亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知らず知らずについたひずみを他人から教えられる。背中のゆがみ、ソファのくぼみ。

   

知合いが、この頃、ものすごく目がつらく、
肩も凝るというので、眼科、整体などに
行ったのだそう。

自分も少し前にそうだったので、
とても興味を持って話を聞きました。

眼科では、目の検査はもちろん、
一日の過ごし方、目の使い方について
聞かれたそう。

眼科医から指摘されたのは、
目の酷使、使いすぎ。

長時間のテレビ、またスマホ使用は、
目を疲れさせるもと。
瞬きも少なく、ドライアイとのこと。

目医者さんに指摘されるまで、
自分では、そんなにもテレビ及び
ビデオさらにスマホを長時間見ているとは、
気づいていなかったそう。

続いて行った整体院。

そこでは、体のゆがみを指摘されたといいます。
特に背骨を中心に、体が全体的に左側にゆがみ、
曲がっているんだそう。

まっすぐ立った状態。
寝た状態など何枚かデジカメで
写真をとられ、それをパソコンのモニターで
一緒にチェックすると、素人でもはっきり
わかるほど左に曲がっていたとのこと。

長年の体の使い方、癖で、
こうしたゆがみ、ひずみが生じているとのこと。

整体院の施術だけでは、
直らないので、家でできる
体操、ストレッチをおしえてもらったといいます。

さらに続きが。
ベッドのマットが古くなったので、
新しいものを購入。

それを運び入れるのに、
配達の人がやってきました。

運び入れるのに、邪魔なので、
ベッドルームの入り口近くにある、
ソファをその人たちが移動したとのこと。

その時に、ソファの左側の方だけ、
凹んでいると言われたとのこと。

そうそこはその知人がいつも座る場所。
そこにいつも座るので、長年の間に、
そこだけが沈んでしまったようです。

長年使っていたマットレスも、
ベッドパッドをとってみると、
いつも寝ているところがやはり
へこんでいたとのこと。

こうした一連の体験を通して、
知人が感じたのは、慣れというか惰性。

短い間の変化は人は気づきやすいが、
長い時間の間の少しずつの変化は、
気づきにくいということ。

そうしたことは他にもないか、
当たり前と思っていることでも
時には見直した方がいいのではないか
と強く感じたそうです。

年を取ればとるほど、
長年慣れ親しんだことを
当たり前として、使い続け、
やり続けます。

しかし長年やっていることが
正しいとは限らず、また
正しかったとしても、時の経過とともに
悪くなることもありえます。

定期的な見直しの大切さを
教えてもらいました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「請け判押すな」。祖母の教えを久しぶりに思い出した。連帯保証人を頼まれたら……。

あなたは「請け判」という言葉を ご存じでしょうか? これは請け人が保証のために押 …

古い危ない家電を取り替え。ジェネリック家電で節約。

年配の方。 お手持ちの国民健康保険証のどこかに、 ジェネリック薬品を使うかどうか …

年齢を重ねたら、やらねばならぬことより、決してしないことを決め、身を律する。

年を重ねると、外見もくたびれ、 精神も衰える。 これまでと同じにしようと思っても …

実家の巨大な仏壇・仏具を整理した知合い。純金のおりんの価値を知る。

実家の家を整理する「親家片(おやかた)」が 話題になっていますね。 知合いに何人 …

旅先で自分に絵はがき・手紙を出す。あとあと最高の自分へのお土産に。ご当地フォルムカード、特別消印。

高齢になっても足繁く、様々な所に 出かけている知合いの方からちょっといいな と思 …

カストロ前議長の銅像建立禁止、遺言を尊重して。伯父さんの失敗。

先日、亡くなったキューバのカストロ前議長。 キューバ革命から50年あまりにわたり …

三遊亭円楽師匠。不倫報道を受けて記者会見で、謎かけ2連発。その出来は? 座布団一枚、それとも?

20歳年下の女性との不倫を「フライデー」によって、 報じられた66歳の六代目三遊 …

「つくバック」って何?  高校時代の同級生は「ずっとつくば」。定年後も住み続ける予定。

2016年11月14日の朝日新聞に、 「つくバック」という言葉が出ていました。 …

寝室から電気製品を排除し、健康になったという知合い。

知合いの方から、自宅の寝室から、 ありとあらゆる電気製品を取り除いたところ、 非 …

イオンのトップバリューセレクトのギリシャヨーグルトを食べてみました。

イオンのトップバリューセレクトから 2015年3月24日、ギリシャヨーグルトが2 …