亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

挿架(そうか)、目片口(めかたくち)。最近、初めて出会った言葉。

   

昔、近所に国鉄を定年退職したおじさんがいました。

そこによく遊びに行っていたのですけれど、
そのおじさんが日課にしていたのは、
漢字の書き取りでした。

裏が白い広告を綺麗に切りそろえ、
そこに漢字を書き取っていたのです。

また新聞や本など活字を読んで、
新しい言葉、知らなかった言葉に出会うと、
必ず辞書を引いて、そこに鉛筆で印しをつけるのです。

たまに辞書に載っていないときは、
そこに書き入れ、自分だけの辞書を作るのでした。

そうした新しい言葉に出会うのは、
そのおじさんにとっては楽しみだったのですね。

「年をとって、初めてということに出会うのはなかなかない。
これまで知らなかった言葉に出会うのは、幸せだ」と
良く語っていました。

さて、自分もそうした新しい言葉を書き留めておきましょう。

2015年5月19日、読売新聞夕刊のよみうり寸評に、
筆者が新聞記者の大先輩から習ったと言う言葉をあげています。

「挿架(そうか)」。
その先輩は《大学で哲学を教えていた父上から聞いた》とのこと。

《辞書には「本や雑誌を棚に置くこと」とある》。

手元にある辞書で調べてみると、
「大辞林第三版」に出ていました。
2つめは、上の通りなのですが、
1つめに《壁面にしつらえる,竹などで作った書架》
ともありました。
https://kotobank.jp/word/%E6%8C%BF%E6%9E%B6-311576

もう一つ、「目片口」。

こちらは朝日新聞の「そばに置きたい」ですが、
手元に切り抜きがなくなってしまいました。

片口は、取っ手がなくて、一方に注ぎ口が出ている鉢のこと。
液体のもの、例えば汁、出汁などを入れて、それをほかの
容器に移すときなどに便利です。
その前に目がついた目片口。
これは、鉢の内側がすり鉢になっているもの。
逆に言うと、一般的な小さなすり鉢の一箇所だけが、
出ているタイプです。

便利そう。
1つ欲しいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。 始めるきっかけは、映画「最高 …

京王線新宿駅で電車待ち行列でトラブル。後から来て3列目を作った母娘が、ブロックした男性を痴漢扱い。

春から夏にかけての3ヶ月、毎年、 京王線沿線の取引先に通っています。 幸いなこと …

あなたは、今日で生まれてから何日ですか? 1万日=27歳4ヶ月、2万日=54歳9ヶ月、3万日=82歳1ヶ月。万日を祝う動き。

あなたは、今日が生まれてから 何日目かご存じですか? これまで、生まれてから何日 …

冬でも水分補給を。忘年会、新年会などお酒を飲む場合はなおさら。

冬は夏に比べて、水分をとる量が少ないですね。 けれど母や自分の、かかりつけのお医 …

名古屋の地名「鶴舞」はどう読むべき? 鶴舞駅、鶴舞公園は読み方が違います。

つい先日、久しぶりに名古屋に 日帰り出張しました。 取引先の最寄り駅は鶴舞駅。 …

春告魚(はるつげうお)。東京湾のエビメバル。相模湾のイワシメバル。ニシン、サワラ、イカナゴ。クギ煮の思い出。

2016年2月9日、日刊スポーツに、 春告魚=メバルの釣りの記事が出ていました。 …

金持神社。金持箸。春。上京の際、母が持たせてくれた一膳の箸。

金持神社。 http://kanemochi-jinja.net/ ご存じですか …

「ジュラシック・ワールド」早くも続編制作決定。興行収入は歴代3位に。もう見たと自慢された……。

「ジュラシック・ワールド」 8月5日、日本で公開されます。 アメリカ、イギリスな …

女性の1人暮らしは大変。防犯のため、ネットワークカメラ、自動点灯の照明タイマー設置に宅配受け取りにも細心の注意。

先日、40代の女性の知合いと、取引先で雑談。 その方は1人暮らしでマンション(オ …

NHK「ファミリーヒストリー」で、鳥越俊太郎氏の家系図に誤り。親戚の叔父さんが家系図、ご先祖様を調査したが……。

NHKの番組「ファミリーヒストリー」。 タイトル通り、有名人の家族の歴史を、 本 …