亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

消費期限間近の「高級カニ缶」を母と一緒に食べた。母と自分の感想。

   

ちょっと気が早いですけれど、
まもなく9月1日。

この9月1日と1月17日、
そして3月11日に、
備蓄食料などの点検・補充を
することにしています。

点検して、消費期限が近いものは、
次のものを用意したら、すぐに
消費すなわち食べることにしています。

先日、台所の食器棚の下にしまってある
缶詰・瓶詰めを母が点検しました。

するとその中の「カニ缶」の消費期限が
近いことがわかりました。

これは母や自分が買ったものではなく、
お中元かお歳暮でいただいたもの。

タラバガニの脚肉が
たっぷりと入った高級品です。

このまま期限が切れて
捨てるのはもったいないと
その日の夕食に開けて食べることにしました。

小さい頃、カニ缶といえば、高級品。
なかなか食べられなかったものです。

それは母も同じ。

そのカニ缶は、わが家で通常買っていたものより、
さらに高級な贈答用のものなので、
とても期待して、缶切りであけ、
白い紙を開き、身を取り出して
お皿に盛りました。

母と一緒に大きな脚肉を口にしました。

しばらくして、どちらからともなく、
「思ったほど、美味しくないねー」。

そうなんです。

昔は美味しい、貴重と思ったカニ缶ですが、
久しぶりに食べてみると、そんなに美味しくはない。

消費期限が近いからでしょうか?
いやいや、缶詰の味は消費期限間近でも
そんなに落ちはしないと聞くし……。

これはどうしたことなんでしょうか。

二人の結論としては、
冷凍とはいえ産地直送の
タラバガニ・ズワイガニを
食べ慣れたからではないかということに。

今、グルメな缶詰がたくさん作られ、
缶詰バーなども次々とできるなど、
缶詰のおいしさがクローズアップされ、
人気となっています。

けれど一方で、上のカニ缶のように、
缶詰以外に、簡単により美味しいものが
手に入るようになった素材は、
昔ほど、ありがたみがなくなってしまった
のかもしれません。

母と一緒に、昔のカニ缶の貴重さ、おいしさを
懐かしく語り合ったことでした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

祖母曰く「人は得意なことで失敗する」。徒然草第109段「高名の木登り」。

昔、中学の古典の授業で、 徒然草を習いました。 その中の第109段に 「高名の木 …

「人が一番、幸せを感じるのはどんな時」。その答えは? 世話をするより世話をする。

どこで知ったか、教えてもらったか 忘れてしまったのですけれど、 次のような内容が …

取引先の人から打ち合わせの後、驚くべき告白。定年前の海外移住。

取引先で打ち合わせ。 1時間くらいで終わり雑談。 取引先の人は、9月に入ってから …

「出会い水」とは? ご飯炊きも教育も最初が肝心。

新米の美味しい季節となりました。 美味しいお米を炊くのに、 非常に大切なのが、「 …

ビワの実の嫌な思い出の理由は? ビワと疫痢。ビワのお灸。ビワの葉の煮出し液を入れたたらいで行水。

先日、訪れたスーパーの果物売り場に、 早くもビワの実が並んでいました。 ビワ、お …

手書きは脳を活性化。なるべく手書きを増やすために、知合いが取り入れたものは?

漢字を読めるが書けなくなる。 パソコン、スマートフォンが普及して、 そうした人が …

夏休みに断食で体をリフレッシュする知合い。

先日、夏休み中に、パソコン、 スマートフォンから離れる デジタル断食を行なう取引 …

9月6日は「黒の日」。黒澤明監督の白黒映画の黒。祖母の2つの黒の教え。

9月6日。 語呂合わせで「黒の日」。 もともとは京都黒染工業協同組合が、 「黒染 …

サンマ不漁、やせて小さな初さんま定食を食べて思い出した「サンマの教え」。

サンマが不漁で 気仙沼で開かれる予定だった 「『海の市』サンマまつり」が 中止に …

木の音を聞いたことがありますか? 新芽の季節。1年で一番、音を聞くのに適した時期。

新緑が美しい季節となりました。 この時期に思い出し、実行することがあります。 そ …