亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

50年たって見つけた母に贈った肩たたき券。

   

2017年5月14日、母の日。

お母さんがいる方、何かされましたか?

今日は家族で近所のイタリアンに、
食事に行きました。

小さい時の母の日の
プレゼントの話になりました。

それで思い出したのが、友達のエピソード。

その友達は残念ながら、先年、
お母さんを亡くしました。

亡くなった後、妹さんと一緒に
実家の片づけを少しずつしていたんだそう。

あるときのこと。
お母さんがずっと昔から使い続けていた箪笥。
その引き出しを開けると、桐の箱が。

これは何か貴重な大切なものかもしれない
と他を片づけていた妹さんを呼んで、
座敷にその桐の箱を移し、一緒に開けたと言います。

出てきたのは、友人と妹さんが、
小学校いやそれ以下の小さい時に、
描いた絵や作文などが一杯入っていたそう。

一枚一枚手に取って眺め、読みふけりました。
その中にあったのが、友人が、小学校低学年の時に
書いてお母さんにプレゼントした肩たたき券。

それが何枚も出てきたそう。

当時、彼は、母の日に限らず、
誰かの誕生日とかお正月などに、
家族に自作の肩たたき券を
プレゼントしていたんだとか。

お金で買えるものではなく、
自分でできるものをということで、
この肩たたき券に行き着いたと。

プレゼントした内、お父さんと
お祖母さんは、券を持ってきたので、
肩をたたいた記憶があるけれど、
お母さんは、一度もそれを使ったのを
覚えていなかったと思い出したのです。

お祖母さんは肩をたたいた後、
お小遣いをくれたり、お菓子をくれたりしたそう。
お父さんは、肩たたきではなく、足踏みに変えた。
そんなことまで思い出したのですが、
やはりお母さんの肩を叩いた記憶はない。

「お母さんはなんで肩たたき券を使わなかったのかなー?」

妹さんはお兄さんに尋ねました。

「わかんない。けどずっと肩たたき券をずっと
大事にもっていてくれたんだなー」。

「お母さんってそういうことあったよね」。

その日、二人はそこで片づけをやめ、
仏壇のある座敷で、お酒を片手に、
お弁当を食べながら、お母さんについて、
語り合ったと言います。

50年ぶりに出てきた自分が母に贈った肩たたき券。
彼にとっては大事な宝物ですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

仏壇仕舞い。ご両親が亡くなった知合い。ご実家の巨大な仏壇に悩んだ末に……。

「仏壇仕舞い」。 この言葉をお聞きになったことはありますか? 自分は先日、初めて …

「もしもピアノが弾けたなら」。ある曲を死ぬまでに弾けるようになりたいという知合い。最新の電子ピアノで実現。

昔、西田敏行さんが歌ってヒットした 「もしもピアノが弾けたなら」 という曲があり …

定年後、エキストラに精を出す知合い。

先日、久しぶりに会った友達。 大学生の息子さんが、あるテレビドラマの 最終回のエ …

同い年の友達に去年、赤ちゃんが誕生。涙ぐましい努力。妊活は温活に似ている。

昔は毎日のように会っていたものの、 最近は疎遠となっていた同い年の友達。 先日、 …

「荷物は小さく軽く」。身軽にして、動きやすく。元祖ミニマリストの祖母の教え「人生の荷物も小さく軽くが良し」。

東京のお盆は過ぎてしまいました。 母が亡くなった祖母のことについて、 語るとはな …

「日課、目標。一週間で4勝3敗なら上出来ですよ」。

高齢の知合い。 肥満、高血圧で糖尿気味 と生活習慣病に悩まされているようです。 …

子どもの時は病弱。しかし今は健康優良児だった同級生より健康。毎日の養生が大切。

あなたは小さい時、 健康でしたか? それとも病気がち? 先日、知合いから、 昔話 …

「一人の愚か者が池に投げ入れた石は十人(百人?)の賢者が集まっても取り返せない」。人として大切なこととは。

2015年10月22日、読売新聞の編集手帳で、 杭の強度を偽装していたマンション …

花、穀物、樹木の肥料の話。いつどこでどのくらい。やり過ぎは枯らすもと。人の成長と共通の教訓。

亡くなった大阪の祖母は、 花を育てるのが好きでした。 実家は農家ではなかったので …

田舎の同級生から母にかかってきた電話は年賀状について。人生の幕引きを考えた一日。

母に岐阜にいる同級生(女性)から 電話がかかってきたそうです。 80歳を超えて、 …