亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「お墓と仏壇は、もう無しでいいから……」。この夏、帰省した知人は母からそう告げられた。

      2016/08/22

少し前に、「仏壇じまい」についての
エントリーを書きました。

最近は、そうした仏壇さらに墓を同時に
始末するという方が増えているようです。

先日、知合いの方に伺った話。

知合いは、お盆にご実家に帰宅。
親戚、兄弟が集まった席で、
お母さんから、みんなに向けて、
大事な相談があると告げたそうです。

すでに、お父さんは数年前に亡くなり、
二人の子供さん(知人=息子、既婚。妹さん=既婚)は、
実家を出て、離れた都会に住んでいます。

何事かと思ったら、
今、自分なりに身辺整理をしている。
その中で一番気がかりなのは、お墓と仏壇だ。

ずっと考えた結果、二人の子供は、
〇〇家の墓と仏壇は、もう守らなくてもいい
と告げたとのこと。

亡くなったご主人は、長男ではなく、
〇〇家の本家ではないので、お墓、仏壇が
なくなっても、〇〇家自体は残るのでよい
と割り切ったそう。

事前にご本家の跡取りとも相談し、
了承を得ていたとのこと。

ただ墓は、菩提寺の墓地だったので、
「墓じまい」をする時には、
いわゆる「離檀料」を払わなければならないだろう
と本家の方からは、言われたと言います。

ご先祖様、亡くなった父親(夫)
そして自分(母親)のお骨は、
すべて永代供養の共同の納骨堂に
移してくれればよいと。

無宗教の所だと比較的簡単に受け入れてくれ、
値段も安いと。

そうしたことすべてを、お母さんが一人で調べ、
自分のお葬式代、そして墓じまい、仏壇じまいに
かかる費用をおおよそ300万円と見積もり、
すぐに引き出せるように準備していたとのこと。

知人は、離れて暮らしているとはいえ、頻繁に
電話などして連絡していたのに、そうしたお母さんの思いに、
少しも気づかなかったことに、内心忸怩たる思いがしたといいます。

けれど、お母さんの強い思い、準備ぶりを目の当たりにして、
妹さんともども、お母さんの言うとおりにしようと
決めたそうです。

この知人に限らず、こうした墓じまいの話、
またお寺自体が無くなってしまった
という話をよく耳にするようになりました。

近い将来、日本の墓や葬送のあり方は、
大きく変わって行くのかもしれない
と感じたことでした。

 - 未分類

Comment

  1. nikitoki より:

    永代供養の納骨堂と言っても、永久に供養してくれる訳ではなく、一定期間(13年、33年など)を経ると共同納骨に移すとか。また個別納骨の場合、毎年管理料がかかるとか。跡継ぎがいない場合、その管理料を一括で支払う必要があるようです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新聞を読む。ニュース番組を見る。わからないこと、新しいことは図書館で調べる。

予約した本を受け取りに 近所の図書館に。 そのついでに雑誌や 新しく入った図書を …

災害時仕様のバッグの中身。知合いの高齢者の工夫。

東日本大震災の後、しばらく、 外出する時に、災害にあっても困らないように、 様々 …

3時間931円のレンタカー。足利市のエコレンタカー。沖縄もレンタカーが安い。

先日、足利市を仕事で訪れました。 東武伊勢崎線足利市駅から取引先まで、 2人でタ …

金山寺味噌は夏の食べ物。苦手だった子どもの時。大人になって食べたら……。

金山寺味噌。 あなたはご存じですか。 2017年9月9日、読売新聞夕刊の 連載《 …

田舎の土地や家屋を寄付しようと申し出たら、断られた。実家の不動産の処分で悩む人たち。

仕事仲間の女性。 ほぼ同じ年頃で、親も同年代。 その友人のご両親があいついで亡く …

週刊新潮が、週刊文春は不正に入手した中吊り広告で「スクープ潰し」との記事。スクープとは? 独占スクープ、単独スクープ。

週刊新潮が、2017年5月18日発売の号で、 ライバル誌である週刊文春が、新潮の …

定年後、エキストラに精を出す知合い。

先日、久しぶりに会った友達。 大学生の息子さんが、あるテレビドラマの 最終回のエ …

「固有名詞が出るかでないかが大事だよ」。いつまでも脳を働かせるためには? 「自分のためでなく、人のために覚えるのがコツ」。

これまでこのブログで、何度か、 記憶力がものすごくよい、 高齢の知合いの話を取り …

「縛りを解き放て」。お孫さんの「なんで」攻撃で悟った知人。

お子さん、お孫さんなど、 家族と一緒に過ごすことが多いお正月。 知人のお孫さんは …

ママチャリで地球一周4万キロ。84歳男性、自宅近所を毎日、6年かけて。

先日、イチロー選手が4257本という安打の 記録を達成したときに、このブログでエ …