亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「冷暖自知」(れいだんじち)。ネット、ヴァーチャル時代。実際に体験することの重要さ。

   

中学の時だったか、町のパン屋さんが
新たに発売したパンが評判となったことがあります。

友達が別のクラスメートに
そのパンについて説明しています。

それに自分も加わり、
その味について語りました。

遠くで聞いていた担任の先生が、
クラスメートに、
「そのパンの味はわかったか?」と尋ねました。

「なんとなく想像はできますが……」。

「いくら説明を聞いても、パンの味はわからないだろう。
けれど味は食べればすぐにわかる」。

こちらで聞いていた我々は、
何を当たり前のことを先生は言っているのか
と思ったものでした。

「冷暖自知(れいだんじち)」。
(「れいだん、みずから、しる」と訓読)

この言葉を知ったのは、大学いや、
社会人になってからでしょうか。

水の冷たさ、暖かさは、
人に説明してもらってもわからないが、
自分で飲んだり、手を差し入れれば、すぐわかる。

それと同じように真の悟りは、
誰かに教わったり、学んだりするものではなく、
自ら修行を行い、自分で会得するものである。

禅の世界の言葉(禅語)だそうです。

中学の時の担任は、
このことをを言っていたのだな
とようやく気づきました。

《佐藤俊明のちょっといい話》《第18話 冷暖は身体で覚える》
http://www.jtvan.co.jp/howa/Sato/houwa018.html

「行けるなら行く。会えるなら会う。
食べれるなら食べる。自分で体験するに勝るものなし」

「一次情報と二次情報というのがある。
何が違うかというと、直接自分が体験したかどうかだ」。

こんなことを先生は言っていた記憶があります。

そういえば、ご存じ、「男はつらいよ」の
寅さんのセリフもよく口にしていましたね。

「お前と俺は 別な人間なんだぞ!
早え話がだ! 俺が芋食って、 お前の尻から プッと屁がでるか?」。

この言葉の解釈については、いろいろあるでしょうが、
上の記述に引き寄せて言うと、
「自分で芋を食わないと、屁も出ない」。

自分で芋を食う=体験することが大切と言うことでしょうか。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ゼロからものを作る番組「ゼロイチ」。手作りの良さ。既製品を買うことで失ったモノ。

日本テレビで「ゼロイチ」という番組を 放送しています。 芸能人が、ゼロからなにか …

簡単な血液検査で認知症のリスク(前段階MCI)がわかります。

認知症の研究。 日々、進んでいます。 認知症の前段階はMCI(軽度認知障害)。 …

食べるものも変えず、量も同じで、お金と手間もかけず、ダイエットに成功した知人。その方法は?

同年代の知人。 去年の健康診断で、肥満、 糖尿病予備軍と言われ、 医師からは、体 …

千賀健永と紀貫之。毎日放送の番組「プレバト!!」の俳句コーナーで盗作? 俳句と短歌、本歌取り。芭蕉、藤原定家。

千賀健永と紀貫之。 恥ずかしながら、 後ろは読めて知っていたのですが、 前の人物 …

小学生ではないけれど、毎日1枚の書き取りドリルで脳トレに励む。

小中学校の長い夏休みも 今週が最終週ですね。 夏休みの残った宿題で、 頭やお腹が …

「温活」継続中。1年前に較べ体温が上がり調子よし。白湯、スクワット、ルームシューズ。末端温め。

丁度1年前、体温を久しぶりに測ったところ、 若い時に較べ、かなり低くなっており、 …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

断つ、止める「断ち物」で、有り難みを知る。

昔から、神仏に願をかけて、 それを成就するまでは、 自分の好きな物などを断つ 「 …

同年代の友達と知合い。病院、薬の話題ばかりに。

同窓会で、集まると、どんな話題になるか。 恋愛、就職、結婚、子ども。 若い時はそ …

小さなチャレンジ(コチャレ)を続ける。上大岡トメさんの「コチャレ! 小さいチャレンジで次の扉を開ける」。

いつ、誰に教わったか忘れたのですが、 何か物事をするときには、小さく分けて、 分 …