亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

もう一度食べたい食べ物、料理は? 「あけび」と答えた人を思い出す秋の暮。

   

秋のこの季節になると、
「あけび」とその人のことを思い出します。

「あけび」は、「開け実」で、山地に生えて、秋に淡い
紫色の実を付け、売れると縦に割れます。
なかの果肉は、厚くて白く、また半透明な部分も
あり、中には多くの黒い種があります。

ふんわりとクリームを泡立てたような食感で、
とても甘く、果実ではなく、
人が手を加えたお菓子のようです。

ずいぶん前に、
「もう一度、食べて見たい食べ物・料理は何ですか」
という話になったとき、ある知合いが答えたのが、
このあけびでした。

その人は残念ながら
もう亡くなってしまったのですが、
四国の山の中の小さな村の出身。

小さい頃に、友達と山の中を走り回り、
お腹がすくと、山の恵みを口にしていたそう。

そんな中、このあけびは、特別な存在で、
秋、紫色の実を見つけると、
友達と取り合いになるほど。

口の中でとろける味わい、甘みが、
夢見ごこちにさせてくれたと言います。

大きくなって故郷を離れ、
都会で働き、暮らすようになりました。

スーパー、デパートなどで、秋のこの時期、
たまに驚く値段がついている「あけび」を
見かけたことがあるものの、それを買い求め、
味わったことはなかったそう。

手を出して、口にしたら、
昔の思い出が失われるような気がして。

ご両親も亡くなり、住んでいた家も、
地域も寂れ、人がいなくなってしまい、
長い間、故郷に帰ることもなかったと言います。

遠く故郷を離れたことで、かえって少年時代の
思い出がより大切になったのでしょうね。

もう一度食べたい食べ物。

知合いは「あけび」と答えましたが、
本当は、「故郷のあの岩陰になったあけび」
だったのかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

記憶力を強化して脳を活性化。話(ニュース)を聞いて、自分なりに伝える訓練で認知症予防。

少し前から母は、お医者さんから聞いたといって、 脳を鍛えるために、次のようなこと …

地蔵盆の思い出。大阪の祖母宅で過ごした夏休み。

「地蔵盆」。 ご存じでしょうか? 関西方面、北陸、長野の方は当たり前。 他の地方 …

今年2015年は、平成27年。そして昭和90年。明治148年、大正104年。

2013年12月に、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが、 「昭和八十八年度! …

朝の光と光線療法で不眠、認知症予防。

9月そして10月も雨の日が多いですね。 テレビの天気予報でキャスターが 9月の東 …

断つ、止める「断ち物」で、有り難みを知る。

昔から、神仏に願をかけて、 それを成就するまでは、 自分の好きな物などを断つ 「 …

「お湯拭きしなさい」。友達はそういった。その効能は?

家、事務所はフローリング。 冬でも基本的に裸足で、 その中をうろうろしています。 …

貸家札(かしやふだ)は斜めに貼る。その理由は? 亡くなった祖母の説は?

「貸家札」。 ご存じでしょうか? その家が「貸家」で、今、空いている ことを示す …

サントリー、「レモンジーナ」に続いて、「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」でも出荷停止。

何十年前だか、パリに初めて行ったとき、 カフェで「オランジーナ」を初めて飲みまし …

アメ好きの知り合いの女性。アメを減らして、乳酸菌タブレットをなめ始めて……。

関西の女性、特に熟年から上の 世代の方は、アメを必ず持っているといいます。 自分 …

「転ばぬ先の杖」。母が杖がほしいと希望したので、買ったら、進歩に驚く。

先日、母が急に、 「なんだか足下が不安になったので、 『転ばぬ先の杖』の言葉通り …