亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

日本酒巡りの達人から教えてもらった福島の「飛呂喜」。ついでのアドバイス「次の機会はほとんど来ない」。

   

先日、久しぶりにあった知合い。
日本酒の師匠ともいうべき方です。

新潟のご出身で、小さい頃から、
日本酒に親しみ、地元新潟の地酒をはじめ、
日本各地のお酒を発掘してきました。

東京の人が誰もが知らなかった久保田、
十四代など、ずいぶん前から教えてもらい、
飲ませてもらいました。

先日お会いした時も、日本酒が充実した
居酒屋に連れて行ってもらい、
日本酒を飲みながら話を聞きました。

80歳を目前にした今も、各地を回っているそう。
1ヶ月に一度は新潟に帰郷。
故郷のお酒を楽しんでいるのですが、
あまりにも華麗なお酒が増えてきているので、
ここ最近は、どっしりとした福島のお酒に
注目しているのだそう。

ずっと注目していたのが、
会津の廣木酒造本店の「飛呂喜」。

米の旨みが生きた濃密な味。

製造量が少ない割に人気が出て常に品薄。
都会はもちろん、地元でもあまり出回らないのだそう。

そうしたお酒を発掘し、蔵元を訪れ、
作り手と話をし、地元で、料理ともに、
そのお酒を味わうのが楽しみとか。

ただ知合いは、後悔もあるとのこと。

「若い時は次の機会はいつでもあると思って、
先送りにしたこともあるけれど、多くの場合、
結局、次の機会はやってこない。だから、
次の機会はないと思って、やりたいことは
その時にやらないと」。

今、頻繁に郷里に帰り、福島や各地を訪れるのは、
現役を引退したこともありますが、
そうした後悔をしたくないからと。

「今でも飲んでるけど、本当に美味しく、元気で
飲める期間ってそんなにないよ。飲めるときに
飲んでおかないとね」。

お酒のことだけでなく、
人生全般のアドバイスと受け止めました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新聞を読む。ニュース番組を見る。わからないこと、新しいことは図書館で調べる。

予約した本を受け取りに 近所の図書館に。 そのついでに雑誌や 新しく入った図書を …

味覚を取り戻せ。年配の知合いが行なった数々。

年を取ると、味覚が衰える とよく言われます。 香り、味がわからなくなり、 料理の …

2016年6月3日、これが思い出せなかった日記。津川雅彦さんの兄の名前は?

先日、NHKのドラマ「トットてれび」を見ていたら、 女優の沢村貞子さんが出ていま …

ICレコーダーを活用する高齢者。お医者さん、店員の説明を録音。カラオケ、メモがわり。

2015年12月7日、歌舞伎座に向かう 都営浅草線の車内で、座席に座った 高齢の …

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句とともに先輩が教えてくれた目のつく言葉3つ。目の毒、目の薬、目垢。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。 五月ころの季節になるとこの句を思い出します …

「勝って騒がれる力士より、負けて騒がれる力士になれよ」。横綱双葉山の70連勝を阻んだ安藝ノ海に師匠がかけた言葉。

リオデジャネイロ五輪では、 熱戦が続いています。 日本人選手。 実力を発揮した人 …

昔は世話が大変だったぬか漬け。知合いが始めたのは、冷蔵庫で作るぬか漬け、ヨーグルト漬け。

ぬか漬け。 お好きな方、多いのでは? 近所の知合いは、お姑さんが、戦争中、 避難 …

「もう浅草の『まるごとにっぽん』に行った?」と蔵前のおばさん。「新しいことに興味がなくなったらおしまいよ」。

2015年12月14日、浅草六区に 日本全国の名産が集まった商業施設 「まるごと …

歌は心と体に良いと歌の個人レッスンを受講。さらに歌声コンサートに参加する知合い。

歌が大好きな知人。 学生の頃、ずっとコーラスを やっていました。 社会人になって …

年を取ると、味覚は子どもの頃に戻るのか? 甘くないみたらし団子を食べたいと岐阜出身の母が言い出す。

お昼過ぎ、家に帰ると、母が、 「お団子が食べたい。お醤油味の」 と言い出しました …