亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

共に102歳。日本初の女性報道写真家・笹本恒子さん。現役最高齢スイマー・長岡三重子さんの現況。

   

日本初の女性報道写真家・笹本恒子さん。
そして
現役最高齢スイマー・長岡三重子さん。

ともに現在102歳。

お二人ともに、テレビ、新聞、雑誌などで
何度も伝えられていますので、ご存じの方、
多いと思います。

まもなく敬老の日ということで、
2016年9月10日、東京新聞の
《100歳の世界》という特集で、お二人そして、
もうお一人、101歳の言語学者川崎桃太さんの
3人が、それぞれお話をされていました。

笹本さんは、以前、別のブログでもお伝えしていますが、
足を骨折されて以来、昨年からサービス付き
高齢者向け住宅で暮らしていらっしゃいます。

花にまつわるいろいろな人の思い出を本にしたくて、
暇な時間は原稿を書かれているそう。
写真を撮りに行きたいけれど、車椅子なので、
なかなか自由に外には出られないとのこと。

週3回、リハビリをされているようです。

笹本さんは、《世の中の動きを見て、
いつも誰かに会いたいと思っています。
貪欲なんですね》と。

ちなみに今、会いたい人は、
作家の大江健三郎さんとのことです。

《今の人は知りたいとか、海外に行きたいとか、
そんな欲がなくなってきている感じがする。
人間、欲張ることが大事だと思います》と述べて、
記事は終わっています。

欲というと、悪いもののように言われますけれど、
一方で、「人間、欲がなくなったらおしまい」とも。

欲=意欲でもありますね。

笹本さんにとって、
何かをしたい、聞きたい、見たいという欲、
好奇心が、命の元なんでしょうね。

来年春、笹本さんを追いかけたドキュメンタリー映画
「笑う101歳×2」が公開されるとのこと。

楽しみです。

続いて、長岡三重子さん。

7月、千葉で開かれたマスターズ全国大会、
400メートル自由形、100メートル背泳ぎに出場されたそう。

現在は、10月、松山市で開かれる大会に向けてトレーニング中。

どれくらいのトレーニングなんでしょうか?

週に3日泳いで、2日は器械を使った筋トレと
コアトレーニングを先生についてやられているそうです。

空いている日は、30分歩いて買い物。
毎日予定が詰まっているそう。

いやこれはすごいですね。
水泳=有酸素運動、筋トレ=無酸素運動。
完璧ですね。

長岡さんが泳ぎ続けるのは、健康にいいから。
マスターズの年齢区分が変わる105歳までは、
泳ぎ続けたいというのが、目標のようです。

長岡さんは、去年までは一人暮らし。
現在は、息子さんと同居されているとのこと。

健康に問題はなく、医者にはかからず、
薬も一錠も飲んでいないと。

これまたすごいことですね。
もともと体が丈夫でいらしたんでしょうけれど、
精神力も強かったのでしょうね。

ちなみに今でも朝から肉を召しあがることが多いそう。
元気の秘訣は、食jいをしっかり時間をかけて
食べることと。

食べることは大事なんですね。

好きな言葉は「為せば成る」。

この言葉を書道展に出す作品に、
先日書かれたとのこと。

長岡さんが言うと、説得力がありますね。

《やれば何でもできるけど、やらなかったら何もできない》。

こう思ったのは初めて1500メートルを泳いだ時。

ダメと決めつけるのではなく、
やれば出来ると思うというのは、
可能性を大きく広げてくれるみたいですね。

お二人の現況、メッセージに、安心するとともに、
感心しました。

 - 未分類

Comment

  1. nikitoki より:

    笹本恒子さんが、アメリカの「ルーシー賞」に決まりました。写真界で世界的な賞だそう。授賞式は10月23日、ニューヨークのカーネギーホールで開かれます。(車椅子の移動のため欠席)笹本さんが受賞したのは、生涯を通じ写真界に貢献した個人が対象となるルーシー賞の「ライフタイム・アチーブメント部門賞」。「厳しい時代を、自立心を持って生き抜いた女性を写し出した」ことが評価されたそうです。笹本さんは「長く続けてきたことが評価され、うれしい」「年齢を言い訳にするのはいけない。生きている間は写真を続けたい」とコメントをされています。また2017年4月には、日本写真家協会が「笹本恒子写真賞」を創設するとのこと。これまたすごいことですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

爪磨きと手洗いを、高齢の男性から勧められた。リラックス効果。

女性の間ではとうの昔から、 爪の手入れ、ネイルアートが当たり前に なっていますね …

トランプ氏が共和党の大統領候補の大本命に。イタリア人「ベルルスコーニを選んだ俺たちはアメリカ人を笑えない」。

泡沫候補と思われていたトランプ氏。 連続して3州の党員集会で勝利し、 各種世論調 …

死ぬまでに泳げるようになりたい。その願いをかなえてくれたのは、最新の浮く水着。

知合いの高齢の女性。 ずいぶん前に、自分がプールに通い、 水中ウォーキングや水泳 …

札幌のコンビニで会計前にアイスを食べ始めた中国人妻。注意した店員、夫妻から暴行される。

札幌のコンビニで店員に暴行をした 新婚旅行中の中国人夫妻が逮捕されました。 店員 …

ものは言いよう。失敗を責め立てない魔法の言葉は「惜しいなー」。

知合いから聞いた話です。 「物は言いよう、ハサミは使いよう」。 言い方ひとつで、 …

ミニマリスト「好みの物に囲まれるな」。祖父「欲しいものより必要な物」。

新年。 初売りに出かけ、福袋をはじめ、 いろいろと買い込んだという方も多いことで …

区民カレッジの講座で新しい趣味を見つけた知合い。格安で生涯学習する方法。

まだ2月で少し早いのですが、春から何か始めよう と思っていらっしゃるシニアの方も …

町内のお稲荷様の初午祭。町会からお赤飯をいただく。初午詣で。落語「明烏(あけがらす)」。

2016年2月19日、お昼ご飯を家で食べていたら、 町会の人が訪ねてきました。 …

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …

ビワの実の嫌な思い出の理由は? ビワと疫痢。ビワのお灸。ビワの葉の煮出し液を入れたたらいで行水。

先日、訪れたスーパーの果物売り場に、 早くもビワの実が並んでいました。 ビワ、お …