亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

菊見、菊見酒。菊祭り。父の菊作りから知った一輪を愛でるまでの手間と苦労。

   

先日、浅草の仲見世の近くに行ったとき、
浅草寺で毎年恒例の「浅草菊花展」が
開催中であることに気づきました。

今はちょうど、各地で菊祭りが
開かれている頃ですね。

昔、父が菊作りにこっていた時機があり、
毎年、この季節に、近所の人を集め、
育てた菊を眺める「菊見の会」を開いていました。

大輪の菊を一本仕立て、三本仕立てにしていました。
鉢に育てるまでが一苦労。

春先から、挿し芽をして、苗を育て、
ある程度の大きさになったら、
鉢に植え替える。

鉢を植え替える前には、土作り。

川砂、腐葉土、赤玉土などを混ぜ、
鶏糞堆肥などの肥料も入れる。
そこに少し水を示し、2週間ほどなじませます。

その後、鉢に。
鉢の下に網をしき、その上に
なじませた土を柔らかく敷いていくのです。

水やり、施肥、わき芽摘みなど、
花を咲かせるまでには、
こうしてかなりの時間と手間がかかるんですね。

近所の人は、そうした手入れの大変さを
毎日のように見ているせいか、
毎年秋の菊見を本当に
楽しみにしてくれていました。

実際、身内から見ても、
父の育てた菊は見事なものでした。

ただ残念ながら、父、そして近所の方も
年をとってしまったので、
今はその菊作り、菊見もしなくなってしまいました。

菊作りに限りませんが、
人の一生というのは、長いようで短い。
一年に一度の楽しみは、ずっと続くように
思えても、その期間は長くはないものです。

それだけに、その年に咲いた菊を、
その都度、大切に見ないと
いけないのかもしれませんね。

それは何も菊見に
限ったことではないのですけれど。

〇東京都千代田区日比谷公園で開かれる
《東京都観光菊花大会
(とうきょうとかんこうきっかたいかい)》
http://www.gotokyo.org/jp/kanko/chiyoda/event/kikkataikai.html

〇《東京の菊花展&菊の名所》
http://www.enjoytokyo.jp/feature/flower/kiku/tokyo.html

〇NHK「美の壺」《File28 菊》
http://www.nhk.or.jp/tsubo/arc-20061117.html

(あの大変さを知っているだけに、
菊作りには手を出しにくいなー)

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

従兄弟がもってきてくれたいなり寿司で舌の変化を知る。

今日お昼前、従兄弟が向島に 花見に行ったついでに立ち寄ったから と行って、ある老 …

知人が測定器でAGEの値を調べてもらったら……。AGE(終末糖化産物)=老化の元凶。

あなたは、最近、AGE という言葉を聞いたことがありますか? 自分も健康雑誌で見 …

アメ好きの知り合いの女性。アメを減らして、乳酸菌タブレットをなめ始めて……。

関西の女性、特に熟年から上の 世代の方は、アメを必ず持っているといいます。 自分 …

食べ物をテーマにした旅をする知合い。わさび田巡り。

大学生の頃、ゼミの仲間が多摩地方の出身。 学生にもかかわらず、珍しく自分の車を …

夏と言えば、冷やしカステラと牛乳の朝食。食欲がない時は試してみる価値あり。

夏の食べ物といって思いつくのは、 西瓜、トウモロコシ、トマト、 枝豆、そうめんと …

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …

備えはしていても、物の使い方に慣れていなければ宝の持ち腐れ。早朝の地震で飛び起きて。

2015年9月12日、早朝、東京を含め、 関東の広い地域で地震がありました。 住 …

人の名前が出てこなくなった高齢の知合いが、それを克服した自作のカルタとは?

この所、人・モノ・場所などの名前を すぐに思い出せないことが多くなりました。 そ …

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。carat~。

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。 carat カラット オランダ語k …

「もしあのとき、蔵元の跡取りと結婚していたら……」。もう一つの人生。

先日、母が話した岐阜県の山の中の 町にある「城跡」について書きました。 親戚の実 …