亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「にらみ鯛」のないお正月。暮れになると毎年、魚屋に注文していた祖母。

   

Xmasがあけて26日。

近所では、毎年恒例の
「歳の市」が始まりました。
お正月用品の販売が始まっています。

わが町内は、取り決めで門松、注連飾りを
しないことになっており、そのかわりに、
紙に印刷された注連飾りが配られます。

今朝、町会の役員さんが配りにやってきました。

お正月の準備で思い出すことの一つが、
大阪の祖母の家で行っていた
「にらみ鯛」です。

ご存じでしょうか?

おめでたい魚の鯛。
その尾頭付きの塩焼きです。

お正月の三が日の間は飾っておき、
それが済むといただきます。

「にらみ鯛」は、お正月だけでなく、
おめでたいご祝儀の席でも出てくる縁起物。

その場では食べずに飾っておき、
見ている(にらんでいる)だけ
ということから、こう言われるのだそう。

祖母は、毎年、暮れの今頃になると、
近所のマート(マーケット)の中にある
魚屋さんに、にらみ鯛を注文していました。

大きさによって、値段が違い、
「目の下三寸」なんて大きな鯛は、
飛び上がるほどの価格がついていました。

いろいろな商売をしていて、
景気が良かった頃は、
そうしたかなり大きな鯛を買っていたよう。

このにらみ鯛。
他のお宅では座敷の床の間や
神棚に飾ってあったりするのですが、
祖母の家では、玄関を入ったあがり口のところに、
黒の漆塗りのお盆に和紙(紅白)、松、南天などと
ともに飾られていました。

なんでも外から魔がいるのを防ぐという
役割もあるからと言っていました(本当か?)

それもあるのでしょうが、座敷、神棚のある所は、
暖房もしているのに対し、玄関は暖房をしていないので、
傷みにくいということもあったのではないか
と思っています。

自分は、このにらみ鯛を食べた記憶がないのですが、
姉たちは、三が日が終わった4日の朝のお雑煮や、
夕飯におかずとして食べさせられたと話しています。

「食べさせられた」と書いたのは、
余り美味しくなく、いやいやだったからです。

残った頭や骨も無駄にはせず、
しっかりと焼いて、出汁をとったりしたとのこと。

祖母の姉はこうしたことにはうるさかったようで、
「ちゃんと出汁をとったか」と確認するのが
常だったといいます。

祖母が亡くなってから、お正月に
大阪の家を訪れることは
なくなったのですけれど、
誰も食べたがらないこの「にらみ鯛」は、
次第に買わなくなったそう。

なんだか寂しい気もしますが、
お正月の風習も時代とともに、
なくなっていくのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

杉並区・松原交差点で見かけた花。名前が知りたい。街の植物の名前。知れば人生は豊かに。

祖母は園芸が大好きで、 大阪の市街地の狭い庭に 様々な鉢植えを置いて世話をしてい …

液晶のシャープを追い詰めたものとは? 「社徳」。近江商人の「三方よし」、CSR(企業の社会的責任)。

自分のような世代にとって、家電メーカーの シャープと言えば、言葉は悪いけれど、 …

スーパーのバナナチップスを見て、戦中・戦後、配給された干しバナナの思い出を語り出した母。

日曜日、家からちょっと離れた スーパーに母と買い物に行きました。 その売り場にあ …

忙しい時ほど呼吸を深く。ストレス解消し、頭スッキリ、脳活、アンチエイジングに。

師走もいつの間にか12日になりました。 2015年12月5日に放送された、 TB …

公園浴の勧め。芝生、観葉植物など身近な自然でリフレッシュ。

毎日のように近所の公園を巡っています。 ここ最近は桜の花の開花を楽しみにしていま …

仏壇仕舞い。ご両親が亡くなった知合い。ご実家の巨大な仏壇に悩んだ末に……。

「仏壇仕舞い」。 この言葉をお聞きになったことはありますか? 自分は先日、初めて …

「一日一葉」。毎日、何を撮影するのか被写体を選ぶのが楽しみという高齢の女性。

以前、毎日、写真俳句を作っている という高齢の方の話を書きました。 写真俳句は、 …

高齢の知合いが定期的に利用している意外な場所とその利用法とは。

先日、高齢の知合いの方と話す機会がありました。 その方がふだん定期的に利用してい …

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

クイズを解いて、作って頭脳を活性化する知人。ネットで無料のクイズ作成ツール。

定年を迎えた知合いはクイズ好き。 新聞のクイズはもちろん、 雑誌のクイズなどを図 …