亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日めくりは嫌いという高齢の知り合い。12月3日はカレンダーの日。

   

12月になりました。

明日12月3日は、カレンダーの日だそう。

全国団扇扇子カレンダー協議会が、1987(昭和62)年に
制定した記念日。これは、明治5年12月3日(旧暦)が、
太陽暦の採用によって明治6(1873)年1月1日となった
ところから、この日をカレンダーの日と決めたのだそう。

この改暦を発表したのは、
わずか1ヶ月前。
当然ながら、庶民は大混乱。
たいそう困ったようです。

そのドタバタぶりを、かつて
立川志の輔師匠が「質屋暦」という
新作に仕立て話題となりました。

そんな「カレンダーの日」の由来ですが、
12月はじめのこのシーズンは、取引先の会社、
ご近所の商店、保険会社の外交員などから、
カレンダーがいくつも届いている頃ですね。

あなたのお宅はいかがですか?

わが家にも何部もカレンダー、
卓上タイプカレンダーが
送られてきました。

その内、使うのは2つ。
あとは使わないので、
無駄になってしまいます。
もったいないことです。

ずいぶん以前は、ご近所の酒屋さんから、
日めくりが配達されてきました。

わが家の台所にはそれがかかっていました。
それを毎日、めくって破るのは、父母の役割。

なんですが、めくり忘れることも。
そんな時は子どもにその破る役が回ってきます。

一度に何枚も破って捨てるのは快感でした。

日めくりについて、そんな話をしたら、
高齢の知り合いは、年を取るに連れて、
日めくりが嫌いになったというのです。

なぜなら、日めくりは当然ながら、
どんどん破って捨てられ、
残りが減ってくるから。

それがあたかも自分の人生が
なくなっていくのを
象徴するようだと言うのです。

その方も若い時には、そんなことを
考えもしなかったのですが、
年を重ねるにつれ、過ぎた日を
破り捨てることが、悲しみとなり、
残り少なくなる日めくりを
見るのがつらいと。

これに対して、カレンダーの場合、
もちろん月ごとに破り捨てるものもありますが、
後ろに回して捨てないものもあります。
過ぎ去った歳月が残り、残りが減らないのが、
なんとも頼もしいと。

最近は日めくりを使わないので、
実感はすぐにわかないのですが、
確かに言われればそんな気も。

人の人生日めくりは、
どれくらいあるのかはわかりません。

1日が過ぎ去ると1枚なくなります。
1枚を大切にしたいと強く思いました。

全国団扇扇子カレンダー協議会、カレンダーの日
http://zenkyo.net/calendar/calendars-day/

《立川志の輔 質屋暦》
http://rakugo-channel.tsuvasa.com/post-8603

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最後に部屋の模様替えをしたのはいつですか? 当たり前のものを見直してみる。脳を活性化、認知症予防。

部屋の模様替えをしました。 ソファの位置を変えただけなのですが、 気分が変わり、 …

白髪染めをやめた同じ年の知合い。ありのままの自分の姿を受け入れる。

あなたは白髪がありますか? 白髪が出始めたのはいつころでしょうか。 先日、机の中 …

「人は後ろ姿から年をとる」。大きな鏡で自分の後ろ姿を見てびっくり。

あなたは、母親、父親の後ろ姿を見て、 「(お母さん、お父さんは)年を取ったなー」 …

スイートコーンのゆでたてを食べながら、昔のモチトウモロコシを思う。

昨日、お隣の方から、 トウモロコシをいただきました。 お隣も知合いから、もぎたて …

機嫌がいいときの自分の写真を持っていますか? うきうきした時の声は?

人でも動物でも赤ちゃんを見ると、 心がなごみますね。 ご自分のお孫さんや、ペット …

ローマのコロッセオをイベント会場に。エイプリルフールのネタではなく。反対意見も。

今日は4月1日。 なので、新聞にもエイプリルフールの ネタ記事が出ていたりします …

ご近所でペットのお葬式。慰霊堂で個別に火葬、お骨上げ、合同納骨。ここまでするのは、気持ちの整理、区切りでペットロスの軽減。

先日、ご近所でペットのお葬式がありました。 年配のご夫婦が長年飼っていた犬が、 …

袴の数え方、ご存じですか? 5本のひだの意味。どちらの足から先に入れる? 身体で身に付けたことは覚えているというけれど…。

NHKのBS1で放送されている 「cool japan かっこいい日本発掘!」と …

アパート住まいでもフェラーリを買いなさい。身分不相応なモノを持て。モノがアナタを育ててくれる。

今日、新しい取引先に伺いました。 仕事の話の流れで、 そこの25歳の担当者(女性 …

「存亡の機」それとも「存亡の危機」。文化庁の2016年度「国語に関する世論調査」。

「存亡の機」「存亡の危機」。 本来の使い方はどちらだと思いますか。 答えは「存亡 …