亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

挿架(そうか)、目片口(めかたくち)。最近、初めて出会った言葉。

   

昔、近所に国鉄を定年退職したおじさんがいました。

そこによく遊びに行っていたのですけれど、
そのおじさんが日課にしていたのは、
漢字の書き取りでした。

裏が白い広告を綺麗に切りそろえ、
そこに漢字を書き取っていたのです。

また新聞や本など活字を読んで、
新しい言葉、知らなかった言葉に出会うと、
必ず辞書を引いて、そこに鉛筆で印しをつけるのです。

たまに辞書に載っていないときは、
そこに書き入れ、自分だけの辞書を作るのでした。

そうした新しい言葉に出会うのは、
そのおじさんにとっては楽しみだったのですね。

「年をとって、初めてということに出会うのはなかなかない。
これまで知らなかった言葉に出会うのは、幸せだ」と
良く語っていました。

さて、自分もそうした新しい言葉を書き留めておきましょう。

2015年5月19日、読売新聞夕刊のよみうり寸評に、
筆者が新聞記者の大先輩から習ったと言う言葉をあげています。

「挿架(そうか)」。
その先輩は《大学で哲学を教えていた父上から聞いた》とのこと。

《辞書には「本や雑誌を棚に置くこと」とある》。

手元にある辞書で調べてみると、
「大辞林第三版」に出ていました。
2つめは、上の通りなのですが、
1つめに《壁面にしつらえる,竹などで作った書架》
ともありました。
https://kotobank.jp/word/%E6%8C%BF%E6%9E%B6-311576

もう一つ、「目片口」。

こちらは朝日新聞の「そばに置きたい」ですが、
手元に切り抜きがなくなってしまいました。

片口は、取っ手がなくて、一方に注ぎ口が出ている鉢のこと。
液体のもの、例えば汁、出汁などを入れて、それをほかの
容器に移すときなどに便利です。
その前に目がついた目片口。
これは、鉢の内側がすり鉢になっているもの。
逆に言うと、一般的な小さなすり鉢の一箇所だけが、
出ているタイプです。

便利そう。
1つ欲しいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熊本の地震。知合いが被災。3月11日に防災用品を更新しておいてよかったと。

熊本地方、余震が続いているようです。 被災された皆様にお見舞い申し上げます。 今 …

ベッドのないビジネスホテル。授業のない学習塾。それらに学んで自社の新しいサービスを考えよ。

あなたは、ベッドのないビジネスホテルに 泊まったことはありますか。 実際、そんな …

タンデム自転車(2人乗り)、群馬県で解禁。一般道でも乗れるように。

タンデム自転車。 ご存じですか? サドルとペダルが2人分ある2人乗り自転車です。 …

「両親は私が生まれた時に桐の木を植えてくれた。自分が亡くなったら木の下に眠りたい」。樹木葬。

赤ちゃんから幼児の頃、母が仕事をしていたため、 近所のおばあさんに朝から夜10時 …

80代の知合いが8月に受けた健康診断、栄養指導で、栄養不足中でもタンパク質不足を指摘される。

先日、80代の知合いに合った時、 「いやー、栄養不足だっていわれちゃって……」 …

モスバーガーは糖質制限対応? 菜摘。トマトで具材をはさんだ「とま実バーガーセット」を大崎店で限定発売。

少し前、取引先で話題になったのが、 糖質制限の人にとって利用価値のあるファストフ …

トルストイ「人にはどれほどの土地がいるか」。豊臣秀吉「起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」。

小さい時によく見た夢の1つ。 次のようなものです。 きれいな水が流れる小川。 よ …

今年、還暦を迎える知合いが、定年準備について語る。忘れがちなのは年をとると体力、気力、知力が衰えるということ。

自分の周りの年上の知合い、友達が、 数年前から、還暦=定年を迎えることが 多くな …

粉末健康法。自家製の粉末緑茶を再び飲み始めました。

以前、別のブログで粉末健康法、 特に粉末緑茶について書きました。 いろいろな食べ …

住むところで寿命は決まる。ヒートショック。風呂、トイレ。住宅断熱改修で高齢者の血圧改善。都長寿医療センター。

一人暮らしの高齢の知合い。 冬の寒い時期、そして夏の暑い時期に 1~2ヶ月、デイ …