亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

懐かしい芋判、プリントゴッコを不意に思い出す。

   

準備のよい方は、もう年賀状の手配を
すませていらっしゃることでしょう。

年賀状を書かなくなって久しいのですが、
以前は消しゴムで判を作ったりもしていました。

遡れば、小学校の授業で、この時期、
さつま芋で、芋判作りをしていましたね。

あなたの小学校ではどうでしたか?

さつま芋は確か家から持っていったなー。

干支の動物を彫るのが一般的でした。

ある年、次の年が戌年だったので、
みんな犬を図案にして彫りました。

友達の一人のそれは、犬ではなく、
猫にしか見えないものが
出来上がってしまいました。

堀り直すのかなと思って見ていたら、
押した図柄の下に、筆で「犬」と
断り書きをつけていたことを、
まるで昨日のことのように覚えています。

大人になってからですが、
知合いの年配の男性からの年賀状は、
裏一面全体を使った素朴な版画でした。

一度、伺ったところ、10月くらいから
原画・デザインなどを考え、準備にかかるそう。

通常の芋判だと大きさが足りないため、
2つ、3つ組み合わせ、
全面をカバーしていたといいます。

ただ芋判は耐久性がないため、
同じものをいくつか彫らねば
ならなかったとのこと。

市販の版木だと一枚で、
全面をカバーでき、ずべての年賀状を
することができるけれど、素朴な感じがでないので、
わざわざ芋(さつま芋、ジャガイモ類)を使っていたと言います。

今はなくなってしまった「プリントゴッコ」も、
その方は使ったことがあるそう。

けれどやはりこちらも、上手く出来すぎて、
素朴さがなくなるので、わざと大きくて
太い線を使うことで、幼児が作ったような
味を出していたといいます。

プリントゴッコは姉も使っていました。
プライベートな名刺、イベントの案内状
なんかも作っていましたね。

今から考えると、モノ作りや
芸術性をそそる道具でしたね。

プリントゴッコよりいも判はさらに
懐かしさをかきたてます。

小さい時に戻って、
いも判作りに没頭してみたいものですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

健康のためのインターバル速歩。脳のためのドリルなどで大活躍しているグッズとは?

インターバル速歩。 ご存じでしょうか? 通常のウォーキングではなく、 あるときは …

「汗と涙の結晶」は「the crystal of sweat and tears」で通じる? ホンダジェットの藤野道格(ふじの・みちまさ)社長のスピーチより。

2016年2月4日、朝のNHKニュース「おはよう日本」の中で、 ホンダジェットが …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

粉末健康法。自家製の粉末緑茶を再び飲み始めました。

以前、別のブログで粉末健康法、 特に粉末緑茶について書きました。 いろいろな食べ …

サンマ不漁、やせて小さな初さんま定食を食べて思い出した「サンマの教え」。

サンマが不漁で 気仙沼で開かれる予定だった 「『海の市』サンマまつり」が 中止に …

同年代の友達と知合い。病院、薬の話題ばかりに。

同窓会で、集まると、どんな話題になるか。 恋愛、就職、結婚、子ども。 若い時はそ …

相違じゃんけんってご存じ。頭を活性化するシナプソロジー。

先日、知合いにあったら、 最近、脳に刺激を与える活動をしている と教えてくれまし …

肝腎=最も大事なところ。腎臓を温めると病知らず。カイロを貼ると目が楽。眼精疲労に効果あり。

温活をしています。 食べ物、サプリメント、運動、 様々なグッズを使って、 体が冷 …

減塩で腸にも良い甘酒漬けをいただく。

ここのところ「腸活」で 発酵食品がブームですね。 そのひとつが甘酒。 ブドウ糖、 …

物を飲み込みにくい高齢者も食べやすい、「おいも ぬくもりパン」、関大が開発し、商品化。

高齢になると、固い物が食べにくくなったり、 唾液の分泌が減るなどで、飲み込み力が …