亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

朝日新聞連載の「折々のことば」を毎日書写する知人。読み、切り抜き、書き写し、貼るというアナログな行為が言葉を血肉にする。

   

以前、このブログで、毎日、筆ペンや筆で、
自分の好きな言葉や偉人の言葉を手書きする
という知人について書きました。

デジタル時代、手書きをしなくなりましたが、
脳のためには、この手書きがとても良いようです。

別の高齢の知合いの方も、
日課として書写を行っているとのこと。

以前は、朝日新聞の天声人語を読み、
写していたそうですが、少し長く感じるように。

そこで、同じく朝日新聞連載の「折々のことば」を
書き写すことにしたそうです。

《連載:折々のことば
474 慰めもせず、冗談で元気づけ…
鷲田清一2016年7月31日05時00分》

哲学者のさんが、様々な方の言葉を選び、
紹介している連載です。

2016年7月31日は、歌人・生命科学者の永田和宏さん。
奥さまである河野裕子さんをガンで亡くされています。

《慰めもせず、冗談で元気づけようともせず、
泣いていたわけも訊(き)かず、ただただ
横に座って居ただけだった。》

この言葉の後に、鷲田清一さんの思いやら、
言葉の背景などが短い文章で綴られています。

知合いは、まず言葉とその解説をしっかりと読み、
その後、最初のことばのみをゆっくりとノートに
筆ペンで書き写すとのこと。

書き写した後、切り抜きをはります。

そうすることで、その言葉、また解説が
自分の血肉になるようだとも。

朝、新聞を読み、この欄を切り抜き、
読んで、筆写。

これが朝のよいリズムとなり、
その日一日を充実して過ごせるようになったとも。

デジタルではなく、手がかき、切り抜き、
ノートに貼り付けるアナログが言葉に
実感を持たせるのかもしれませんね。

素材は別にしても、真似したいと思います。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

目やには肝臓の疲れ。眉毛の上をこすれとアドバイスされる。

最近、朝起きたとき、 目やにが目立つようになりました。 目やにがこんなに出るのは …

外出先での災害に備えていますか? 用意周到な知人に学ぶ。

9月1日の防災の日は過ぎました。 足りないものを補充されましたか? 家だけでなく …

若者と年配の2人組。若者が「生きている実感がしないんです」と相談。年配の人はどう答えたか。

先日、某所で、今年大学に 入ったばかりの若者(男性)が、 年配の男性に人生相談し …

あなたの利き腕はどちら? 反対側の腕、手は使っていますか? 逆を鍛えると脳を活性化し、認知症予防になるとか。

右利きの方、多数派ですね。 事務の仕事をされている方は、 パソコンのキーボードを …

給食から、あのソフトめんが消える? 小さい時の味の記憶。

学校給食の思い出。 いろいろあります。 地域や年代によって、いろいろと異なってい …

夕陽を眺める旅。秋の夕暮れ。人生の夕暮れ。JR四国予讃線の下灘駅に集まる人々。

先日、NHKのドキュメンタリー番組 「ドキュメント72時間」で、 愛媛県伊予市双 …

50の坂。60,70、80と坂はどんどん急になる。坂を越えると2から3年はすっといく。

人生を坂に例えることがよくあります。 有名なのは徳川家康が言ったとされる 「人生 …

年齢を重ねたら、やらねばならぬことより、決してしないことを決め、身を律する。

年を重ねると、外見もくたびれ、 精神も衰える。 これまでと同じにしようと思っても …

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …

若手女優が「出家」で芸能界引退で思い出した、知人の永平寺での修行。

ある若手女優が家族が信じる宗教活動に 専念したいということで、芸能界を引退 とい …