亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

冬、暖かい部屋でアイスクリーム。おいしいけれど。がんの人は要注意。嗜好の変化。

   

冬、お風呂上がりに、
暖かい部屋でアイスクリーム。

おいしいですよね。

自分も若い頃はこんなことをしていました。
今は温活をしているので、
冷たいものを食べる機会は本当に減りました。

ガンで入院し手術をして今は復帰している友達も
同じく冬でもアイスクリーム派でした。
けれど今はやめています。

体を冷やすこともそうですが、
ガンの増殖を助けることになりかねない
と聞いたからだそう。

その理屈は?
がん細胞は通常の細胞に比べ、
活発でエネルギー源として糖分を欲する。
過剰な糖分はがん細胞の増殖を助けることになる。

がん細胞は通常の細胞に比べ、
活発なため、熱を出す。
それを冷やすために冷たいものを好む。

アイスクリームは、糖分=エネルギー源、
冷たい=加熱した細胞を冷やすという
2点において、がん細胞に関係すると。

逆に、それまで甘党でもなかった人が、
アイスクリームや冬でも冷たくて、
甘いものを好きになり食べるようになった場合、
ガンを疑えということなんだとか。

本当かなと思ったら、次のような記事がありました。
女性セブン2014年6月5日号
《がん専門家「がんになると突然アイスクリーム食べたくなる」》
http://www.news-postseven.com/archives/20140526_257697.html

この記事の中に出てくる医師の言葉が
正しいとは必ずしも限りません。

けれど確かに、
冬に冷たいものというのは、確かに不自然。

文明の発達で、われわれは、様々な恩恵を
受けていますが、こと体に関する限り、
それは必ずしも恩恵ではない恐れもありますね。

個人的には、暖かい食べ物をとること。
糖分を控えめにコントロールすることで、
体温があがり、体調がよくなったので、
これからも続けていこうと考えています。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヘチマの観察日記。ヘチマたわし、ヘチマ水。夏休みの思い出。

銀座に向かう電車の中で、 小学生らしき男子とお母さんが 話していました。 夏休み …

「ラッキーを待つ人にラッキーはこない。ラッキーをあげる人にラッキーはくる」。最近知り合った人に教わった言葉。

最近、知り合った人と話したときに 印象に残った言葉を記しておきます。 なにかの拍 …

デジタル遺品。特集をNHKの「おはよう日本」で特集。

もし自分が亡くなってしまったら、 パソコンに入っているデータ、 ネット上で利用、 …

常総市の堤防決壊。糸電話で励まし合った姉妹。直接、顔を見ることの効能、力。

2015年9月14日、夜7時のニュースを見ていました。 茨城県常総市の鬼怒川の堤 …

5月18日はことばの日。大辞泉があなたの語釈(言葉の意味)を募集しています。「人生」をどう定義する。

5月18日は、ことばの日なんだそう。 「こ(5)と(10)ば(8)」の語呂合わせ …

挿架(そうか)、目片口(めかたくち)。最近、初めて出会った言葉。

昔、近所に国鉄を定年退職したおじさんがいました。 そこによく遊びに行っていたので …

9月6日は「黒の日」。黒澤明監督の白黒映画の黒。祖母の2つの黒の教え。

9月6日。 語呂合わせで「黒の日」。 もともとは京都黒染工業協同組合が、 「黒染 …

104歳で現役の経営者。コーヒー焙煎販売。西荻窪「アロマフレッシュ」店主・安藤久蔵さん。

最近は100歳を超えていらっしゃる方は、 そんなに珍しくなりました。 けれど働い …

久しぶりに西式健康法の入浴法を実践している人に会った。お温と冷たい水風呂に交互に。

広くて気持ちが良く、 家より良く温まるので、 銭湯に良く出かけています。 先日、 …

親のための自分史製作サービス「親の雑誌」が2015年5月1日から始まる。

以前、別のブログで自分史の制作サービスを ご紹介したことがあります。 自分が書い …