがんで9割。(肺がんはおよそ78%)

つまり早期発見し、治療を進めれば、
がんは治る病気ということ。

その友達の場合は、もう少しステージが進んでいたので、
がんと告げられた時は、かなりショックを受けたそう。

ただ同じ病気でお母さんを失っているので、
ある程度の覚悟や先行きを見通せたともいいます。

またそのときに思ったのは、
なんでもそうだけれど、
医者との相性があるということ。

ある患者さんにとってよいお医者さんでも、
自分や家族にとっては合わないこともある。

通院の都合などもあるけれど、
相性が悪いと感じたら、病院、医者を
変えることも考えた方がよいとアドバイスされました。

また同じ病気の仲間との交流は、
様々な情報を得られるという他にも、
精神的な安定につながるので、
そうした場所があれば参加した方がよいとも。

自分の命を守るためには、
やはり自分が積極的に動かないとダメ。

それを一番痛切に感じたとも話していました。

とても参考になる友人の体験談でした。

〇2016年7月。
国立がん研究センターががんの5年生存率の
全国推計値が62.1%であると公表しました。
《全がん協加盟施設の生存率データの更新にあたって》
http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

断捨離と一緒に省エネも実施した知人宅。電気代、ガス代などが激減。

東京都にお住まいのあなた。 白熱電球2個をLED電球に交換しましたか。 現在、特 …

《NEXTスペシャル▽愛しい我が子が誘拐された~中国“行方不明児20万人”の衝撃》。

昔、アメリカを旅行した時、 現地のスーパーマーケットに寄りました。 その牛乳売場 …

良い習慣をつけるためには? アプリの力を借りる。年頭の誓い、守れていますか?

明日は1月10日。 2016年になってもう10日ですね。 年の初めに、今年の誓い …

「ラッキーを待つ人にラッキーはこない。ラッキーをあげる人にラッキーはくる」。最近知り合った人に教わった言葉。

最近、知り合った人と話したときに 印象に残った言葉を記しておきます。 なにかの拍 …

ケチャップ大好き、トランプ氏。最高級の和牛ステーキにケチャップ? 

トランプ大統領が来日しましたね。 2017年11月5日、安倍総理と ゴルフクラブ …

美術家・篠田桃紅さん。「103歳になってわかったこと」。

篠田桃紅さん。 ご存じでしょうか? 墨書のほか、金箔、朱泥を使った書や、 壁画・ …

特製手帳リフィル1万枚を使い切った知合い。さて追加のリフィルを何枚、注文するか?

あなたは手帳をお使いですか? スケジュール、メモなどは 紙ではなく、スマートフォ …

認知症に効果? 夢の薬、物質か、「プラズマローゲン」。日本が精製、実験中。

認知症。 高齢化社会を迎えた日本だけでなく、 世界的にも患者が増えている病気です …

日本一の鰻屋さんはどこにある? 大昔、自分も行っていたが……。あてにならない記憶。

昨日、鎌倉のお店で友達と食事をしました。 イタリアンを食べながら、 最近食べた美 …

告別式で故人の知られざる善行、社会貢献を知る。「棺を蓋 (おお)いて事 (こと)定 (さだ)まる」。

仕事で長年、お世話になり、 師匠ともいうべき方の告別式に 参列してきました。 そ …