亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

朝日新聞連載の「折々のことば」を毎日書写する知人。読み、切り抜き、書き写し、貼るというアナログな行為が言葉を血肉にする。

   

以前、このブログで、毎日、筆ペンや筆で、
自分の好きな言葉や偉人の言葉を手書きする
という知人について書きました。

デジタル時代、手書きをしなくなりましたが、
脳のためには、この手書きがとても良いようです。

別の高齢の知合いの方も、
日課として書写を行っているとのこと。

以前は、朝日新聞の天声人語を読み、
写していたそうですが、少し長く感じるように。

そこで、同じく朝日新聞連載の「折々のことば」を
書き写すことにしたそうです。

《連載:折々のことば
474 慰めもせず、冗談で元気づけ…
鷲田清一2016年7月31日05時00分》

哲学者のさんが、様々な方の言葉を選び、
紹介している連載です。

2016年7月31日は、歌人・生命科学者の永田和宏さん。
奥さまである河野裕子さんをガンで亡くされています。

《慰めもせず、冗談で元気づけようともせず、
泣いていたわけも訊(き)かず、ただただ
横に座って居ただけだった。》

この言葉の後に、鷲田清一さんの思いやら、
言葉の背景などが短い文章で綴られています。

知合いは、まず言葉とその解説をしっかりと読み、
その後、最初のことばのみをゆっくりとノートに
筆ペンで書き写すとのこと。

書き写した後、切り抜きをはります。

そうすることで、その言葉、また解説が
自分の血肉になるようだとも。

朝、新聞を読み、この欄を切り抜き、
読んで、筆写。

これが朝のよいリズムとなり、
その日一日を充実して過ごせるようになったとも。

デジタルではなく、手がかき、切り抜き、
ノートに貼り付けるアナログが言葉に
実感を持たせるのかもしれませんね。

素材は別にしても、真似したいと思います。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

人生は脇道、寄り道、曲がり道。

先日、地下鉄の駅から自宅への帰り道にある、 飲み屋の前で、「寄り道セット1000 …

長年使っていた羽毛布団を新素材の布団に変えた知人。暖かさと軽さに驚く。

寒い季節。 あなたはどんな布団でお休みになっていますか? 自分は、もうずいぶん前 …

同年代の友達と知合い。病院、薬の話題ばかりに。

同窓会で、集まると、どんな話題になるか。 恋愛、就職、結婚、子ども。 若い時はそ …

初月給。母親の遺品を整理。鏡台の引き出しに残されていたのは……。

4月25日は、 「ファーストペイデー(初任給の日)」 と呼ばれるのだそう。 初め …

「食材の在庫が多い店の料理はまずい」。考えさせられた言葉。

先日、料理人の方々と食事。 いろいろと興味深い話を伺ったのですが、 その中で、一 …

若手女優が「出家」で芸能界引退で思い出した、知人の永平寺での修行。

ある若手女優が家族が信じる宗教活動に 専念したいということで、芸能界を引退 とい …

ゴムチューブを使って、高齢者の筋肉維持、転倒予防を。若い人も体幹鍛錬、ダイエットに。

年を取ると鍛えなければ、 筋肉はどんどん減っていきます。 減れば生活に支障が出る …

「両親は私が生まれた時に桐の木を植えてくれた。自分が亡くなったら木の下に眠りたい」。樹木葬。

赤ちゃんから幼児の頃、母が仕事をしていたため、 近所のおばあさんに朝から夜10時 …

知人から勧められたゼリー健康法。ゼラチンを買って手作り。良質なタンパク質は高齢者ほど必要。

寒い間は、冷たいものは、 たとえ健康にいいものでも、 なかなかとりにくいものです …

90歳近いのに、夏でも外を歩き回る叔母さんの元気のもとは、ミルク粥。

日曜日のお昼前、家にいたら、 勝手口のインターフォンが鳴りました。 誰だろうと思 …