亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日本酒巡りの達人から教えてもらった福島の「飛呂喜」。ついでのアドバイス「次の機会はほとんど来ない」。

   

先日、久しぶりにあった知合い。
日本酒の師匠ともいうべき方です。

新潟のご出身で、小さい頃から、
日本酒に親しみ、地元新潟の地酒をはじめ、
日本各地のお酒を発掘してきました。

東京の人が誰もが知らなかった久保田、
十四代など、ずいぶん前から教えてもらい、
飲ませてもらいました。

先日お会いした時も、日本酒が充実した
居酒屋に連れて行ってもらい、
日本酒を飲みながら話を聞きました。

80歳を目前にした今も、各地を回っているそう。
1ヶ月に一度は新潟に帰郷。
故郷のお酒を楽しんでいるのですが、
あまりにも華麗なお酒が増えてきているので、
ここ最近は、どっしりとした福島のお酒に
注目しているのだそう。

ずっと注目していたのが、
会津の廣木酒造本店の「飛呂喜」。

米の旨みが生きた濃密な味。

製造量が少ない割に人気が出て常に品薄。
都会はもちろん、地元でもあまり出回らないのだそう。

そうしたお酒を発掘し、蔵元を訪れ、
作り手と話をし、地元で、料理ともに、
そのお酒を味わうのが楽しみとか。

ただ知合いは、後悔もあるとのこと。

「若い時は次の機会はいつでもあると思って、
先送りにしたこともあるけれど、多くの場合、
結局、次の機会はやってこない。だから、
次の機会はないと思って、やりたいことは
その時にやらないと」。

今、頻繁に郷里に帰り、福島や各地を訪れるのは、
現役を引退したこともありますが、
そうした後悔をしたくないからと。

「今でも飲んでるけど、本当に美味しく、元気で
飲める期間ってそんなにないよ。飲めるときに
飲んでおかないとね」。

お酒のことだけでなく、
人生全般のアドバイスと受け止めました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「心の忘れ物」つづった手紙、煙となる。島根県飯南町「優便ポスト」。銀座の手紙寺。「ラストレター運動」。

島根県飯南町。 そこに「優便(ゆうびん)ポスト」が 2016年11月23日に設置 …

知合いから久しぶりに連絡。「5月に生前葬をやります。来て下さいね」。

先日、知合いから連絡がありました。 ここ数年、連絡がなく、 心配はしていたのです …

金曜日夕方の爪磨きと耳掃除。高齢者の耳詰まりは、認知機能低下の原因にも。

2016年12月23日、金曜日の天皇誕生日。 あなたはどう過ごされましたか? 平 …

体育の日を前に。知合いの高齢者は日常の中で運動。自分よりよほど……。

明日は体育の日。 ニュースで、文部科学省、スポーツ庁が 発表した調査について放送 …

「頑張っている人を応援することは、自分を応援することでもある」。2016年2月28日の東京マラソンのランナーを応援する近所の人の言葉。

明日、2016年2月28日、 東京マラソンが行われます。 自宅、仕事場、会社がそ …

朗読した後は声と言葉が出やすくなる。魚住式スピーチメソッド。知合いの通訳が仕事前に実行する、あることとは?

日本テレビの元アナウンサーの魚住りえさん。 声、話し方の本を出されており、話題に …

母の一番上の姉から電話。「あんた。今日はあんたの結婚記念日だよ」。母の反応は?

先日、夕食のためにリビングにいったら、 奥のソファーのところで、母が電話をしてい …

大人の修学旅行をした写真を年賀状にして送ってきた知合い。

あなたの小中高の時の 修学旅行先は、 どちらでしたか? こんな問いかけをしたのは …

偶然の産物「米ゲル」。2年たっても劣化せずカビも生えないシュークリームの皮。思い出したのは……。

小学生時代の話ですから、 今から相当前の話です。 駄菓子屋でシュークリームを売っ …

斧琴菊紋。ご存じですか? 「良き(善き)こと聞く」の精神。

2015年9月28日、取引先の女性が騒いでいました。 福山雅治さん、千原ジュニア …