亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日めくりは嫌いという高齢の知り合い。12月3日はカレンダーの日。

   

12月になりました。

明日12月3日は、カレンダーの日だそう。

全国団扇扇子カレンダー協議会が、1987(昭和62)年に
制定した記念日。これは、明治5年12月3日(旧暦)が、
太陽暦の採用によって明治6(1873)年1月1日となった
ところから、この日をカレンダーの日と決めたのだそう。

この改暦を発表したのは、
わずか1ヶ月前。
当然ながら、庶民は大混乱。
たいそう困ったようです。

そのドタバタぶりを、かつて
立川志の輔師匠が「質屋暦」という
新作に仕立て話題となりました。

そんな「カレンダーの日」の由来ですが、
12月はじめのこのシーズンは、取引先の会社、
ご近所の商店、保険会社の外交員などから、
カレンダーがいくつも届いている頃ですね。

あなたのお宅はいかがですか?

わが家にも何部もカレンダー、
卓上タイプカレンダーが
送られてきました。

その内、使うのは2つ。
あとは使わないので、
無駄になってしまいます。
もったいないことです。

ずいぶん以前は、ご近所の酒屋さんから、
日めくりが配達されてきました。

わが家の台所にはそれがかかっていました。
それを毎日、めくって破るのは、父母の役割。

なんですが、めくり忘れることも。
そんな時は子どもにその破る役が回ってきます。

一度に何枚も破って捨てるのは快感でした。

日めくりについて、そんな話をしたら、
高齢の知り合いは、年を取るに連れて、
日めくりが嫌いになったというのです。

なぜなら、日めくりは当然ながら、
どんどん破って捨てられ、
残りが減ってくるから。

それがあたかも自分の人生が
なくなっていくのを
象徴するようだと言うのです。

その方も若い時には、そんなことを
考えもしなかったのですが、
年を重ねるにつれ、過ぎた日を
破り捨てることが、悲しみとなり、
残り少なくなる日めくりを
見るのがつらいと。

これに対して、カレンダーの場合、
もちろん月ごとに破り捨てるものもありますが、
後ろに回して捨てないものもあります。
過ぎ去った歳月が残り、残りが減らないのが、
なんとも頼もしいと。

最近は日めくりを使わないので、
実感はすぐにわかないのですが、
確かに言われればそんな気も。

人の人生日めくりは、
どれくらいあるのかはわかりません。

1日が過ぎ去ると1枚なくなります。
1枚を大切にしたいと強く思いました。

全国団扇扇子カレンダー協議会、カレンダーの日
http://zenkyo.net/calendar/calendars-day/

《立川志の輔 質屋暦》
http://rakugo-channel.tsuvasa.com/post-8603

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「時間泥棒をするな、許すな」。中学の担任の言葉。知合い。定年したら貴重な時間を一分たりとも泥棒されたくない。

ミヒャエル・エンデの 「モモ / 時間どろぼうとぬすまれた時間を 人間にかえして …

高齢の独り身男性が毎日愛用し、栄養不良を解消した魔法の道具は、ホットプレート。

母の知人の高齢の女性。 一人暮らしです。 去年、体調が悪く病院に行ったところ、 …

疲れた脳の休め方。簡単にできる方法。教えてくれたのは、ハンドマッサージ。五感をバランス良く使う。

現代人は、五感の中で、 視覚を最も酷使していて、 続いては聴覚。 余り使っていな …

「水の流れとか、雲とか、人工的に作れないものを1日10分でも見る」。テリー伊藤さん。「自然には直線がない」。

毎日新聞夕刊の連載、「私だけの東京 2020に語り継ぐ」。 演出家のテリー伊藤さ …

体重別運賃導入? ウズベキスタン航空が、乗客の体重測定を開始。

航空会社。 夏休みに利用し、海外から帰国する時、 お土産を買いすぎて、荷物が重量 …

知合いの高齢者が夢中という重ね鍋(ミルフィーユ鍋)。

高齢者こそ肉を食べなくては とこの頃、よく言われます。 このブログでも何度もその …

毎朝のカプチーノのカップが重いと言い出した母。軽くて丈夫で持ちやすく、安っぽくないコーヒーカップはどこに?

裕福な家に生まれ育って、 自分で働いたことのないことのたとえとして、 「箸より重 …

50年たって見つけた母に贈った肩たたき券。

2017年5月14日、母の日。 お母さんがいる方、何かされましたか? 今日は家族 …

がんがくれた贈り物=キャンサーギフト。柔らかな日の差す両国橋を渡った先で、自転車に遭遇。亡くなった友を思い出す。

自分の身の回りに、がんになった人、 たくさんいます。 自分より年下なのに、亡くな …

爪磨きと手洗いを、高齢の男性から勧められた。リラックス効果。

女性の間ではとうの昔から、 爪の手入れ、ネイルアートが当たり前に なっていますね …