亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「冷暖自知」(れいだんじち)。ネット、ヴァーチャル時代。実際に体験することの重要さ。

   

中学の時だったか、町のパン屋さんが
新たに発売したパンが評判となったことがあります。

友達が別のクラスメートに
そのパンについて説明しています。

それに自分も加わり、
その味について語りました。

遠くで聞いていた担任の先生が、
クラスメートに、
「そのパンの味はわかったか?」と尋ねました。

「なんとなく想像はできますが……」。

「いくら説明を聞いても、パンの味はわからないだろう。
けれど味は食べればすぐにわかる」。

こちらで聞いていた我々は、
何を当たり前のことを先生は言っているのか
と思ったものでした。

「冷暖自知(れいだんじち)」。
(「れいだん、みずから、しる」と訓読)

この言葉を知ったのは、大学いや、
社会人になってからでしょうか。

水の冷たさ、暖かさは、
人に説明してもらってもわからないが、
自分で飲んだり、手を差し入れれば、すぐわかる。

それと同じように真の悟りは、
誰かに教わったり、学んだりするものではなく、
自ら修行を行い、自分で会得するものである。

禅の世界の言葉(禅語)だそうです。

中学の時の担任は、
このことをを言っていたのだな
とようやく気づきました。

《佐藤俊明のちょっといい話》《第18話 冷暖は身体で覚える》
http://www.jtvan.co.jp/howa/Sato/houwa018.html

「行けるなら行く。会えるなら会う。
食べれるなら食べる。自分で体験するに勝るものなし」

「一次情報と二次情報というのがある。
何が違うかというと、直接自分が体験したかどうかだ」。

こんなことを先生は言っていた記憶があります。

そういえば、ご存じ、「男はつらいよ」の
寅さんのセリフもよく口にしていましたね。

「お前と俺は 別な人間なんだぞ!
早え話がだ! 俺が芋食って、 お前の尻から プッと屁がでるか?」。

この言葉の解釈については、いろいろあるでしょうが、
上の記述に引き寄せて言うと、
「自分で芋を食わないと、屁も出ない」。

自分で芋を食う=体験することが大切と言うことでしょうか。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あなたの利き腕はどちら? 反対側の腕、手は使っていますか? 逆を鍛えると脳を活性化し、認知症予防になるとか。

右利きの方、多数派ですね。 事務の仕事をされている方は、 パソコンのキーボードを …

美術家・篠田桃紅さん。「103歳になってわかったこと」。

篠田桃紅さん。 ご存じでしょうか? 墨書のほか、金箔、朱泥を使った書や、 壁画・ …

忙しい時ほど呼吸を深く。ストレス解消し、頭スッキリ、脳活、アンチエイジングに。

師走もいつの間にか12日になりました。 2015年12月5日に放送された、 TB …

「打って反省、打たれて感謝」。昔教わった剣道の教えを記事に見つける。

昔、剣道を習っていました。 今から考えると、ためになることを いろいろ教わりまし …

「目習い」「目養い」。ものを習得し、極めるには、「手習い、目習い、耳習い」。

2015年11月16日の朝日新聞朝刊。 《Re ライフ》で、書道が特集されていま …

「孟宗の親孝行」。「雪中の筍」。敬老の日に思い出す祖母が語ってくれた話。

敬老の日の祝日。 あなたはどう過ごされましたか。 母は以前、敬老の日が 9月15 …

糸魚川市の大規模な火災。およそ140棟に延焼拡大。大叔母の火災被害。

テレビのニュースで、 新潟県糸魚川市の中心部で、 大規模火災が発生中で、 およそ …

靴下を足袋状の靴下にしたら歩きやすく踏ん張りがきくようになったと知合いの高齢者。

先日、靴下、そして靴を買いました。 靴下は足の親指と他の指が分かれている 足袋型 …

親戚の住んでいる大阪の吹田市と東淀川区が停電。連絡してみたら……。蓄電池とアウトドア用品で備える。

2017年8月23日大阪府吹田市、東淀川区などで 大規模な停電が発生しました。 …

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。 冬から春にかけては、暖かくなったと思 …