亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

   

知人が新しいマンションに引っ越しました。

その様子を尋ねたら、
「危ない。このままだと社会から隔絶される」
なんてことを話し始めました。

「何事か?」と思って聞いたら、
次のようなことでした。

家賃は以前とほとんど変わらないものの、
今度のマンションはほぼ新築で新しい。
なので最新の設備が充実しているんだそう。

断熱がしっかりしているので、
冷暖房はよく効く上に電気代も安い。

以前との違いに驚いているそう。

さらに大きく変わったのは、テレビ、
インターネット、電話などの環境。

これまでは別々だったのが、
そのマンションでは
3つ一体となった契約ができるよう。

それを申し込んだら、
数多くのテレビチャンネルが見られる上、
インターネットも高速に接続でき、
電話も格安になっんだそう。

お風呂は自動給湯でさらに
浴室乾燥もついているので、
雨の日もOK。

最近の東京のように雨続きでも、
浴室に干しておけば、乾いているので、
とても楽になったと言います。

聞いているといいことばかりなのに、
なぜ社会から隔絶なんていうのか?

それはずばり家が快適すぎて外出しない
ということのようです。

これまでだと映画、ライブを見に行ったりしていたのが、
すべてCATV、ネット動画でことたりる。
というか、見たいもの聞きたいものが
ありすぎて、時間が足りないと。

またインターネット及び無線Wi-Fiで
インターネット通信が部屋のどこでもでき、
ネット通販で、スーパー、コンビニのものなど、
なんでも買えるので、外に買い物に出る必要がない。

休みの日は、これまで買い物や催し物に出かけていたのに、
ついつい家にいてしまう。
外に出ていてもすぐに帰ってくるようになってしまったそう。

それに伴って、友達、知人など人と会う機会が
めっきり減ってしまったといいます。

なので「引きこもり」状態で、
社会から隔絶すると感じたようです。

知人は座職。
家が仕事場でもあり、通勤がないので、
余計そう感じるのかもしれません。

別の家=仕事場の知合いは、
そうしたことにならないように
毎日、ウォーキング、またカフェなど
行きつけの店に行くことを日課とします。

先の知合いも、近くの24時間スポーツクラブに
入会し、週に3回は通おうかと言っていました。

母がかかりつけのお医者さんも話していたことですが、
高齢になると、外に出る機会が減る。
そうすると運動量が減り、筋肉が衰える。
そうなると転倒などの危険性が高まるのだそう。

そうした肉体面だけでなく、精神面でも大きな影響が。
家の中だけだと、環境が同じなので、脳への刺激が少なくなる。

外に出で、人と会話したり、周囲を眺めるだけでも、
五感を刺激し、脳を活性化する。

その刺激は、家の中で、映像を見るのに比べ、
何倍もの刺激量、情報量だそう。

なので出来るだけ、毎日、外に出る習慣を作る方がいいと。

なるほどと納得しました。

長い時間、自分がいる場所を快適にすることは大切。
ただその環境にどっぷりつかってしまわないように
気をつけねばと感じました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミシュランガイドで世界初、屋台が一つ星獲得。「香港油鶏飯麺」と「吊橋頭大華猪肉麺」。また行列が伸びる。

シンガポールに1人旅したとき、 食事をどうしようかと悩みませんでした。 どこの都 …

夏と言えば、冷やしカステラと牛乳の朝食。食欲がない時は試してみる価値あり。

夏の食べ物といって思いつくのは、 西瓜、トウモロコシ、トマト、 枝豆、そうめんと …

家に来ていたつがいのホオジロ。一羽がいなくなり、ひとりぼっち。年を取ると、花鳥風月が心にしみる。

家に少しだけ木が植わっています。 そこに様々な生き物がやってきます。 一番多いの …

「赤いアンデス」。38年ぶりにアンデスメロンの新品種、誕生。

「アンデスメロン」、お好きですか? 小さい頃、メロンは、高級品でした。 あったの …

「もしあのとき、蔵元の跡取りと結婚していたら……」。もう一つの人生。

先日、母が話した岐阜県の山の中の 町にある「城跡」について書きました。 親戚の実 …

実家の土地・建物は「負動産」。売れない、寄付も断られた地方の山林。

地方出身で現在、首都圏など 都会に住む人の中で、 地方の実家の処分に困っている …

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

漫画家・西原理恵子さんが、 毎週月曜、毎日新聞朝刊に 連載している「毎日かあさん …

猫、犬などのペット問題。自分が亡き後、どうするか? 万が一の時のための互助組織、サービス。

知合いの同年代の女性。 どちらも高齢の犬と猫を飼っています。 少し前、その彼女の …

「心の忘れ物」つづった手紙、煙となる。島根県飯南町「優便ポスト」。銀座の手紙寺。「ラストレター運動」。

島根県飯南町。 そこに「優便(ゆうびん)ポスト」が 2016年11月23日に設置 …

温まる手袋(インナーグラブ)を室内でつけ、血行を良くし、マッサージ。指、腕の凝りを解消。高血圧の人にもお勧め。

パソコンを長時間使っています。 両手、両腕、特に右腕がとても疲れています。 お医 …