亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

今まで包丁すら握ったことがない知合いから、鶏ハムと自家焙煎珈琲豆をもらった。自炊が寿命を延ばす?

   

以前、高齢者の世話をする専門家の方から
お話を伺ったことがあります。

たくさんの驚くべきことを教えていただいたのですが、
その中で食についてのある事実が特に印象に残っています。

それは自炊経験の有無が、
その人の健康ややりがい、幸福感に
大きな影響を与えるというものでした。

乱暴に言えば、自炊をして毎日自分が
料理したものを食べている人は、
そうでない人にくらべて、健康で長生きして、
幸せと感じる人が多いということです。

年を重ねてからの食は、若い時以上に、
人生に占める比率は高いと思われますので、
説得力がある主張でした。

そんなことを思い出したのは、
知合いの方から2つのものをいただいたから。

どちらも自分で加工した
鶏ハムと珈琲豆です。

その方は、これまで食事は、亡くなった奥さんや
外食、スーパー、コンビニなどの惣菜まかせで、
一切、台所に立ったことはなかったよう。

りんご、梨などを食べるのに、フルーツナイフを使って
皮をむいた経験もないとのこと。

そんな方がこれはいかんと少しずつ、
自分でできることを増やしはじめたよう。

すべてを自分の手料理という訳にはいきませんが、
一品でもということで作ろうとしていると言います。

そのときに参考にしたのは、
電子レンジ、お湯などを
使うだけの「ポリ袋料理」。

保存用のポリ袋に、食材、調味料を入れ、
空気を抜いて、湯煎したり、電子レンジにかける
調理法です。

頂いた鶏ハム(チキンハム)の作り方は、本当に簡単。

皮を取った鶏胸肉をたこ糸で
ぐるぐる巻きにして、
ハムのようにします。

ポリ袋に入れ、塩、黒胡椒を適量いれ、
全体にもんでなじませ、
袋の空気を抜き、口を縛ります。

その袋が入る大きさの鍋、フライパンに
肉がつかるほどの水を入れ沸騰させます。

沸騰したら、袋を入れて、フタをして、
30分ほど放置するだけ。

直火で煮たり、焼いたりするより、
柔らかくでき、調味料も控えめでも
満足のいく味だそう。

実際、いただきましたが、ぱさぱさせず、
じっとりと仕上がっていました。

一つでも新しいレシピ、料理を覚えると
世界が広がったようで、楽しくなると。

手間をかけずに、食を充実させるメニューは、
数多くありそう。

試してみたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

終活カフェ「ブルーオーシャンカフェ」が東京都江東区に。

終活。 自分の人生の最期をどのようにするのか。 そのための活動。 すっかり一般的 …

母の一番上の姉から電話。「あんた。今日はあんたの結婚記念日だよ」。母の反応は?

先日、夕食のためにリビングにいったら、 奥のソファーのところで、母が電話をしてい …

ドラマ「愛という名のもとに」を見て涙した国会議員の現在は? 東京新聞のコラム「筆洗」。

ドラマ「愛という名のもとに」。 40代以上の方は覚えているのではないでしょうか? …

「花よりも 花を咲かせる土になれ」「駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人 そのまた草鞋(わらじ)を作る人」。

昨日、たまたまつけたテレビで、 手帳の中身を見せて下さい との企画を放送していま …

久しぶりの歯医者。歯石クリーニングで教えられた、口の中をきれいにし長生きするコツとグッズ。

久しぶりに歯医者に行き、 歯石取り、そして クリーニングをしてもらいました。 会 …

出会いの春。凶という名前の方と知り合う。その命名の由来は?

4月、新年度。 出会いの季節です。 新たに多くの方と知り合いますね。 自己紹介し …

勤続30年・銀婚式の記念の四国旅行で、珍しい自分の名字と同じ駅名を見つけた知合い。ルーツ探し。

先日、ある方と知合いました。 とても珍しい名字だったので、 名前の由来、出身地を …

「人は他人の記憶の中で永遠に生きられる」。オーネット・コールマンへの山下洋輔さんの追悼文の中の言葉。

「フリージャズ」を創始した一人とされる オーネット・コールマンさんが、先日亡くな …

手書きで紙に書く。悩み、苦しみから心を救う。「1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法 」。

2015年5月21日、今秋月曜日発売の アエラを読みました。 手書きについての特 …

毎週一度の「食の冒険」。あなたは最近、これまで食べたことがない物を食べましたか?

以前にも書いた覚えがあるのですが、 もう一度、記しておきます。 ある高齢の方から …