亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日常の小さな贅沢が人生を豊かにする。作家・池波正太郎の母のにぎり寿司。

   

長時間、パソコンの前座っているせいか、
目が疲れ、背中、肩が張っています。

ストレッチ、体操を行って、
少し凝りがほぐれるのですが、
完全にとれたという訳にはいきません。

そこでここ数日、銭湯に通っています。
先日は、一般的なサラリーマンの方々が
働いている午後4時頃に入浴しました。

贅沢なことです。

風呂から出て、涼んでいると脱衣所で
近所の常連らしき年配の2人が自動販売機で
買ったペットボトルのお茶を飲みながら、
話していました。

「家にも風呂があるけれど、広い風呂はやっぱりいいねー」
「それも昼に入る風呂は最高だ」
「働いている頃は、仕事の後の風呂、さらに
その後の一杯が、一日の最高の贅沢だった」
「働がずに飲む酒は美味しくないねー。今、
最高の贅沢は、昼風呂とその後のこのお茶だねー」
「そう、それも可愛いお姉ちゃんじゃなく、
あんたと飲むのが一番」
「まあ、言ってくれるねー」

年金暮らしで時間に余裕が出来ると、
働いていた時には余り気づかなかったことに
目が行き、またそうした所に楽しみがある
なんて話をされていました。

の日常のささいな所に喜び、
楽しみ、贅沢を見出す。

それが出来る人は幸せな人であり人生だ。

このお二人の会話を聞きながら、
作家・池波正太郎さんの母の話を
思い出しました。

池波さんのお母さんは、離婚をし、
女手一つで池波さんそして兄弟を育て上げました。

今より一人親そして女性が
働くことに偏見があった時代、
それは大変だったようです。

この本の中で、「母の好物」と題し、
お母さんの大好物である寿司について
書いています。

《「あのころ、私はつとめが終ると、
御徒町の蛇の目寿司へ、よく行ったもんだよ」
「ひとりで?」
「そりゃ、ひとりでさ」
「おれは一度も、つれて行ってもらわなかった」
「だれもつれてなんか行かない。
それだけのお金がなかったからね。
私ひとりで好きなものを食べていたんだ」
「ひどいじゃないか」
「女ひとりで一家を背負っていたんだ。
たまに、好きなおすしでも食べなくちゃあ、
はたらけるもんじゃないよ。そのころの私は、
蛇の目でおすしをつまむのが、
ただひとつのたのしみだったんだからね」》

この後、池波さんは以下のように続けています。

《先ず、こうしたわけで、大好物のすし一皿を
食べることによって、女ひとりが老母をと子どもたち
を抱えて立ちはたらくエネルギーも生まれてくる、
ということになる。
それほどに、「食べる」ということは、
たいせつなものなのである。》

お母さんにとって寿司は、
つらい毎日の中の活力だったんですね。

疲れを吹き飛ばし、元気を回復させてくれる寿司。
それは、食べ物という以上のものだったのかもしれません。

苦しい日々の中でもそうした楽しみを
見つけ出すことができれば、
少しは心身への負担を減らしてくれる。

難局を乗り切れるかどうかは、日々の頑張りに加え、
つらさをやわらげてくれる楽しみ・贅沢を見つけること
ではないかと思わされました。

日常の中に小さな贅沢を見つけること。
それは思った以上に大切な能力なのかもしれません。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱中症の診療指針を初めてまとめる。日本救急学会。予防・治療には0.1~0.2%の食塩水を飲むこと。

ゴールデンウィーク。 東京は日差しが夏のようでした。 すでに北海道などで真夏日の …

朝日新聞連載の「折々のことば」を毎日書写する知人。読み、切り抜き、書き写し、貼るというアナログな行為が言葉を血肉にする。

以前、このブログで、毎日、筆ペンや筆で、 自分の好きな言葉や偉人の言葉を手書きす …

高齢者。恐い、薬の飲み合わせで体調不良。飲み残し。

高齢者の中には、内科、皮膚科、 耳鼻いんこう科、歯科、整形外科など、 複数の病院 …

折り畳み自転車を買って、自転車通勤を始めた知合い。一番の課題は汗対策。

10月、運動するのに とてもよい季節ですね。 知合いがついに自転車通勤を始めたそ …

「固有名詞が出るかでないかが大事だよ」。いつまでも脳を働かせるためには? 「自分のためでなく、人のために覚えるのがコツ」。

これまでこのブログで、何度か、 記憶力がものすごくよい、 高齢の知合いの話を取り …

あなたはまだ捨てています? リンゴの皮、野菜の皮、へた。上手な活用方法。

先日、知合いの男性と雑談。 その時に、毎朝、健康のために、 リンゴを食べ、お昼に …

高齢の知人がベッドから転落して、骨折。転落防止。

あなたが寝ているのはベッドですか、 それとも布団ですか? 高齢者の方も、布団の上 …

マスターズ陸上。75~79歳の部門で3種目の世界記録保持の中野陽子さん、79歳。2016年の東京マラソンで世界記録を狙う。

以前、中野陽子さんという女性を ご紹介したことがあります。 「全日本マスターズ陸 …

「東京の丸ビルも丸いと思ってた」。人生の中の小さな勘違い。「つもりちがい十ヶ条」

先日、同級生と丸ビル内の居酒屋で お酒を飲みました。 その席で友達が、大阪の取引 …

「花よりも 花を咲かせる土になれ」「駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人 そのまた草鞋(わらじ)を作る人」。

昨日、たまたまつけたテレビで、 手帳の中身を見せて下さい との企画を放送していま …