亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

   

知人が新しいマンションに引っ越しました。

その様子を尋ねたら、
「危ない。このままだと社会から隔絶される」
なんてことを話し始めました。

「何事か?」と思って聞いたら、
次のようなことでした。

家賃は以前とほとんど変わらないものの、
今度のマンションはほぼ新築で新しい。
なので最新の設備が充実しているんだそう。

断熱がしっかりしているので、
冷暖房はよく効く上に電気代も安い。

以前との違いに驚いているそう。

さらに大きく変わったのは、テレビ、
インターネット、電話などの環境。

これまでは別々だったのが、
そのマンションでは
3つ一体となった契約ができるよう。

それを申し込んだら、
数多くのテレビチャンネルが見られる上、
インターネットも高速に接続でき、
電話も格安になっんだそう。

お風呂は自動給湯でさらに
浴室乾燥もついているので、
雨の日もOK。

最近の東京のように雨続きでも、
浴室に干しておけば、乾いているので、
とても楽になったと言います。

聞いているといいことばかりなのに、
なぜ社会から隔絶なんていうのか?

それはずばり家が快適すぎて外出しない
ということのようです。

これまでだと映画、ライブを見に行ったりしていたのが、
すべてCATV、ネット動画でことたりる。
というか、見たいもの聞きたいものが
ありすぎて、時間が足りないと。

またインターネット及び無線Wi-Fiで
インターネット通信が部屋のどこでもでき、
ネット通販で、スーパー、コンビニのものなど、
なんでも買えるので、外に買い物に出る必要がない。

休みの日は、これまで買い物や催し物に出かけていたのに、
ついつい家にいてしまう。
外に出ていてもすぐに帰ってくるようになってしまったそう。

それに伴って、友達、知人など人と会う機会が
めっきり減ってしまったといいます。

なので「引きこもり」状態で、
社会から隔絶すると感じたようです。

知人は座職。
家が仕事場でもあり、通勤がないので、
余計そう感じるのかもしれません。

別の家=仕事場の知合いは、
そうしたことにならないように
毎日、ウォーキング、またカフェなど
行きつけの店に行くことを日課とします。

先の知合いも、近くの24時間スポーツクラブに
入会し、週に3回は通おうかと言っていました。

母がかかりつけのお医者さんも話していたことですが、
高齢になると、外に出る機会が減る。
そうすると運動量が減り、筋肉が衰える。
そうなると転倒などの危険性が高まるのだそう。

そうした肉体面だけでなく、精神面でも大きな影響が。
家の中だけだと、環境が同じなので、脳への刺激が少なくなる。

外に出で、人と会話したり、周囲を眺めるだけでも、
五感を刺激し、脳を活性化する。

その刺激は、家の中で、映像を見るのに比べ、
何倍もの刺激量、情報量だそう。

なので出来るだけ、毎日、外に出る習慣を作る方がいいと。

なるほどと納得しました。

長い時間、自分がいる場所を快適にすることは大切。
ただその環境にどっぷりつかってしまわないように
気をつけねばと感じました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ファンケルの機能性表示食品、手元のピント調節力に違いがあるとの「えんきん」を試しています。

最近、機能性表示食品という製品を数多く見かけます。 平成27年4月からこの新しい …

山本周五郎没後50年。2月14日は命日。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。

歴史小説家・山本周五郎。 今なお多くのファンを持つ、 作家の一人です。 2017 …

「いらなくなった本棚、譲ります」と、大量の蔵書を整理・処分した知合い。「本の並びは自分の頭の中の歴史」。

読書週間が始まりました。 最近では、電子書籍が徐々に 普及していているようです。 …

不食の本の広告を見て思い出した。「ばあちゃん」から聞いた、不食不老の不思議な女性のお話。

先日来、新聞に、 の広告が掲載されています。 広告、書籍の紹介によれば、著者は、 …

毎朝のカプチーノのカップが重いと言い出した母。軽くて丈夫で持ちやすく、安っぽくないコーヒーカップはどこに?

裕福な家に生まれ育って、 自分で働いたことのないことのたとえとして、 「箸より重 …

ミニマリスト「好みの物に囲まれるな」。祖父「欲しいものより必要な物」。

新年。 初売りに出かけ、福袋をはじめ、 いろいろと買い込んだという方も多いことで …

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

漫画家・西原理恵子さんが、 毎週月曜、毎日新聞朝刊に 連載している「毎日かあさん …

改めて教えられた運動の後の栄養補給の重要性。高齢になっても動ける体でいるために。

新年に今年こそは、毎日運動をして体を鍛え、 脂肪のないスリムな姿になる と決意し …

手書きで紙に書く。悩み、苦しみから心を救う。「1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法 」。

2015年5月21日、今秋月曜日発売の アエラを読みました。 手書きについての特 …

がんがくれた贈り物=キャンサーギフト。柔らかな日の差す両国橋を渡った先で、自転車に遭遇。亡くなった友を思い出す。

自分の身の回りに、がんになった人、 たくさんいます。 自分より年下なのに、亡くな …